ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「不思議な場所」用の新しいスクリーンが完成!

d0178431_1403224.jpg
プロデューサーでパパラッチの伊藤孝です。

一昨日の体育の日、セッションハウスの地下スタジオに巨大スクリーンが登場。
マドモアゼル・シネマの『不思議な場所』の映像を映すために新たに作ったものです。
美術担当のくに若尾さんが、オーストリアやブルガリア公演で使ったものに満足せず、
試行錯誤を繰り返し改良に改良を加えて生み出したスクリーンです。
不燃のカーテン布地に雲の絵を描いたもので、アルバムのように2つ折りに出来る優れもの。
この巨大スクリーンを支える木枠は、ご主人の若尾克平さんがこれまた工夫に工夫を重ねて作ったものです。ご夫婦そろっての力作というわけです。
木枠の組み立ては舞台監督の関根一郎さんの指導の下、リハーサル中のダンサー達も一緒の共同作業。
さっそく映像担当の梶村昌世さんが投射したところ、映像がくっきりと立ち上がってきたので、一同そろって
やんややんやの拍手喝采の一幕となりました。
ダンスの仕上がりも上々、公演では新しいスクリーンをバックに輝いたダンスを見せてくれることでしょう。
皆さんも23日、24日の公演、ぜひぜひ見に来て下さい。




セッションハウスメインサイトはこちら⇒www.session-house.net
[PR]
by sh_offstage | 2010-10-13 01:50 | Comments(0)

我らがスタッフの顔を見てください!

d0178431_122029.jpg

プロデューサーの伊藤孝です。

マドモアゼル・シネマが参加した鳥取の鳥の劇場演劇祭から帰ってきてから早くも2週間が経ちました。その後もセッションハウスでは毎週のようにダンス公演が続いています。帰京して次の日には、6組の女性デュオ作品ばかりを集めた「咲いた 咲いた ダンス花」、先週の土曜、日曜には民話に基づく舞踊劇が得意なジュゴンによる「D-zone」公演、そして昨日と今日は6組の群舞作品に総勢31名のダンサーが出演する「シアター21フェス」のアドバンス公演と賑やかな舞台が続いています。

その舞台を支えてきているのがわがスタッフ諸君。いつもは表舞台に顔を見せることなく一回一回の公演を成功させようと頑張っている彼ら。今日はその笑顔いっぱいの姿を見ていただきたく、写真を掲載致します。
プログラム・ディレクターの伊藤直子を囲んでいるのは、照明の石関美穂、加藤泉、音響の相川貴、舞台監督の伊達麻衣子、受付舞台周りの係の栗原晶子、榑松朝子の面々です。その他今回はスタッフに参加していないけれど音響の上田道崇、照明の鈴村淳、ビデオ映像の瀧島弘義など、大勢の人達がセッションハウスの舞台を支える屋台骨となって作業に取り組んでいるのです。


セッションハウスメインサイトはこちら⇒www.session-house.net
[PR]
by sh_offstage | 2010-10-03 12:03 | Comments(0)