ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

イディット&ディマWS、アドバイス・クラスも始まる

イスラエルからやってきたイデョット&ディマのワークショップ、昨日からはクリエーション・クラスに続いてアドバイス・クラスも始まり、WS漬けの1日となりました。
d0178431_21255756.jpg
アドバイス・クラスは参加者それぞれに短いソロ作品を創ってもらおうというものですが、昨日はその入り口として5人の参加者全員でする作業や2つのグループに分かれてする作業を実施しました。
d0178431_21284168.jpg
「ビジュアル・シアター」と称するイディット達のパフォーマンスです。悲しみや怒りや喜びといった感情を基にした表現や、セクシーや疲労困憊した素振りなどによる表現、舞踏やオペラ、ミュージカル、シリアス・ドラマなどのジャンルを基にした表現を、イディットの指示によって瞬時に組み替えていくという作業で、舞台に立つことの意味を頭と体で理解していく大切さを伝えていくものでした。
d0178431_21295948.jpg
5人の参加者は次々と出される難しい仮題に果敢に挑戦、観客に伝えていく術を身のをもって学んでいく過程が、見る私たちにもよく伝わってきました。音楽はディマがピアノや自作の楽器を弾いたり叩いたりで、絶妙な即興演奏で世界を創っていくのですから、楽しくないわけはありません。
d0178431_21322051.jpg
明日12月1日の日曜日は、18時半から「公開アドバイス&プレゼンテーション」が開かれます。創作過程と参加者それぞれのソロ作品の発表を楽しめるひとときです。舞台を志す方、舞台を楽しみたい方、多くの方のご来場をお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2013-11-30 21:41 | Comments(0)

イディット&ディマが7年ぶりに来日、WS始まる

イスラエルの異色の舞踊団シアター・クリッパを率いるイディット・ハーマンとディマ(ディミトリィ・チュルパノフ)が7年ぶりに来日、昨夜(火曜日夜)からクリエーション・ワークショップが始まりました。
d0178431_216971.jpg
今回の来日はお隣りの韓国で2カ月間にわたり国立舞踊団のための作品振付という大仕事をした後のこと、その余韻さめやらぬ2人のワークショップは、静かな中にも熱気をはらんでスタートしました。
d0178431_217783.jpg
ワークショップは、舞台へ立つ人のための創造力と表現力の引出を増やしていくことを目的にしたもの。ウオームアップの後は、静から動へ、動から静へと時間と空間への向き合い方や、他者とのコミュニケーションの仕方を体感しながらのテンションの高いプログラムで、参加者もじっとりと汗をにじませる2時間となりました。
d0178431_2184034.jpg
d0178431_2283288.jpg
このクリエーションWSは12月1日(日)まで続きますが、11月29日(金)からは参加者がソロ作品の創作にチャレンジしプレゼンテーションへとつながるアドバイス・クラスも始まります。ダンス・テクニックだけでなく、演劇の要素も含むダンスシアターやフィジカルシアター等に関心のある方にはもってこいの内容です。舞台を志す皆さんも、凛とした精神力と強靭な体を備えた2人の指導によるWSで、たっぷりと汗をかいてみませんか!(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2013-11-27 02:46 | Comments(0)

小暮香帆が単独ソロ公演に初挑戦!

2012年から本格的なソロ作品創りを始めた若手ダンサーの小暮香帆さんが、きのう24日の日曜日、初の単独ソロ公演に挑戦、見事に1時間近くを踊りきりました。

作品は題して「遥かエリチェ」。笠井叡作品の「虚舟~うつろぶね」のイタリア公演に参加した時の経験からイメージしたもので、感情の揺れ動きを時には静かに、時には激しく表出していくもので、テンションの高い舞台を創り上げていきました。
d0178431_1921145.jpg
秋。命がもえたのち、きれいに朽ちてゆく季節 / 深い眠りの冬を、ゆっくりと待つ季節 / そんなときに、そんな季節に、私はうまれました / 秋に生まれて良かったと、感じています / そして今、なたに出会えてよかったと感じています
d0178431_19432714.jpg
ある日、私はイタリア・シシリー島の街、エリチェで迷子になりました。
エリチェの街は、やがてからだの中へ、奥底へと繋がっていきました。
d0178431_19323995.jpg
近付いても、はなれても/ 踊りは かならず「そこ」にある / 踊りは だれに対しても等しい / だから私は踊っているのかもしれない / 遥かエリチェへ向けて / これから続く未来へ向けて / 今このからだで、そそぎこむ(小暮香帆)

果敢なチャレンジをした彼女のこれからの活躍がいっそう楽しみになる公演でした。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2013-11-25 19:48 | Comments(0)

若さが爆発、UDCアフターズとんじょたい公演

大学卒業後も踊り続けるダンサー達による「UDCアフターズ・とんじょたい公演」が16日(土)2回にわたって行われ、若さが爆発する舞台となりました。

東京女子体育大学を卒業した者達による集いを称して「とんじょたい」。13名の女性軍団にUDC仲間だった男性ダンサーやお笑い芸人もゲスト出演して、6作品を次々上演、随所に笑いが起きる賑やかな時間が過ぎていきました。ダンスはもとより、笑劇あり、アクションまじりの一人パフォーマンスに子供達が共演するものありとプログラムも多彩。写真でその雰囲気をお楽しみください。
d0178431_19392628.jpg
1.『Don't be greedy』跡部舞、大迫菜緒、高橋美砂、堀崎翼(チャムグループ)
d0178431_19461783.jpg
2.『The visual asts~隣人~』志村あづみ、内木里美
d0178431_20235120.jpg
3.『TSBOI』跡部舞、菊原由香利(TOY)、苅田昇、片井若尊(かりちゃんじゃくちゃん)、南里昇平、牟田口万里(チキン南万)
d0178431_19482131.jpg
4.『3人とカメラ』佐藤クリステルアン、佐藤夕貴、高橋佳子
d0178431_19495022.jpg
5.『オワリはじまり2~真夜中のカーニバル編~』金子未来、諸橋麗、諸橋姫向
d0178431_19503910.jpg
6.『屋根裏部屋の女』大迫菜緒、大野嘉子、木原寛子、香取直澄、黒須育海
d0178431_19512593.jpg
そして全員が登場するエンディングで舞台の熱気は最高潮に達したのでした。しかし仕事をしながら踊り続けることは容易な道ではありません。楽しさの中で、これからもダンスを続ける方途を懸命に考えている若者達です。変わることない皆様の更なる応援をよろしくお願い致します。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2013-11-17 20:25 | Comments(0)

明日土曜日は若さあふれるUDCアフターズ公演!!

「ダンスブリッジ」や日韓の「デュオダンス・フェスティバル」と、舞台経験豊富なダンサーの公演が続きましたが、明日土曜日にはがらりと変わって若さあふれる「UDCアフターズ」公演が開かれます。

全国各地の大学の学生が結集して毎年春開かれる「UDC(ユニバーシティ・ダンス・クロス)」公演。そこで踊ってきた学生達が卒業後も踊り続けている者が集まり、企画実施するのがこの公演です。

今回は、平成17年度から23年度に東京女子体育大学と同短期大学を卒業した13名が集結し、男性ダンサーと芸人さんがゲスト出演して、7つの作品で構成する公演です。卒業後は、教員をはじめさまざまな職業につきながらも、ダンスに取り組み続けている者ばかり。大好きなダンスへの情熱が爆発する熱い熱い公演となることでしょう。
d0178431_15371450.jpg
公演は16時からと19時からの2回です。まだ余席がありますので、お越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2013-11-15 15:53 | Comments(0)

日韓のデュオダンス・フェス、6組が熱き競演を繰り広げる

日韓の小劇場がネットワークを結んで企画した「トーキョー×ソウル デュオダンス・フェスティバル」が9日(土)と10日(日)に3回公演が行われ、両国の5チームが参加して見どころたっぷりな競演を繰り広げました。

日本から参加したのは、山﨑麻衣子&渡辺久美子、笠井晴子&白髭真二、笠井瑞丈&上村なおかの3組。この3組は、セッションハウスでの公演に先立って相次ぎ韓国に招かれ、ソウルのドリームファクトリーで5日間にわたって踊ってきたばかり。その踊り重ねてきた成果が如実に見えるのびのびとした舞台を披露してくれました。

片や韓国からはイ・クァンソク&ホン・ミンジン組と共に、民俗舞踊のチャ・ミョンヒ&チョン・ミョンヒの組が参加、コンテンポラリーダンスと同じ舞台を共有し伝統の持つ奥の深い世界を見せてくれ、ジャンルを越えて幅広く踊りの楽しさを伝える場となりました。

プログラム順に公演の模様をご覧ください。
d0178431_1659056.jpg
           山﨑麻衣子&渡辺久美子『共犯』
d0178431_172533.jpg
          笠井晴子&白髭真二『マンホールレイン』
d0178431_17104688.jpg
韓国重要無形文化財履修者のチャ・ミョンヒ&チョン・ヨンヒ組は2つの伝統舞踊『晋州教坊クッコリ舞』と『口音劍舞』を休憩を挟んで披露。
d0178431_1785275.jpg
d0178431_17115259.jpg
         笠井瑞丈&上村なおか『記憶の彼方』
d0178431_17132758.jpg
         イ・クァンソク&ホン・ミンジン『息する殻』

ソウルでの公演には日本舞踊の坂東扇菊&坂東扇輔組が参加、大喝采をあびたとのこと。双方でそれぞれの伝統舞踊を披露して、お互いの舞踊文化を理解しあう機会となりました。人と人が向き合う最少単位のデュオダンスに特定し、国境を越え、世代を越え、ジャンルを越えて交流しあうフェスティバルです。
d0178431_20423265.jpg
公演初日にはアフタートークも行われ、アドバイザーの舞踊評論家・乗越たかを氏の司会で、韓国側プロデューサーのイ・チョルジュン氏と日本側プロデューサーの私が、共同制作者のチェ・ピョンジュさんの通訳を通して、小劇場でダンスのフェスティバルをしていくことの意義を語り合い、これからも続けていくことを約し合うひとときとなりました。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2013-11-12 18:40 | Comments(0)

韓国勢も来日、デュオフェス明日開幕

「トーキョー×ソウル デュオダンス・フェスティバル」に参加する韓国の2組が昨日来日、さっそく夜には照明・音響の下見も行って、出演順も決まり、後は照明合わせから公演を待つばかりとなりました。
d0178431_23502825.jpg
来日したのはコンテンポラリーダンスのイ・クァンソクさん&ホン・ミンジンさんの組と伝統舞踊のチャン・ミョンヒさん&チョン・ミョンヒさんの組。ジャンルの異なるダンスで韓国文化の奥深さが伝わってくる下見のひとときでした。引率してきたリーダーのイ・チュルジンさんは、「ダンスの魅力をお客さんに伝えていくためにも、伝統舞踊もコンテンポラリーダンスも境界線を越えて舞台を共有しあうことが大切だ」と語っていました。

日本の3組との競演、からだの持つ可能性をさまざまな角度から見せてくれる作品の数々で、見応え十分の公演になることでしょう。9日(土)は19時から、10日(日)は14時と18時の3回公演です。このまたとない機会をお見逃しなく、お出かけ下さい。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2013-11-08 00:17 | Comments(0)

日韓デュオダンス・フェス間もなく開幕

東京のセッションハウスとソウルのドリームファクトリーがスモール・シアター・ネットワークを結び、日韓のダンス交流を図っていく「トーキョー×ソウル デュオダンス・フェスティバル」東京編が間もなく開幕します。

人と人との出会いの原点とも言えるデュオダンスに焦点をあてるこの企画には、韓国からコンテンポラリーと伝統舞踊の2組を迎え、日本の3組と舞台を共有しあう交流プログラムです。

韓国側の来日を前に昨夜、日本側3組の照明・音響の下見が行われました。いずれもソウルでの5日間にわたる公演を経験してきただけに、スペースいっぱいに堂々とした踊りっぷりを見せてくれました。
d0178431_1465586.jpg
            山﨑麻衣子&渡辺久美子『共犯』
日本女子体育大学在学中にデュオグループ「PaGi(パギ)」を結成した2人による作品。異なる方向性を主張しある2人が、ある時ふと一致してしまう滑稽さ、面白さ、怖さなど、人の衝動の不思議さ、不条理さを描いていきます。
d0178431_1505137.jpg
          笠井瑞丈&上村なおか『記憶の彼方』
今年、横浜赤レンガホールでデュオ作品「海とクジラ」で高い評価を受けた2人による新作。2つの身体を通して、人間の持つ聴覚と音との関わりを問いかけていく冒険のダンスです。
d0178431_1491280.jpg
         笠井晴子&白髭真二『マンホールレイン』
これまでにデュエット作品を踊ったことのある2人による新作。マンホールに降る雨をキーワードに、変化していく人間関係を表出し「雨降って地固まる」2人の瞬間を切り取っていきます。

韓国の2組は明日木曜日に来日し、その夜下見が行われます。どのようなダンスを見せてくれるか楽しみですが、ダンスが熱い日本と韓国です。必ずや人と人との関係のさまざまが見えてくるスリリングなフェスティバルになることでしょう。9日(土)19時、10日(日)14時、18時の3回公演、お見逃しなきよう、お越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2013-11-06 02:14 | Comments(0)