ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年最後を飾る若い作家たちの展覧会始まる

ガーデンで今年最後を飾る東洋美術学校卒業生によるグループ展「2」が15日(日)から始まりました。
d0178431_01291241.jpg
この展覧会は、今年8月に初めてのグループ展を開いたメンバーを軸に6人が再結集、夏以降も精力的に制作し続けた作品をまた見てもらいたいとの想いで開いたものです。参加しているのはガーデンでダンサーをモデルにしたクロッキー会を主宰している吉田卓史、松本純一の両君をはじめ、江上浩生君の男性3人と、山根一葉さん、足立真央さん、内田智恵さんの女性3人の個性豊かな若い作家ばかりです。当然のように描く内容や表現方法はさまざまですが、いずれも東洋美術学校卒業後もさまざまな仕事をしながら、制作し続ける熱意がひしひしと伝わってくる作品群です。
d0178431_02094474.jpg
細密画のような細やかな筆致の作品もあれば力強い筆致の作品もある。中にはユーモラスな立体作品もあったり、独特な形のキャンバスに描いた平面作品もあったりで、異なる作品群が見事なハーモニーを創り出しています。
d0178431_02235836.jpg
d0178431_02270318.jpg
d0178431_02291099.jpg
この展覧会「2」は21日の土曜日まで開催しています。何かと気忙しい年の瀬ですが、若い作家たちの作品世界に静かに浸ってみるのも一興です。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2013-12-16 02:38 | Comments(0)

渡辺一枝トークの会「福島の声を聞こう!」8回目開かる

昨年3月から始めた「渡辺一枝トークの会・福島の声を聞こう!」の8回目が一昨日の日曜日(8日)、いつもの2Fギャラリーから地下スタジオに場所を変えて開かれました。今回はゲストスピーカーに飯館村の酪農家、長谷川健一さんに来ていただき、ご自身が被災後撮り続けてこられた映画『飯館村 わたしの記録』を上映するとともに、原発事故の被災地が今なお抱えている問題点を語っていただきました。
d0178431_256187.jpg
放射能に汚染される前までは、50頭の乳牛を飼育していた長谷川さんですが、国の情報隠しで大混乱の末全村が計画的避難地域となって、絞った牛乳を捨てたり、大切に育ててきた牛達を移転したり殺処分にしなければならぬという辛い決断を強いられたのでした。家族も3カ所に分散、美しかった村も農作業が出来なくなった田圃や畑は草ぼうぼうとなっていきました。映画はその変わりゆく村の姿を記録に残さなければと思い立ち、長谷川さんが初めてビデオカメラを手にして撮影してきた貴重な記録です。
d0178431_392479.jpg
75分にわたる映画の上映後、休憩をはさんで2部ではスライドで静止画を映しながら、長谷川さんが凛とした語り口で村が直面している多くの問題点を次々と指摘していくトークのひとときとなりました。「原発さえなければ」と牛舎の壁に書いて縊死した酪農家の仲間を失った悲しみを語る長谷川さんが、具体例を上げて指摘する線量計の数値の誤魔化しや、上辺だけ取り繕った除染作業で事足れりとする国や行政の無責任なやり方には、会場の中からも驚きかつ怒りの声が上がりました。
d0178431_3501523.jpg
牛たちと共に暮らしてきた長谷川さんは今は仮設住宅住まいを強いられ酪農の道を断たれた無念さを抱きながら、マスメディアでは村で起きていることの本当のことは伝えられていないとの思いから、映画を作り各地で実情を伝える活動をしています。そして、その生活感に基づいた活動は、国を越えてドイツやベルギー、韓国などの人々との連帯へと拡がっています。強行採決されてしまった特別秘密保護法が施行されたら、いっそう原発の情報隠しが酷くなるのではと危惧するトークの会主宰者の渡辺一枝さんですが、会場からの声もあって、長谷川さんがお話になったような現実を広く知らせていく方途を考えていこうとの意思を確認しあう会となりました。
d0178431_4202573.jpg
このトークの会「福島の声を聞こう!」は、来年も続きます。次回の内容が決まり次第お知らせしますが、一人でも多くの方が被災地の方の生の声を聞いていただき、これからどうしていったらいいのか、語り合い考えていただきたいものと願っています。
なお、長谷川健一さんは写真集や「原発に“ふるさと”を奪われて」などの本も出しておられます。放射能禍でどんなことが起きているのかを知るためにも、トークの会にお出でになられなかった方にも一読をお奨めしたい本です。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2013-12-10 04:45 | 渡辺一枝トークの会 | Comments(0)

「カトルカール」多彩な作品の競演で大賑わい

7日(土)女性4人の振付家による「カトルカール」公演が行われ、女性パワーが咲き乱れる1日が過ぎていきました。

“ダンスの女子会”とも言われるようになったこの公演も4回目。いずれも舞台経験豊富な女性振付家により、ソロあり、デュエットあり、群舞りありの組み合わせで、手法ももさまざま。詰めかけたお客さんもダンスの多様性を楽しむひとときとなりました。プログラム順に舞台写真をお楽しみください。
d0178431_05411100.jpg
             花岡良枝『幸せ種まき』
     出演:花岡良枝、栗原美沙都、辻たくや、つちや瑞希
d0178431_0585184.jpg
d0178431_0573158.jpg
              矢沼礼子『渡り鳥』
出演:野上貴美子、池田理枝、森まどか、吉武香、安達雅、矢沼礼子
d0178431_101165.jpg
d0178431_1273656.jpg
             古園井美果『地におちる』
d0178431_128311.jpg
d0178431_124186.jpg
      あらた真生『熱帯ワルツ』出演:ASUKA、あらた真生
d0178431_132250.jpg
いま元気いっぱいの“ダンスの女子会”、次回はどんな女性振付家たちが集まって、どんなテイストのダンスが創り出してくるのか、これからがいっそう楽しみになってくるプログラムです。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2013-12-09 01:23 | Comments(0)

カトルカール公演間もなく

4つの材料、同分量が基本パウンド・ケーキ“カトルカール”にちなんで始まった公演は4回目を迎え、今週の土曜日7日に4人の女性振付家による作品によるホットな競演が行われます。

今回作品を発表するのは花岡良枝、矢沼礼子、古園井美果、あらた真生の4人。いずれも舞台経験豊富な人たちですが、異なるテイストの競演でどんなカトルカールが出来上がるか、興趣の尽きない舞台になりそうです。
火曜日の夜行われた照明・音響の下見の様子をお届けしましょう。
d0178431_22394844.jpg
花岡良枝『幸せ種まき』
出演:花岡良枝、栗原美沙都、辻たくや、つちや瑞希
d0178431_2251941.jpg
矢沼礼子『渡り鳥』
出演:野上貴美子、池田理枝、森まどか、吉武香、安達雅、矢沼礼子
d0178431_2252679.jpg
古園井美果ソロ『地におりる』
d0178431_22524899.jpg
あらた真生『熱帯ワルツ』  出演:ASUKA、あらた真生

公演は16時と19時30分の2回ですが、16時の回は既に満席になっています。お出でになりたい方は19時30分の回にお早目にご予約ください。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2013-12-04 23:02 | Comments(0)