ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

さらば2010年

プロデューサーの伊藤孝です。

2010年も残すところ後1日となりました。今年も多事多発の一年でしたけれど、多くの方々との共同作業で充実したプログラムを提供し続けることが出来たこと、そして沢山の観客の方々に来ていただいたことに、スタッフ一同からも感謝申し上げたく思います。
28日はダンスクラスも終わりで仕事収め、そして29日は毎年恒例の大掃除、スタッフ、ダンサーが力を合わの作業で、地下スタジオから2Fガーデン、そして外回りと一年の垢をそぎ落とし、新年への準備は万事万端相整えた次第です。
その後は近くの店での忘年会、そこに集うスタッフ、ダンサーは伊藤直子もブログで書いているように、20代から70代に至る顔ぶれ。世代がまちまちの集団が一緒になって酒を酌み交わし飯を食い、駄洒落から将来へ向けて真剣な論議までしている光景に、改めてセッションハウスがこれからも持続、発展させていく可能性を見、意を強くしたのでした。
しかし政治の行方は混沌とし、不況からの脱出の目途も見えず、若者の就職戦線は未曾有の厳しさ・・・。そのような寒風吹きすさぶ中で、来年セッションハウス創立20周年を迎える私達はどのような出会いの場を提供し続けることが出来るのか、これまで以上に心を引き締めて作業に取り組んでいかねばと話し合っています。
d0178431_315363.jpg

毎回、写真を提供してきた私ですが、今年最後に1羽の鳥君の写真をご覧いただきましょう。10月のマドモアゼル・シネマの国内巡回公演で訪れた岡山で、毎朝ホテルの前の川べりにやって来て、じっと川面を見つめているアオサギ君です。近づいても逃げることもなく集中する姿の凛々しさ、そしていざ狙いが定まるとぱっと飛び立っていく姿の美しさ。来年は兎年ですけれど、このアオサギ君のような姿で物事に集中し、飛躍していけたらなあと思うこと仕切りです。
来年もお付き合いのほど、よろしくお願い致します。




セッションハウスメインサイトはこちら⇒www.session-house.net
[PR]
by sh_offstage | 2010-12-31 03:23 | Comments(0)

度肝を抜かれた笠井叡・瑞丈の壮絶バトル

プロデューサー兼写真担当の伊藤孝です。
今日は昨日行われた笠井叡さんと瑞丈君の父子バトルの写真を見てください。

瑞丈君は今年のセッションハウスのレジデンス・アーティスト。
公演の相方に選んだのは何と1960年代から踊り続けてきた父の叡さん。
父と子が本格的に1対1で踊るのは初めてのこととか。
でも父と息子は、世代は大きく違っても舞台に上がれば現役ばりばりの舞踏家でありダンサー。
全く容赦するこなく自由自在に踊る叡さんに対して、瑞丈君は冷静かつ熱のある踊りで向き合っていきます。ダンスの背景には時代体験の違いを伺わせる緻密な演出もなされており、見応え十分を遥かに越える舞台となりました。
1998年にセッションハウスで鮮烈なソロ・デビューをした瑞丈君ですが、あれから12年。
この初の父と子のセッションは、二人それぞれにとって新たな出発点になるような予感がします。
d0178431_12444196.jpg

この舞台、今日日曜日午後5時から2回目が行われます。


セッションハウスメインサイトはこちら⇒www.session-house.net
[PR]
by sh_offstage | 2010-12-19 12:50 | Comments(1)

時間軸を越える淺川マキさんの歌

プロデューサー兼パパラッチの伊藤孝です。

今日紹介するのはCDのジャケット写真です。

今年1月、公演先で急逝した歌い手の淺川マキさんの追悼アルバム「Long Good -bye」。
セッションハウスもお世話になっている照明家の関根有紀子さんが制作に関わった2枚組のCDです。
マキさんは1968年にデビューしてメジャーになることを頑なに拒んで我が道を歩んできた人でしたが、
そのブルース魂が横溢した歌の数々は、私達を心の底から揺さぶるものでした。
彼女のような初心を失うことなく持続的な活動をしてきた歌い手には「一時代を画した人」という時間軸の中に閉じ込めきれないスケールの大きさがあり、デジタル時代の中にもズシリとした楔を打ち込む力があると思います。

久々にマキさんの歌を聴きながら、今こそ若い人達にも聴いてほしいものだと痛感、紹介したくなった次第です。
d0178431_19204173.jpg



セッションハウスメインサイトはこちら⇒www.session-house.net
[PR]
by sh_offstage | 2010-12-04 19:25 | Comments(0)