ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

全力投球のカラダが舞ったBUTOHプロジェクト終わる

舞踏のさまざまな流れを汲む34人のダンサーが結集した「ダンスブリッジ・インターナショナル」のBUTOHプロジェクトの公演が18日の土曜日と19日の日曜日に行われ、

カラダを目いっぱい駆使した熱い熱い舞台となりました。

d0178431_03205359.jpg
結集したのは、「舞踏」という言葉の創始者でもある笠井叡氏の門下生のデュオ・ユニットCORVUSの鯨井謙太郒さんと定方まことさん、昨年まで麿赤児氏率いる大駱駝艦の舞踏手だった奥山ばらばさん、玉野黄市氏や和栗由紀夫氏に師事、元藤アキ子氏主宰のアスベスト館や山海塾でも活躍した工藤丈輝さんの4人。1960年代から積み重ねてきた舞踏の歴史を踏まえたそれぞれのダンスは、それぞれ存在の限界を問うもので、私たちにカラダの持つ可能性と不可能性を伝えてくるものでした。舞台写真からその姿をご想像を下さい。
d0178431_02574133.jpg
 1.CORVUS(鯨井謙太郒・定方まこと)『血と雪』
歴史を超えていきたいという衝動。この世に身を持つものとして。いま、ここに、なき者たちの声とともに。時代の未明から来るべきものへ。
※森鴎外の幕末の志士による出来事を題材にした作品「堺事件」と2.26の兵士を取り上げた三島由紀夫の作品「血と雪」を基にダンス化し2011年に初演し、今回改めて再構成したものです。
d0178431_02564900.jpg
d0178431_02592841.jpg
d0178431_03002129.jpg
d0178431_03034016.jpg
2.奥山ばらば『カバネガタリ』

カラダのツカイテとして今ここに在るということ。そのゾクセイに存分に殉じつつ、しかし大いに跨いでしまう野心を孕みながら、硬質に横たわるそのカラダを冷たく視つめていたい欲求にひたすら駆られているのです。

d0178431_03061469.jpg
d0178431_03390926.jpg

d0178431_03100735.jpg
d0178431_03112265.jpg
3.工藤丈輝『荒漠器』かくも人間的な廃墟

カサカサに渇いた木乃伊、地下墳墓にいきづく。在りし日の思い出、骸は柩を出て仮想空間にあそぶ。呼吸、歩行、崩れそうなカラダを必死に保っている。屍の武闘、重力は消え、関節は生者の論理を裏切る。手、足、胴体、首はそれぞれに叛乱を企てる。・・・仮想は破れ、やはり永久に眠る痩躯・・・。
d0178431_03260182.jpg
d0178431_03245307.jpg
d0178431_03184571.jpg

土曜日のファースト・ステージの後には、「踊る。秋田」のディレクターで舞踏評論家の山川三太氏をインタビュアーにアフタートークが行われ、舞踏とは何かとそれぞれの想いを語りあうひとときとなりました。

d0178431_03193710.jpg
振り返ればセッションハウスが「舞踏」を真正面から取り上げたのは26年の歴史の中で初めてのことでした。しかし、当然のことながらカラダの在り様を鋭く問いかける舞踏も今に生きるコンテンポラリー・ダンスの一つです。これからはジャンルなるものの境界を越えて、舞踏も交えた企画を立案していきたいものと考えています。(記:伊藤孝)



















[PR]
# by sh_offstage | 2017-11-22 03:41 | Comments(0)

「ダンスブリッジ」初のBUTOHプロジェクト公演間もなく

9月末から始まった今年の「ダンスブリッジ・インターナショナル」の第4弾、BUTOHプロジェクト公演が今週末に迫ってきました。このプロジェクトで舞踏を特集することは初の試みですが、今回結集したのは舞踏のさまざまな流れを受け継いだ34人の男性ダンサー達です。

d0178431_14261108.jpg
山海塾やアスベスト館で活躍したことのある工藤丈輝さん、昨年まで大駱駝艦の舞踊手だった奥山ばらばさん、笠井叡氏に師事しているオイリュトミスト・ダンサーの鯨井謙太郒さんと定方まことさん(CORVUS)の面々です。

昨夜テクニカル・リハーサルが行われ、4人はその片鱗をまざまざと見せてくれました。

d0178431_14365634.jpg
工藤丈輝さんは、「荒れさびた都市の廃墟にたたずむ人間の生成と興亡」を描いた大作『荒漠器』のショートバージョンを踊ります。
d0178431_14272881.jpg
d0178431_14394458.jpg
奥山ばらばさんは、「カラダのツカイテとして今ここに在ること」を直視したソロダンス『カバネガタリ』を踊ります。
d0178431_14281957.jpg
d0178431_14300066.jpg
CORVUS2人は、2011年に日本の戦後と三島由紀夫をテーマにして踊った『血と雪』をリメイクしての登場です。
d0178431_14303485.jpg
私たちがカラダのことを考える時、1960年代から脈々と続いている舞踏の歴史から、感じ取れるもの、学べるものが多々あると思い企画した公演です。ダンサーたちにもダンスを愛する方達にも是非ご覧になっていただきたいと思い、皆様のお越しをお待ちしています。

(記:伊藤孝)


[PR]
# by sh_offstage | 2017-11-15 14:42 | Comments(0)

ダンスの様々を提示した「ダンスブリッジ・インタナショナル」第3弾終わる

d0178431_20024037.jpg
先の土曜日4日と5日日曜日に行われた「ダンスブリッジ・インターナショナル」振付家プロジェクト近藤良平編は、遠路遥々やってきたリトアニアのグループを交えて
3
者三様の独創的な作品の競演となり、見る人にコンテンポラリーダンスの多様な魅力を伝える公演となりました。
d0178431_19461265.jpg
先ずトップバッターで登場したのは、笠井瑞丈と鈴木ユキオのデュオ作品の『YouMe.

新聞紙をゴミの山のように敷き詰めた意表を突く場面から始まって、2人の丁丁発止のインプロビゼーションのダンスが続いていきました。

d0178431_19472060.jpg
d0178431_19483292.jpg
d0178431_19495934.jpg
次に登場したのは、多彩な才能の持ち主・近藤良平ならではのユーモラスな作品の『君たちのことは忘れない』。若手の西山友貴と四戸由香を起用し、自らはそれを操るかのように歌い手として登場、でたらめ言葉でヴィソツキーばりのだみ声の歌を聴かせてくれました。
d0178431_20131617.jpg
d0178431_19531909.jpg
近藤良平はラストシーンには鬘を被って登場、ダンサーとしての本領を発揮したのでした。
d0178431_19543643.jpg
そして最後はリトアニアのAURA Dance Theatreのトップダンサーのエマ・センクヴィエネとウイリアム・ブレイクが登場、鍛え上げた体で明と暗、善と悪の線上で葛藤する人間のあり様を描く世界を提示してくれました。
d0178431_19555471.jpg
d0178431_19564188.jpg
d0178431_20113728.jpg
日曜日の最終公演の後には、石渕聡氏をインタービュアーに迎え、作品創りをめぐってのアフタートークが行われました。とりわけ、AURA Dance Theatreの振付家であり芸術監督のビルーテ・レトカイテさんの話からは、1991年にソヴィエトの支配下から独立したリトアニアの歴史に触れるもので、アートと社会の動きとの関係を考える視点に思いを至らせるものでした。
d0178431_19585130.jpg
続いて111819日に行われる「ダンスブリッジ・インターナショナル」の第4弾は舞踏特集で、奥山ばらば、工藤丈輝、CORVUS(鯨井謙太郒・定方まこと)の3作品の競演です。舞踏と一口で言っても一筋縄ではくくれない独創的なものばかり。ご期待下さい。またそれの前段として今週の10日金曜日には、舞踏の創始者の笠井叡氏によるトークと映像の会「未来の舞踏」を開きます。笠井氏の昔の珍しい舞台映像も上映します。またとない機会です。お越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)


[PR]
# by sh_offstage | 2017-11-08 20:15 | Comments(0)

近藤良平プロジェクト「ダンスブリッジ・インターナショナル」公演間もなく

「ダンスブリッジ・インターナショナル」振付家プロジェクト・近藤良平編の公演が今週末に迫ってきました。今回は、女性ダンサーが2人が参加する近藤良平振付作品、鈴木ユキオ・笠井瑞丈のデュオ作品に加えて、先頃リトアニアのダンス・フェスティバルに4組のダンサーが招かれましたが、その交換プロジェクトとしてリトアニアのデュオ作品が登場します。

昨夜、日本勢2組のテクニカル・リハーサルが行われ、それぞれ異なる持ち味の舞台になりそうで、期待が高まるものでした。

d0178431_19355591.jpg
振付・出演:鈴木ユキオ・笠井瑞丈『YouMe
この作品の舞台美術は見てのお楽しみにしておきましょう。
d0178431_19382554.jpg
d0178431_19413808.jpg
近藤良平振付『君たちのことは忘れない』出演:西山友貴、四戸由香、近藤良平
この作品写真、近藤良平はギターを弾く姿しか紹介していませんが、最後には3人一緒に踊りますから、そのシーンは見てのお楽しみです。
d0178431_19423546.jpg
なお、リトアニアから参加する男女2人のダンサーは金曜日に来日するため昨夜は不在、そこで女性ダンサーEma Senkuvieneさんの2枚の写真をご紹介しておきましょう。ポーレート写真とそれからガラリと変身しそうな予感のする舞台写真です。
d0178431_19455573.jpg
d0178431_19475300.jpg
公演は114日(土)19時、5日(日)13時、17時の3回です。また5日の最終回の公演後には、石渕聡さんをゲストに迎え、インタビュートークを行います。独創性豊かな3作品のガチンコ勝負になりそうな予感のする公演です。ぜひお立会いのほどをと皆様のお越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)







[PR]
# by sh_offstage | 2017-11-01 19:50 | Comments(0)

明日エチオピアへの旅立つマドモアゼル・シネマ

「旅するダンス」を標榜し、今年の夏メキシコ公演を好評裏に敢行したマドモアゼル・シネマは、今度はまたもや遠いエチオピアのフェスティバルに招かれ、明日日曜日旅立っていきます。

d0178431_03140402.jpg
マドモアゼル・シネマは同国の首都アジスアベバで初めて開かれる伝統と現代のダンスの融合をテーマにした国際フェスティバルに招かれ、多彩な民族舞踊の伝統を背景に持つエチオピアやヨーロッパなどのダンサー達と共に、アジアから唯一のグループとして参加するものです。そして作品の上演をするとともに、ワークショップなどで交流を深めてきます。
d0178431_03023211.jpg
それを前に一昨日金曜日の夜、支援して下さったお客さんを前にして支援会が開かれました。演目はこれまでに海外でも上演してきたレパートリー作品の「赤い花・白い花」。それをフェスティバ向けに再構築したもので、これまで積み上げてきた技を披露したのでした。
d0178431_03131070.jpg
d0178431_03045419.jpg
d0178431_03053841.jpg
d0178431_03074320.jpg
d0178431_03064172.jpg
d0178431_03090463.jpg
エチオピアに行くのは、竹之下たまみ、佐藤郁、鈴木加奈子、古茂田梨乃、須川萌、蓮子奈津美の6人と制作担当の鍋島峻介の総勢7人です。さまざまな仕事をしながら大好きなダンスをし続けているメンバー達ですが、それだけに唯一残念なことは仕事の都合で中島詩織が参加出来なくなったことでした。しかし、メンバー達の結束は固く、初めてのアフリカの大地で息の合った舞台を見せてきてくれることと期待しています。未知の国エチオピアからの土産話が楽しみです。(記:伊藤孝)


[PR]
# by sh_offstage | 2017-10-21 03:15 | Comments(0)