ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

圧倒される孤高の画家・渡邊博の軌跡展

いまセッションハウスの2Fガーデンで開催中の「渡邊博軌跡展」は、孤高の画家の完成度の高い作品の数々で見る人を圧倒しています。

この軌跡展は2期に分けて、ベテラン作家の作品を展示するものですが、PARTⅠは先週終わり、現在はPARTⅡが始まって、大作から小品まで40余点が展示され、画廊空間は見応えある作品群で満たされています。

渡邊博さん(74才)は、さまざまな仕事を転々としたり放浪した末に、現在は房総半島にあるアトリエで絵を描き続けている大ベテラン。軌跡展の出品作品には具象的なものもありますが、ほとんどは抽象的な作品で、」やわらかくあたたかい色彩が何層にも重なった世界は、見る人の心に静かな波紋を呼び起こしています。
d0178431_15525468.jpg
d0178431_1663526.jpg
多くの画家から絶大なる尊敬を受けている渡邊さんです。いつもこの仲間たちと談論風発で、会場は賑わっています。展覧会の展示作業を手伝いに来た企画者の豊田紀雄さんと、横山近子さん、高下せい子さん、市野裕子さんと大作の前でパチリ。皆ここで作品を発表してきた画家たちです。
d0178431_160623.jpg
この軌跡展、27日(水)まで開催中、ぜひご覧にお出かけください。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2013-03-20 16:09 | Comments(0)
<< ダンス専科公演間もなく テングザル舞踊団公演、盛況裏に終わる >>