ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今なお続く被災者の悲しみの深さは・・・

昨日の12月15日土曜日、2階のギャラリー【ガーデン】で、渡辺一枝さんのトークの会「福島の話を聞こう!」の4回目が開かれました。

今回来ていただいたゲストは、福島原発1号機から4号機がある大熊町から長野県白馬町に移り住んでいる木村紀夫さん。津波のため父親の王太朗(わたろう)さんと妻の深雪(みゆき)さんを亡くし、次女の汐凪(ゆうな)ちゃんが今もって行方不明という木村さんは、危機一髪助かった長女の小学校6年生の舞雪(まゆ)ちゃんと来場、想像を絶する辛く悲しい記憶を言葉をかみしめながら話してくださったのでした。
d0178431_20282674.jpg
地震の後働いていた養豚場の子豚たちの救出に追われている間に、家が津波に襲われ家族3人を失った方です。木村さんは、救えなかった家族のことを悔いる気持ちを今もなお抱き続けながら、住むことがかなわなくなった町を離れ、残された舞雪ちゃんと2人で生きていかなければならなくなったのです。熊野町地区一帯は原発の爆発事故のため、捜索作業は大幅に遅れ、父親・王太朗さんの遺体が見つかったのは4月末、妻・深雪さんの遺体が自宅から50キロも離れた海上で見つかったのは6月のことでした。そして今なお行方不明のままの汐凪ちゃん、原発事故がなければ、もっと早く捜索が出来ていれば見つけることが出来たかも知れない・・・木村さんのくやしい想いは晴れることはないのです。

放射能被害への恐れと被災地の方々の過酷な体験が伝えられながら、総選挙の結果を見ても明確な形で「脱原発」に踏み切れずにいる日本です。放射能禍にさらされながらも、東京電力への遠慮がいまなお残っているという唖然とした状況も伝えられる中、木村さんのお話に熱心に耳を傾けていた来場者の中からも、どう考えどう行動していくべきかなど、さまざまな意見が飛び出しました。中でもかつて沈黙していて戦争を防ぎきれなかったという歴史への反省から、「今こそ一人ひとりが勇気をもって声をあげるべき時だ」と語ったノンフィクション作家・澤地久枝さんの発言には大きな共感の拍手が起きました。

一緒に来た舞雪ちゃんは、お父さんが撮った妹の汐凪ちゃんの写真集などの販売係、お父さんを一生懸命支えているその笑顔は会場の空気を和やかなものにしていました。お父さんが汐凪ちゃんの名前をつけた足長小父さん基金のために、舞雪ちゃんが描いた絵を紹介しましょう。
d0178431_20423010.jpg
今も被災地で支援活動をし続けている渡辺一枝さんのトークの会「福島の話を聞こう!」、5回目は来年3月4日(月)に予定しています。      (記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2012-12-16 21:30 | Comments(0)

「流れ星」になってしまった勘三郎さん

中村勘三郎さんの突然のように思える逝去の報は、私たちに大きな衝撃を与えた。「巨星墜つ」と言った人もいたけれど、歌舞伎界に活力を与えジャンルの枠を越えて精力的な活躍をしていた光輝く「きらきら星」とも言える人だった。まだまだやりたいことが沢山抱えていた人が、あっという間に「流れ星」のように長い光跡を残して私たちの前からいなくなってしまったのだ。そのスケールの大きな活躍ぶりに比べるべきものではないけれど、伝統を踏まえ鍛え抜かれた確かな技と柔軟な発想に基づく創造力、そしてお客さんに楽しんでもらおうととことん努める姿勢には、私たちを刺激してやまないものがあった。

ここ数日、テレビでは多くの追悼番組を放映しているが、印象に残るシーンが数々ある中で、勘三郎さんが座右の銘について語っている場面が紹介されていた。その言葉とは「型がある人間が型を破ると“型破り”、型がない人間が型を破ったら“形なし”ですよ。」というもの。これはTBS ラジオの名物番組「子供電話相談室」の中で、「やまびこ学校」で知られた無着成恭さんが子供の質問に答えたものだが、勘三郎さんはそれを聴いて自分のやっていることにぴたりとあてはまる言葉として、座右の銘にしたのだと言う。私たちにとっても示唆に富んだ言葉である。
d0178431_3343114.jpg
2008年、マドモアゼル・シネマがルーマニアのシビウ国際演劇祭に招かれ公演した時に、勘三郎さん率いる平成中村座が演劇祭の大きな目玉になっていたが、演劇祭本部のあるスタンカ劇場の前で勘三郎さんと遭遇した時のことが懐かしく思い出される。偶然の出会いだったが、勘三郎さんは「マドモアゼル・シネマの皆さんですね。頑張ってください。」と励ましの言葉をかけて、快く記念写真を撮らせてくださったのだった。芸には厳しいけれど、周りの人へのやさしい心配りが彷彿とさせられる出来事だった。勘三郎さんへのお礼と哀悼の意を込めて、改めてその時の写真を紹介させていただく次第である。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2012-12-12 03:45 | Comments(0)

今年を締めくくる「ダンス花」5作品が熱い競演

今年のセッションハウスの自主企画を最後を飾る「ダンス花vol.17」が昨8日(土)に行われ、個性豊かな5作品で、寒さを吹き飛ばす熱気あふれる競演が展開されました。

2つの群舞作品と、3つのソロ作品、それぞれ色合いの異なるものでしたが、ノンセレクトから選び出されたダンサーたちです。その後の鍛錬を経ての再登場で更なる成長ぶりが伺える濃密なダンスの時間となりました。
d0178431_14345047.jpg
hug×boku(板倉裕耶、大迫菜緒、黒須郁海、高橋美沙『point of intersection』
d0178431_14491584.jpg
          中村理『さよなら三月、またきて四月』
d0178431_14501151.jpg
          奥野美和『ハイライト・オブ・ディクライン』
d0178431_1451210.jpg
咲く~saku~(池田香織、池田彩織、神之田美雪、須田彩摘、鶴田麻子)『るるるの歌 めくるめく美しき「る」の世界』
d0178431_14515219.jpg
            竹之下たまみ『ストレンジデイズ』

今年から始まったセッションハウス・アワード。6月に行った「ダンス花vol.16」の作品とともに、どの作品が優秀賞を獲得できるのか、1月には審査会で観客の皆さまやスタッフの意見を参考にしながら、優秀賞が選出されますが、甲乙つけがたい作品が目白押しで、審査も頭の痛いところです。結果を楽しみにしていてください。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2012-12-09 15:13 | Comments(0)

「ダンス花」個性豊かな5作品が集結

セッションハウス公募公演の中から、もう一度見たい作品として選ばれる「ダンス花」。今年からこのプログラムの中からその年の優れた作品を選ぶ「セッションハウス・アワード」が始まっています。

今週末の12月8日(土)に開催する今年最後の「ダンス花」にも、今咲き始めた新人から、精力的に活動を続けているダンサーまで5組が登場、熱い熱い競演を繰り広げます。
昨夜、照明・音響の下見がありましたが、いずれおとらぬ個性派ぞろい、見る人にとってもダンスのさまざまに触れることの出来るテンションの高い見応え十分の公演になりそうです。

いつも撮っているカメラにトラブルがあったので、簡易カメラで撮影したため映像はよろしくありませんが、雰囲気の一端を感じ取っていただこうと5組の写真を紹介しましょう。
d0178431_2341952.jpg
    咲~saku~『るるるの唄めくるめく美しき「る」の世界』
d0178431_17281863.jpg
          中村理『さよなら三月、またきて四月』
d0178431_17285174.jpg
         hug×boku『point of intersection』
d0178431_17291942.jpg
          奥野美和『ハイライト・オブ・ディクライン』 
d0178431_23421571.jpg
          竹之下たまみ『ストレンジデイズ』
この公演、8日(土)の16時と19時の2回だけです。若さと技者が勢ぞろい、アワードに肉薄する作品はどれ?お見逃しなきよう、お出かけください。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2012-12-05 17:44 | Comments(0)

出会いの素敵さを伝えたインスピレーション・ダンス公演

12月に入っての1日(土)と2日(日)、小川麻子さんが率いる8人の仲間たちによるインスピレーション・ダンスの公演「allo・・・もしもし・・・vol.3」が開かれました。

前半は、映像グループplaplaxの宇宙や遊園地を思わせる図形映像のある不思議な空間で、さまざまな出会いをしていく群像ダンス。時にはすれ違って孤独になったり、時には物見高い集団になったり、エネルギッシュに踊るグループになったりで、熱い中にもさわやかな風が吹き抜けていくような舞台となりました。
d0178431_15302327.jpg
d0178431_15313199.jpg
そして後半は、パリでコンサートを行うなど歌手活動もしている小川麻子さんのひとり舞台。素敵な声を響かせながら白いドレスで登場したかと思えば、途中から赤いドレスで大変身、声に反応する映像も使っての独舞の時間となったのでした。
d0178431_15393841.jpg
d0178431_15411184.jpg
小川麻子さんと私達の出会いは、セッションハウスが完成する21年も前のこと。変わらぬ若さで踊り続ける小川さんに感服すること仕切りの公演でありました。小川さんは来年4月から毎週月曜日に振付クラスを担当、3ヶ月かけて「21フェスStep Up」に向け参加者とストーリー性のある作品を創ります。どしどし参加してください。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2012-12-03 15:56 | Comments(0)