ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

マドモアゼル・シネマ「東京タンゴ秋」巡回公演に向けて   ボルテージ満開!

マドモアゼル・シネマは来週からの国内巡回公演(岩国、福岡)に向けて、仕上げのリハーサルが佳境に入っています。

「村民は生まれてから死ぬまでいかなる時もポワントを履くこと」というカエルの王様が理不尽な条例を発令。村民はてんやわんやの大騒ぎとなります。
 
ゲストにプリマバレリーナの尾本安代さんと男性ダンサーの松本大樹さんを迎え、ポワントを軸に、バレエの持つ普遍性と、コンテンポラリー・ダンスの持つ独自性が交錯しながら、ユーモラスな場面が次々に繰り広げられるマドモアゼル・シネマならではのダンス・シアターの世界が花開きます。

昨年12月の再演ですが、内容も大幅にリメイク、新しいメンバーも加わって、新鮮な空気が流れています。まだ舞台衣裳ではありませんが、リハーサル風景から「東京タンゴ」の世界の楽しさを想像してください。
d0178431_1464632.jpg

d0178431_1474834.jpg
d0178431_1485230.jpg
d0178431_1495570.jpg
d0178431_1503548.jpg
d0178431_1513071.jpg
d0178431_153873.jpg
巡回公演10月2日(火)の岩国を皮切に、10月5日(金)福岡と廻り、東京へ帰って来てセッションハウスで10月7日(日)19時、8日(月・祝)14時、18時の公演で締めくくります。装いも新たになった「東京タンゴ秋」をぜひご覧ください。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2012-09-27 01:59 | ダンス公演 | Comments(1)
Commented by bummei harada at 2012-09-27 10:30 x
いいですね・・・たいへん楽しみにしています。西日本の朝晩はすこし肌寒い感じですので気をつけてください。
<< 放射能禍に抗して生きるとは…宮... 静謐な時間が流れた古園井美果ソロ公演 >>