ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

<   2010年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ジャンさんのWS公演、盛況裏の終わる

プロデューサーの伊藤孝です。

28日、29日に実施したジャンさんのワークショップ生による公演「The Walts of Life」には、多くの方が来てくださり、出演者のユーモラスな挙措動作に観客席からは笑い声が聞こえてくる楽しい時間となりました。

毎年クリエーションWSで作品を創ってきたジャンさんですが、今年はジャンさんにピナ・バウシュの遺志を受け継ぐ想いが強くあったためでしょうか、参加者一人ひとりにも考えさせるというダンス・シアターの手法をフルに使っているのが特徴的なことだったように思います。
d0178431_2134715.jpg

日本文化に深い関心を寄せるジャンさんは「ドキドキ」とか「トクトク」といった日本語特有の擬音を出演者達に言わせながら動いていく演劇的なシーンの数々を組み立て、後半はダンサーが次々に出てきて激しく踊るダンス・シーンで見る人の気持を一気に解き放つような構成で、お客さんからは「とても親しみやすい世界だった」といった意見が多く聞かれてのは嬉しいことでした。
d0178431_214478.jpg

表れてくる世界に違いはありますけれど、マドモアゼル・シネマもダンス・シアターの方法で作品を創り続けているカンパニーで、秋の公演に向けてのトレーニングも始まっています。日本でもこうした演劇やダンスの境界線を越えた様々色合いのある作品が生まれ、皆さんに楽しんでいただけるようになるといいなと改めて思った次第でした。



セッションハウスメインサイトはこちら⇒www.session-house.net
[PR]
by sh_offstage | 2010-08-31 03:02 | Comments(0)

「The Waltz of Life」衣裳の早替えにも注目あれ!

プロデューサーの伊藤孝です。

ジャンさんのクリエーションWS作品「The Waltz of Life」は、作品の全体のj構成が出来上がり、連日通しのリハーサルが続いています。

一昨日は舞台監督の関根一郎さん、照明の石関美穂さん、音響の相川貴君も下見に入り、いよいよ本番に向けての準備作業も始まりました。
d0178431_238329.jpg

今回の作品は、人生のさまざまな点景で綴るものなので、歌舞伎の早替えのようにダンサー達は目まぐるしく衣裳を替えて登場してくるのですから、たいへんです。ロングドレスあり、着物あり、ショートパンツあり、背広あり、Tシャツありと多彩な衣ショーが繰り広げられます。その辺りも楽しめる作品ですので、乞ご期待です。



セッションハウスメインサイトはこちら⇒www.session-house.net
[PR]
by sh_offstage | 2010-08-26 13:52 | Comments(0)

佳境に入った振付作業、ジャンさんも眠られない夜に


プロデューサーの伊藤孝です。

ジャンさんのクリエーションWSは山場を迎え、振付作業はボルテージが上がりぱなしの状態です。何と昨日の日曜日は午後3時から夜10時半まで、全員揃って公演を見応えのあるものにしようと気迫いっぱいの時間が流れていました。

作品名を「The Waltz of Life」と題しているように、私たちが生きている中で遭遇する出来事の数々がユーモラスなシーンとなって出現してくるのですから、楽しくないわけはありません
d0178431_205280.jpg

ジャンさんも構成を考えることで眠れない夜が続いているようですが、それだけレジデンス・アーティストとしてダンスを育てていこうとの熱い想いが感じられ、胸を打たれます。

d0178431_212428.jpg
その成果やいかに。28日、29日の公演はぜひぜひお出かけください。

セッションハウスメインサイトはこちら⇒www.session-house.net
[PR]
by sh_offstage | 2010-08-23 13:39 | Comments(0)

ジャンさんの文化受容の姿に感動!

プロデューサーの伊藤孝です。

ジャンさんのクリエーションWSは、どんどん作品化に向けての作業が佳境に入ってきています。そして振付作業とともに、選曲作業も着々と進んでいるようです。

前々から日本の文化のいろいろに深い関心を寄せているジャンさんですが、昨日は私が持っているCDの中から炭坑唄を選び出したのには、驚きました。かつて日本にも沢山の炭坑があった時代がありましたが、九州の筑豊地方で子供の頃から炭坑夫として苛酷な仕事に従事してきた今は亡き山本作兵衛さんが呟くように唄う仕事歌=ワークソングのCDです。
「七つ八つからカンテラ提げて、坑内下がるも親の罰、ゴットン」

山本作兵衛さんは消えていく炭坑に生きた人々の姿を後世に伝えようと絵筆を執り膨大な作品を遺した人で、今ではその作品は貴重な文化財となっています。

そうした現代の日本人にさえ忘れ去られかねない人々の生き様を表した唄や絵にヒューマンな目を向けるジャンさんの姿に、私は胸が熱くなるような感動を覚えたのです。

この作兵衛さんの唄を今度の作品で起用するかどうかは思案中のようですけれど、それはともかくとして、それぞれの国や場所の文化を深いところで捉えていこうとするジャンさんの姿勢から、私たちが学ぶことが少なからずあるように思われてなりません。



セッションハウスメインサイトはこちら⇒www.session-house.net
[PR]
by sh_offstage | 2010-08-21 03:23 | Comments(0)

残暑お見舞い申上げます

パパラッチの伊藤孝です。

今年の残暑はきびしいとか、ダンスやアート活動に熱中するのは結構なことですけど、熱中症にはならないようにお気をつけのほどを。

今日は7月に2Fガーデンで開催した原田文明展の写真を掲載します。何で今頃と思われるかも知れなけれど、あの頃私はブログに写真を取り込む技を知らずにいたからでした。
猛暑きびしい今、原田さんが創り出した解放的な空間がさわやかな気持にしてくれるものでしたので、残暑お見舞いとして見ていただこうと思い立った次第です。
d0178431_10444910.jpg


もうひとつおまけ映像として、原田松野展にやって来た恰好いい男・近藤良平さんの写真ももう一枚見ていただきましょう。
d0178431_1045977.jpg
皆さん、少しは涼しい気分になれましたか?

ジャンさんのクリエーションWSは中盤に入ってボルテージが上がってきています。今週末にはスタジオに潜入してその様子を撮影、皆様にお届け致しましょう。

セッションハウスメインサイトはこちら⇒www.session-house.net
[PR]
by sh_offstage | 2010-08-19 12:22 | Comments(0)

真夏に花を咲かせましょう!

パパラッチの伊藤孝です。

セッションハウスはジャンさんや楠田健造君などによるワークショップで、猛暑を吹き飛ばす勢いの活動が展開しています。

今日は8月9日の月曜日から始まった麻衣ちゃん(伊達麻衣子)のレパートリー・ワークショップの2回目にカメラを持って潜入してきました。
スタジオに入ると何処かで聴いたような音楽と何処かで見たような振付で、皆が楽しそうに踊っているではありませんか。それもそのはず、マドモアゼル・シネマのレパートリー作品「赤い花・白い花」の1シーンに皆が一生懸命になって取り組んでいたのです。
マド・ダンサーの麻衣ちゃんには、その振りは体の中にしっかりと入っているものですが、その動きに初めて挑戦する参加者の一人ひとりの動きはとても新鮮です。
5回にわたるWSの後、9月6日にはショーイング、皆さんに披露するその成果が今から楽しみです。
d0178431_10424731.jpg

なお、マドモアゼル・シネマは9月に鳥取演劇祭のショーケースに招かれており、「赤い花・白い花」を上演することになっています。



セッションハウスメインサイトはこちら⇒www.session-house.net
[PR]
by sh_offstage | 2010-08-16 20:26 | Comments(2)

またあの時代のことを語りたい

プロデューサーの伊藤孝です。

今日は終戦65年目の記念日。セッションハウスは地下スタジオではワークショップ、2Fガーデンでは展覧会と平和な光景が続いているのは素晴らしい。でも今日はやはりあの時代のことを語りたい。

先日NHKスペシャルで「玉砕」という番組を見た。昭和18年、アッツ島という北太平洋の小さな島で、アメリカ軍の圧倒的な攻勢の前に弾薬や食糧の補給も断たれ、援軍も来ないで見捨てられた2600人余りの兵士が絶望的な戦いを強いられ、全滅した戦争の知られざる背景を炙りだした番組だった。その死者の数は2638名、生還者はわずか27名。その膨大な死者は「玉砕」(玉が砕けるように美しく散るという意)という美名の下で伝えられ、悲劇の真相は糊塗されていったのだった。その兵士達の絶望的な戦いを強いたのは、やはり言葉だった。東条英機が陸軍大臣だった時に書いたといわれる「生きて虜囚の辱めを受けず」という戦陣訓の一節。負け戦でも捕虜になることは恥じとして禁じるこの言葉は、アッツ島のみならず幾多の戦場で兵士達に死ぬことを強要するものであったし、サイパンや沖縄では一般住民にも自決を強制するものだった。一つの言葉がもたらした恐るべき呪縛力。ポジティブにもネガティブにも言葉の重みを改めて思う8月15日である。



セッションハウスメインサイトはこちら⇒www.session-house.net
[PR]
by sh_offstage | 2010-08-15 16:53 | Comments(1)

楠田ワークショップ始まる

プロデューサーの伊藤孝です。

オランダから楠田健造君が久々に帰国、今日からワークショップが始まりました。1999年にオランダに渡り、今では彼の地では押しも押されぬダンサーとして大活躍の健造君ですが、古馴染みのセッションハウスを忘れずに来てくれたのは、とても嬉しいことです。

大勢の参加者を得たインプロビゼーション・ワークショップは、呼吸すること、耳をすまして隣の人の気配を感じること、筋肉と骨の間のずれを感じることなどなど、体の中や周りの人達との関係を繊細に感じ取ることの大切さを体験するもので、自然に集中力を高まっていくのがありありと分かる3時間(予定は2時間でしたが)となりました。
d0178431_10411333.jpg

このワークショップは明日と少し飛んで水曜日にも開かれます。今からでも遅くはありません。この機会に是非ご参加ください。

でもさらに欲を言えば、健造君がセッションハウスで踊ってくれた時のことが思い出されてきて、次の機会にはぜひ公演で思いきりダンスを見せてほしいなあと思うのです。とりわけ近藤良平氏や笠井瑞丈君と共演した際の丁々発止のセッションと、その中で踊ったソロ・ダンスの素晴らしかったことが、今も目に浮かんできているのですから・・・。

セッションハウスメインサイトはこちら⇒www.session-house.net
[PR]
by sh_offstage | 2010-08-15 00:38 | Comments(0)

「原田松野展」に近藤良平さんもさっそく来場

プロデューサーならぬセッションハウスのパパラッチの伊藤孝です。

昨日から始まった原田松野先生の個展「シャツの風景」にさっそく近藤良平さんが駆けつけてくれました。舞台はもとよりテレビや雑誌の取材で大忙しの良平さん、「リンゴ企画」で身につけたシャツも展示されているので、その衣裳と良平さんの2ショットを撮りたいのはパパラッチとしては当然のこと。撮影したいとの私の要望に答えて夜遅くオートバイを走らせての再来場、かっこいい写真が沢山撮れましたが、その1枚を紹介する次第です。

d0178431_10395145.jpg


セッションハウスメインサイトはこちら⇒www.session-house.net
[PR]
by sh_offstage | 2010-08-12 20:08 | Comments(0)

原田松野展「シャツの風景」始まる


プロデューサーの伊藤孝です。

今日11日から2Fガーデンで「原田松野展・シャツの風景」が始まりました。
女子美大教授の原田先生は、2005年以来公演ごとにマドモアゼル・シネマの衣裳を手がけてくださっており、いつも意表をつくデザインや色使いで私たちは驚かせられています。でもそれをダンサー達が身に纏い動き出すと、その衣裳たちには命を吹き込まれ舞台の上で光を放ち始めるのです。日頃から人の動きをよく観察していてこそ生まれてくるデザインなのだと、いつもいつも感服させられています。

今回は、昨年8月のマドモアゼル・シネマの「100歳からの日記」公演で着用した衣裳たちと、昨年10月の「リンゴ企画・山羊ボー走」公演での衣裳たちが、私が撮影した写真とともに展示されています。芸術監督・近藤良平氏による「リンゴ企画」にはご存知のように男性も参加している企画。原田先生にとって2度目の挑戦でしたが、写真をプリントした衣裳を身につけたダンサー達が、いっそう輝きを増したことが思い出されてきます。

展覧会は15日(日)まで開催していますので、ぜひご覧になってください。
d0178431_1038726.jpg
d0178431_10382585.jpg

セッションハウスメインサイトはこちら⇒www.session-house.net
[PR]
by sh_offstage | 2010-08-11 19:07 | Comments(0)