ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

カテゴリ:渡辺一枝トークの会( 9 )

地域自生にむけて「福島の声を聞こう!vol.11」開かる

間歇的に雷雨に見舞われた昨日25日(水)、2Fギャラリーで渡辺一枝トークの会「福島の声を聞こう!」の11回目が開かれました。

d0178431_19584413.jpg

今回ゲストスピーカーとして来ていただいたのは、福島県に準ずるほどの高い放射能を浴びた宮城県の丸森町筆甫(ひっぽ)地区でみそ造りをしている太田茂樹さん。太田さんは3回目のトークの会にも来ていただいた方ですが、今回は太田さんご夫妻が中心になって進めているNPO法人「そのつ森」による廃校となった中学校の校舎を利用した再生プロジェクトのことを中心に話していただきました。

d0178431_20040708.jpg

三方を福島県に接する宮城県の南端にある丸森町。その山間にある人口700人余りの筆甫地区の自然と共生する人々に魅かれて、太田さんがいわゆるIターンで東京から移り住んだのは19年前のこと。そこで無農薬で米や大豆を栽培し、みそを造りて続けて「ひっぽの元気みそ」として人気を得るまでになっていました。そこを襲ったのが原発事故。しかし、ただ福島県ではないという杓子定規な決め方で、放射能測定など行政の対応が遅れに遅れ、東京電力からの損害補償もなく差別されてきました。そうした中で、太田さん達は自ら放射能測定をして安全な食品作りに取り組みながら、地域再生のための活動を始めたのです。


その一つが、原発事故の直後、隣接する福島県南相馬市から200人の避難民を迎えたことのある中学校の廃校舎を、地域の人達が寄り集う福祉と交流の拠点として活用していこうというプロジェクトでした。丸森町も「そのつ森」に校舎の無償提供を決め、風呂場や宿泊設備などの整備を進め、来春からはお年寄りが寄り集い、外からやって来る人達が宿泊して自然の中でさまざまな活動が出来る場にしていこうというのです。

d0178431_20043542.jpg

原発事故の前は、豊かな自然に魅せられて太田さんのように筆甫にIターンで移住してくる若者が多かったそうですが、事故後集落を後にする人が相次いだといいます。しかし、太田さんは「世話になった集落の人達を残して去る訳にはゆかぬ」と、家族ともども筆甫に残ることを決意、地域再生のための活動を始めたのでした。他所から来た者(太田さんはマージナルな存在と言います)は、昔からのしがらみにとらわれることがなく自由に発言出来るし、長いこと住んでいるので集落の人も信頼して耳を傾けてくれる。移住者ならではの役割をフルに生かして活動しているのです。


そうした活動の様子を生き生きと語って下さった太田さんにとって最近嬉しかったことは、今年の夏若いカップルが筆甫に移住してくることが分かったこと、それを語る太田さんの笑顔は輝いていました。筆甫だけでなく過疎化にさらされた所は全国各地に広がっています。それに抗してコミュニティの再生と自生を図る太田さんのような活動が各地に生れてくることが、ひいてはグローバル化にさらされた日本のあり様を見つめ直し、救うことになっていくのではないか、太田さんのお話を聞きながら思ったことでした。

d0178431_20050205.jpg

被災地に通う中で知り合った方をゲストスピーカーとして招き続けている渡辺一枝さんは、トークの会の次の日から再び、南相馬市や飯館村に行かれるとのこと、その活発な取り組みには頭が下がります。次回は831日に予定しています。(記:伊藤孝)










[PR]
by sh_offstage | 2014-06-26 20:13 | 渡辺一枝トークの会 | Comments(0)

渡辺一枝さん、チベットの現状を語るトークの会開かる

昨能16日の金曜日、いま開催中の写真展「消されゆくチベット」の会場で、渡辺一枝さんのトークの会が開かれ、多くの方が耳傾けるひとときとなりました。

d0178431_14040610.jpg

鉄道が通り、近年急速な中国化でチベット人の民族的アイデンティティが危機に立たされていますが、その変化をつぶさに見てきた渡辺一枝さんのお話は、数少ない報道からは伝わってこないものばかりでした。チベット人には移動の自由がなくなり、巡礼に行くにも当局の厳しい審査に基づく通行許可を得なければならなくなったとのこと。いたる所に監視カメラがあり、自由の民チベット人の生活はたいへん息苦しいものになってきているようです。かつては牧畜をする人と農作業をする人との間で物々交換していたのに、今では現金がないと食糧も手に入りにくくなっているというのです。

d0178431_13122894.jpg
上の写真は展示されているラサに巡礼にきてポタラ宇宮殿の前で撮った家族の写真ですが、こうした光景はもう今では見られなくなったとのこと。 1988年以来チベットに行き続けている一枝さんも、非開放地区が拡がって2008年以降は個人旅行が出来なくなり、ジャーナリスト達も取材がたいへん難しくなっているといいます。最近チベットに関する報道やドキュメンタリー番組が目につきにくくなった訳も、そこに起因しているようです。

d0178431_13131469.jpg

しかし、一枝さんは暗い状況下にあってもチベット人としての誇りを持ち続けようと、チベット語の学習に力を入れたり、ラップで抵抗の意志をこめた歌をひろめたり、頑張る人達もいるとのこと。一枝さんもチベットの文化や言葉を子供たちに伝えていく若者達が勉強できる機会を持てるための教育資金を集める支援活動を始めていらっしゃいます。

d0178431_13141766.jpg

展覧会場の入り口に置かれた一枝さんお手製の羊の子を抱いたチベット人形が、皆様のお出でをお待ちしています。この写真展は19日(月)まで開かれています。チベットで今起きていることを、そして自分たちが今世界について何を考えるべきかを知るためにも、ぜひご覧になさってください。(記:伊藤孝)



[PR]
by sh_offstage | 2014-05-17 14:17 | 渡辺一枝トークの会 | Comments(0)

今年も続けます。「福島の声を聞こう!」

あの日から3年目の春を迎え、作家の渡辺一枝さんが主宰するトークの会9回目となる「福島の声を聞こう!」が17日(月)に開かれました。

今回ゲストスピーカーとして来ていただいたのは、南相馬市でビジネスホテルを運営しながら、被災直後から現地ボランティアとして支援物資を被災者に届けることをはじめ、安全な野菜栽培のためのビニールハウス作りや試験田のコメ作りなど多岐にわたる支援活動を続けてこられた「六角支援隊」の大留隆雄さん。大留さんは第1回のトークの会にも来ていただいた方ですが、少年時代北海道の自然いっぱいの中で育ってきた大留さんは、自然とは相容れない原発は決して容認できるものではないことや、先の都知事選で原発を昂然と容認する候補者がそれなりの得票をしたことへの危機感を熱く語った後、各地からやってくるボランティアのさまざまな支援のあり方を紹介して、被災地とつながっていくことの意義を説いてくださいました。
d0178431_00160261.jpg
そして渡辺一枝さんもご自身が被災地に関わるようになった経緯を紹介しながら、被災地のこと、放射能禍にある福島のことを他人事ではなく自らの「くに=故郷」のこととして、当事者意識をもって考え行動していくことの大切さを語っておられました。
また、会場には南相馬市のお婆さんたちが多くの方から寄せられた布で作っている「ぶさこちゃん」と名付けられた縫いぐるみが多数展示されて大人気、大勢の方がカンパを入れて連れ帰っていきました。
d0178431_00165883.jpg
このトークの会は、4月2日(水)飯館村から酒井政秋さんをお招きし、若い世代からの声を聞いていただこうと思っています。記憶を風化させ原発再稼働への動きが加速化してきている今、被災地の方々の声に耳を傾けてほしいと切に願わずにいられません。(記:伊藤孝)






[PR]
by sh_offstage | 2014-02-19 01:32 | 渡辺一枝トークの会 | Comments(0)

渡辺一枝トークの会「福島の声を聞こう!」8回目開かる

昨年3月から始めた「渡辺一枝トークの会・福島の声を聞こう!」の8回目が一昨日の日曜日(8日)、いつもの2Fギャラリーから地下スタジオに場所を変えて開かれました。今回はゲストスピーカーに飯館村の酪農家、長谷川健一さんに来ていただき、ご自身が被災後撮り続けてこられた映画『飯館村 わたしの記録』を上映するとともに、原発事故の被災地が今なお抱えている問題点を語っていただきました。
d0178431_256187.jpg
放射能に汚染される前までは、50頭の乳牛を飼育していた長谷川さんですが、国の情報隠しで大混乱の末全村が計画的避難地域となって、絞った牛乳を捨てたり、大切に育ててきた牛達を移転したり殺処分にしなければならぬという辛い決断を強いられたのでした。家族も3カ所に分散、美しかった村も農作業が出来なくなった田圃や畑は草ぼうぼうとなっていきました。映画はその変わりゆく村の姿を記録に残さなければと思い立ち、長谷川さんが初めてビデオカメラを手にして撮影してきた貴重な記録です。
d0178431_392479.jpg
75分にわたる映画の上映後、休憩をはさんで2部ではスライドで静止画を映しながら、長谷川さんが凛とした語り口で村が直面している多くの問題点を次々と指摘していくトークのひとときとなりました。「原発さえなければ」と牛舎の壁に書いて縊死した酪農家の仲間を失った悲しみを語る長谷川さんが、具体例を上げて指摘する線量計の数値の誤魔化しや、上辺だけ取り繕った除染作業で事足れりとする国や行政の無責任なやり方には、会場の中からも驚きかつ怒りの声が上がりました。
d0178431_3501523.jpg
牛たちと共に暮らしてきた長谷川さんは今は仮設住宅住まいを強いられ酪農の道を断たれた無念さを抱きながら、マスメディアでは村で起きていることの本当のことは伝えられていないとの思いから、映画を作り各地で実情を伝える活動をしています。そして、その生活感に基づいた活動は、国を越えてドイツやベルギー、韓国などの人々との連帯へと拡がっています。強行採決されてしまった特別秘密保護法が施行されたら、いっそう原発の情報隠しが酷くなるのではと危惧するトークの会主宰者の渡辺一枝さんですが、会場からの声もあって、長谷川さんがお話になったような現実を広く知らせていく方途を考えていこうとの意思を確認しあう会となりました。
d0178431_4202573.jpg
このトークの会「福島の声を聞こう!」は、来年も続きます。次回の内容が決まり次第お知らせしますが、一人でも多くの方が被災地の方の生の声を聞いていただき、これからどうしていったらいいのか、語り合い考えていただきたいものと願っています。
なお、長谷川健一さんは写真集や「原発に“ふるさと”を奪われて」などの本も出しておられます。放射能禍でどんなことが起きているのかを知るためにも、トークの会にお出でになられなかった方にも一読をお奨めしたい本です。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2013-12-10 04:45 | 渡辺一枝トークの会 | Comments(0)

福島の声を聞こう! 7回目が開かる

渡辺一枝さんのトークの会「福島の声を聞こう!」の7回目が、昨日8月31日、2階のギャラリーで開かれ、猛暑にもかかわらず70名を超す方が来場し、熱心に話に耳を傾けていました。

昨日来ていただいたゲストスピーカーは、南相馬市から原発事故後も避難せず、津波で行方不明になっている家族をはじめ地域の行方不明になっている方々の捜索活動を今もなお続けている上野敬幸さん。
上野さんは原発から22キロの南相馬市の萱浜という海に近い地域で代々農業を営んできた方。津波で家はかろうじての残りましたが、両親と長女、長男の家族4人が流され、お母さんと小学校2年生だった長女の永吏可ちゃんは自宅近くで見つかりましたが、お父さんと幼稚園の入園式を控えていた長男の倖太郎ちゃんは、いまなお見つかっていないのです。
d0178431_1943834.jpg
震災当時、地区の消防団長だった上野さんは、原発事故後に避難指示が出た後も地元に残り、家族はもとより地区内の行方不明の人たちの捜索を続けてきました。70数名が亡くなっている萱浜地区。自衛隊などの救出活動が来ない中での捜索活動ですが、各地からボランティア(上野さんはこの言葉を使わず仲間と言っています)も集まるようになり、“復興浜団”を結成して、今も毎日のように、捜索活動を続けています。
これまでの道のりをたんたんと語る上野さんでしたが、会場からの「捜索活動はいつまで続けるのでしょうか」という質問に答え、上野さんは「見つからない人がいる限り、決してやめるわけにはいかないのです」と答えていました。
会場では萱浜の被災跡で出会い、以来上野さんたちの活動を追い続けてきたフォトジャーナリストの渋谷敦志さんの写真も展示され、来場者の目をひきました。
d0178431_19342693.jpg
d0178431_19361963.jpg
     「萱浜地区の自宅そばの海で、水面を見つめる上野さん」
被災から2年以上経っても見つからない人はまだ2,600人余りもいると伝えられています。そして福島原発の汚染水漏れは収拾の目途もたたない状態が続いています。上野さんたちの活動に終わることはないのです。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2013-09-01 19:56 | 渡辺一枝トークの会 | Comments(0)

渡辺一枝トークの会「福島の声を聞こう!」6回目開催さる

報告が遅くなりましたが、6月30日(日)に「渡辺一枝トークの会 福島の声を聞こう!」の6回目が開かれました。

今回はゲストスピーカーとして来ていただいたのは、飯館村から福島市に避難している渡邊とみ子さん。
渡邊さんは、震災前から町村合併を拒否して飯館村の自立に向けて、ジャガイモやカボチャの育種などの活動をしてきた方です。理想的な村創生として知られた飯館村ですが、原発事故の後全村避難で福島に移住せざるを得ませんでした。しかし福島市に仮住まいしていても、原発災害で居住が制限されている阿武隈地域の女性農業者に呼びかけて、福島大学の小規模自治体研究所などの協力も得て「かーちゃんの力・プロジェクト協議会」を立ち上げ、会長として加工食品や弁当を作り販売するなど、村に戻ることを視野に入れながら生産者としての営為を絶やさぬよう努力しているのです。そして食の安全管理のため、一般に言われる数値より低く設定した放射能の安全基準に基づきジャガイモやカボチャを栽培しているのですが、放射能測定には野菜をみじん切りにしなければならないなど、たいへんな労力がかかるとのこと。それだけにしかっりとした安全管理をした被災地の食品を、皆さんに食べていただきたい、そんな切な想いが伝わってくるお話でした。
d0178431_1751683.jpg
野菜を作ってこその、米を作ってこその村です。農業者としての誇りをずたずたに引き裂いた原発災害。にもかかわらず政治界や経済界は、そんな災害がなかったような顔をして原発再稼働を声高に語り始めているのです。渡邊さんたちの悔しい思い、憤りは並大抵なものではありません。度々被災地を訪れている一枝さんも、仮設住宅に住んでいた人たちが、試験的に田植えを行った田圃の稲を毎日のように見にきている方たちの姿に接し、米作りを再開したいとの農業者の想いがひしひしと伝わってくると話しておられたのが印象的でした。

会場では渡邊さんたちがジャガイモやカボチャで作った加工食品が飛ぶよう売れていましたが、生産物を通して被災地とつながることの大切さをひしひしと感じさせる一日となりました。また会場には飯館村の隣り、南相馬市のおばあちゃん達が余り布で作ったぬいぐるみが展示され、これまた大人気でカンパを入れて連れ帰る人が大勢いました。
d0178431_17131962.jpg
この「福島の声を聞こう!」7回目は8月31日(土)午後2時から、南相馬市からいまなお津波で行方不明の家族や地域の人々の捜索活動を続けている上野敬幸さんをお迎えして開きます。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2013-07-04 15:37 | 渡辺一枝トークの会 | Comments(0)

放射能禍に抗して生きるとは…宮城県からの報告

昨日の9月28日(金)、セッションハウス2Fのガーデンで渡辺一枝トークの会「福島の声を聞こう!」の3回目が行われました。

今回のゲスト・スピーカーは福島県の方ではなく、福島に準ずる放射線量の高い宮城県丸森町筆甫地区で、味噌作りをしている太田茂樹さん。

太田さんは17年前に東京からIターンで筆甫地区に移り住み、無農薬で育てた大豆で作る味噌工房を営んできた方です。人の健康にふさわしい食べ物を追及してきた太田さんにとって、原発事故による放射能汚染は大きな脅威でした。

そこに住み続けるべきか否かのジレンマの中で、福島ではなく宮城県というだけで子どもたちの甲状腺検査などに非科学的で差別的な対応をする行政、そのあり方に疑問を感じた太田さんは、「自分たちだけが逃げるわけにはいかない」として、そこに居続けながら一つ一つ問題点に冷静に対処しながら、生き抜く方途を模索し続けているのです。

その太田さんが、夫人と2人のお子さんとの生活を通して、そして村の人々との対話を通して、放射能禍にあっても生き抜いていくエピソードの数々は、私たちがそれぞれの地域で生きていくことの意味を改めて考えさせられるものであり、勇気づけられるものでした。

太田さんは、味噌作りをしながら、「子どもたちを放射能から守るみやぎネットワーク」を立ち上げ、除染や住民の健康調査の徹底を県や国に求める運動に取り組んでおり、他の地域に生きる私たちの理解と連帯の大切さを静かに語りかけてくるのでした。
d0178431_137310.jpg
「福島の声を聞こう!」は、被災地に通い続けている渡辺一枝さんが、そこで出会った方々のお話を多くの人に聞いてもらい、考えてもらいたいと始めた企画です。次回は12月15日(土)に予定しています。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2012-09-29 01:53 | 渡辺一枝トークの会 | Comments(0)

「福島の声を聞こう!vol.2」被災地の現状に息をのむ

昨日、2Fガーデンで渡辺一枝さんのトークの会「福島の声を聞こう!」の2回目が開かれ、90名を越える参加者が被災地から駆けつけてくださったゲストスピーカーのお話に息をのみました。

今回のゲストスピーカーは計画的非難地域になっている飯館村から福島市に避難し、自家焙煎のコーヒー店を避難先で再開している市澤美由紀さん。

市澤さんのお話は、人口6000人の農村でコーヒー店を開いた時のいきさつをユーモラスに語り始めて笑いを誘ったのでしたが、話が進むにつれ地震から原子力発電所の爆発で大混乱に陥った時のことへと移り、現地の人ならではのお話に会場はシーンとなったのでした。

行政の対応が二転三転して、ただちに避難すべきなのか否か、停電が続き水も飲めない状態の中で、村の人たちは翻弄され続けたとのこと。開店して20年、遠くから車でやって来る人も多かった人気のコーヒー店をたたんで、避難しなければならなかった市澤さんたちのくやしさは、想像を絶するものがあります。

津波の被害には会わなかったけれど、美しい山村の風景が広がる飯館村。市澤さんのコーヒ店のそばにあるブルーベリーも放射能をあびて食べることなどかなわなくなり、近い将来帰村する可能性は200%ないとも言われている今、市澤さんは避難先の福島の店で変わらぬ自家焙煎のコーヒー店を開きながら、原発事故のもたらすものの大きさを訴え続けているのです。
d0178431_1394349.jpg
会場には14日からチャリティーアート展を開く豊田紀雄さんら世話人4人も来場、一枝さんとバトンタッチの挨拶。この展覧会では作品の売上金の一部を一枝さんを通して相馬市の≪原発事故から命と環境を守る会≫に届けることにしています。
d0178431_13144540.jpg
また、被災地で演奏したり、ピアノを送ったり、「負けないで!東北」というCDを作って支援を続けているジャズ・ピアニストの板橋文夫さんも姿をみせ、一枝さんや市澤さんとこれから一緒にやれることはないかと話し合っていました。
d0178431_13293097.jpg
自然と人間の調和を考え続けている板橋さんは、飯館村をテーマにした曲も創ったとのこと。これから何かが始まる予感もする一夜でもありました。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2012-06-06 13:32 | 渡辺一枝トークの会 | Comments(0)

渡辺一枝トークの会「福島の声を聞こう!」被災地からの声に息をのむ

あの日から間もなく1年になろうという昨日3月7日、セッションハウスの2Fガーデンで、渡辺一枝さんのトークの会「福島の声を聞こう!」の1回目が開かれました。

今なお解決の目途など見えてこない放射能の脅威にさらされ続けている福島の被災地。そこに通い続けて支援活動を続けている一枝さんが、現地の生の声を聞いてもらおうと企画したトークの会で、会場のギャラリーは80名ほどの聴衆でぎっしり、熱心に耳を傾けるひとときとなりました。

ゲストスピーカーとして招いたのは、津波の被害からかろうじて免れたという南相馬市のビジネスホテル「六角」ご主人の大留隆雄さんと、浪江町で牧場を営む吉沢正巳さんのお二人。
d0178431_32383.jpg
大留さんはかろうじて津波から免れ生き残った83歳のおばあさんが、希望を見いだせず自死した話など被災地の人々の苦しみを涙ながらに語り、吉沢さんは放射能の警戒区域の牧場で300頭の牛を飼い続けている想いをこんこんと語ってくださいました。
d0178431_3262143.jpg
吉沢さんは自分もたっぷりと被曝しているし、牛たちも放射能まみれではあるけれども、殺処分を勧告されてもそんな酷いことは出来ないと、定期的に警戒区域の牧場に通っては牛たちに餌を与え続けているのです。

吉沢さんの乗った車の音が聞こえると、広い牧場のあちこちから駆けよってくる牛たち。放射能のため市場には出せないことは承知の上での餌やりです。吉沢さんは「これは私の意地としか言いようがない行為です」と語ります。まさに経済効率ばかりで物事の軽重を計りかねない現在、絶望的な状況下にあっても意地を貫く人間がここにはいること、それが人間としてのせめてもの「救い」であり「希望」なのかも知れません。ちなみに吉沢さんは牛たちのいる牧場にあえて「希望の牧場」と名付けているのです。

大震災の、原発事故が私達にもたらした事と次第の深さを、ずしりと突きつけてくるトークの会でありました。一枝さん、ありがとう!(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2012-03-08 03:38 | 渡辺一枝トークの会 | Comments(0)