ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

燃えに燃えたUDCアフターズ公演

昨日11月17日(土)、UDCアフターズ「ぱられタリウム」の2回公演は、若いエネルギーが燃えに燃えるものとなり、盛況裏に終了しました。

竹森徳芳君と井田亜彩実さんのデュエット作品『ぱられタリウム』で始まり、その後は竹森君が振付けた作品『≠』には竹森君をはじめ小野麻里子さん、国枝昌人君、中村理君が出演、休憩をはさんだ後の井田さんが振付けた作品『魚は痛みを感じるか?』には笠井晴子さん、栂野一樹君、香取直登君、仙田麻菜さん、田上和加奈さんが出演、一人ひとりの持ち味を生かした振付と緻密な構成で、ダンスならではの“からだの物語”を紡ぎ出していったのでした。
d0178431_14102348.jpg
d0178431_1412531.jpg
d0178431_14133224.jpg
d0178431_14225921.jpg
d0178431_14144129.jpg
大学を終えても各々仕事をしながらダンスの持つ力を信じて活動を続ける彼らに喝采を!継続は力なり。終わったばかりで気が早いでしょうが、次なる展開が今から楽しみとなる公演でした。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2012-11-18 14:30 | Comments(2)
Commented by 一観客より at 2012-11-19 23:40 x
土曜日に作品を観たものです。

竹森さんの作品は「キ」ではなく「≠」ですよね。

ケアレスミスだとは思いますが、不特定多数の目に触れるブログの場での間違いはいかがなものかと感じ投稿させて頂きました。

作品タイトルも大事な部分だと考えるダンサーさんは多いのではないでしょうか?

訂正を望みます。
Commented by 伊藤 at 2012-11-22 17:22 x
タイトルの誤記、ご指摘ありがとうございました。訂正させていただきました。
<< レジデンス・アーティスト公演「... レベルアップしたUDCアフターズ >>