ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

13回目を迎えた「福島の声を聞こう!」被災者の心の内は今・・・

東日本大震災から」もう3年と9ヶ月。先週の12日(金)、2Fガーデンで渡辺一枝トークの会「福島の声を聞こう!」の13回目が開かれました。

今回のゲスト・スピーカーには、原発事故の影響が残る南相馬市から、ボランティア団体「フロンティア南相馬」(NPO法人)の代表理事を務めている草野良太さんに来ていただきました。草野さんは地震直後から救援活動を始めた方で、家は目の前まで襲ってきた津波の被害からかろうじて免れたものの、原発事故後は家族を岩手に避難させて自身は残り、支援物資のマッチングや配達に携わってきました。家族は全員無事で五体満足な自分として出来ることは何かと考えながら、こどもの支援事業や被災者同士の結びつきを強化するための情報の発信事業など、さまざまな支援活動に取り組んでいる方です。
d0178431_17125520.jpg
その体験談を語りながらも、草野さんは復興が遅々として進まず、補助金の分配問題などから被災者の中に亀裂が拡がり、田んぼや漁場などの働く場所を奪われた人達に出来ることは家に引きこもるかパチンコ屋で憂さ晴らしをするしかないことなどを見て、心を痛める日が続いていると語られるのでした。かつて「要は金目でしょ」と被災者の心を逆なでするような発言をした大臣がいましたが、絆を強め復興を進めていくどころか、それとは真逆に人間関係を破壊していっている現状に、強い憤りを感じていることを語って下さいました。そして客席からもドキュメンタリー映画の制作者など支援のあり方を考えている方々からの発言も相次ぎ、活発な意見交換の場となりました。
d0178431_17134340.jpg
こうした被災地の姿にかかわらず、一昨日の選挙では原発再稼働を公言する与党が大勝、オリンピックを前に復興事業での人手不足が顕著になってくるなど、先行きに希望の兆が見えない現在、自分達はどのような発言をし、どのような行動をしていけるのか、改めて痛覚させられるトークの会でした。
なおこのトークの会、当然のことながら来年も続きます。次回は来年の3月3日に予定しています。また、この「福島の声を聞こう!」に来て下さった方々の証言を収録した本『3.11後を生き抜く7人の証言』(本1,200円+税)が間もなく出版されます。会にお出でになれなかった方にも是非読んでいただきたい貴重な証言集です。ご希望の方は下記の所にお申込み下さい。
オフイスエム:〒380-0821長野市上千歳町1137-2 アイビーハウス2F
TEL/026-219-2470 FAX.026-219-2472 e-mail:order@o-emu.net(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2014-12-16 17:15 | Comments(0)

今年最後のD-zone番外編「あめがふりはじめる裋(みじかいしたぎ)」公演終わる

昨日の土曜日、今年最後となるD-zone番外編の「あめがふりはじめる裋」の公演が行われ、静かな時間が流れていきました。
d0178431_1539467.jpg
この長いグループ名の「裋」は中国では今も使われていますが、日本では平安時代に使われていた古い漢字で「みじかいしたぎ」という意味だとのこと。
安間靖晃さん、長谷川智之さん、村松立寛さんの男性ばかり3人によるユニットは、旗揚げから2年余。世界の何処にでも伝えられる“無声演劇”という手法で、独特な世界を創り出してきました。
d0178431_15413914.jpg
ユニットの6作品目となる『夜職人と、その夜』と題された演目は、星空の下ベンチのある公園で静かに交錯しあう男たちの物語。その静かな台詞のない語り合いは、見る私たちに穏やかな気持ちにさせる不思議な力がありました。
d0178431_15475375.jpg
d0178431_15501496.jpg
ダンサーたちの単独公演をサポートするD-zoneフェスティバル、来年は2月から始まります。ユニークな数々の公演を提供していくこのプログラムに、来年もご注目のほどよろしくお願い致します。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2014-12-14 15:52 | Comments(0)

濃密な演目が続いた日韓デュオダンス・フェス終わる

今年で2年目となる「トーキョー×ソウル デュオダンス・フェスティバル」が6日(土)と7日(日)に行われ、日韓のコンテンポラリー・ダンスと伝統舞踊の多彩な競演に、濃密な時間が流れていきました。

d0178431_03024587.jpg

今年のデュオ・フェスには、日本からはコンテンポラリー3組と日本舞踊1組、韓国からはコンテンポラリー1組と伝統舞踊1組が参加、国境を越えてダンスのさまざまを見ることの出来る機会となりました。プログラム順に写真で公演の熱気を感じ取って下さい。

d0178431_03035164.jpg

[今津雅晴&長谷川寧:Men on a Ledge

d0178431_03050167.jpg
d0178431_03054896.jpg

[坂東一る&坂東あき:三社祭]

d0178431_03062145.jpg
d0178431_03065615.jpg

[イ・ヨドク&ソン・ユンソン:テガムノリ]

d0178431_03072853.jpg

この演目は、掛け合い漫才のようなユーモラスな言葉が飛び交い、お客さんの中から独身男女を舞台に引き入れての笑いを誘う楽しい舞台となりました。

d0178431_03080570.jpg

[香取直登&黒須育海:RE-DIVISION

d0178431_03082575.jpg
d0178431_03103548.jpg

[イ・ヨドク&ソン・ユンソン:チョンウプ ソルチャンゴ舞]

d0178431_03110459.jpg

 [中村蓉&豊福彬文:シェルフィッシュ]

d0178431_03113893.jpg
d0178431_03121530.jpg
[キム・ボラム&チャン・キョンミョン:共存Coexistence

d0178431_03123993.jpg

2時間近くの舞台が終わり、帰るお客さんの中からは「面白かった」「来て良かったなあ」という声があちこちから聞こえてきました。評論家の中からも「コンテンポラリーと伝統舞踊を一緒に見れる機会はそうはないよ」との意見も聞かれましたが、アフター・トークで韓国のキム・ボラムさんが「コンテンポラリーも伝統舞踊も体を使うという基本は同じ、舞台を共有するのに違和感なんてありません」と語っていたのが印象的でした。

この日韓のデュオ・フェスティバル、終るとただちに韓国側のプロデューサーのイチョルジンさんや仲介役の崔柄珠さんらと来年の企画についての話し合いが始まっています。(記:伊藤孝)



 






[PR]
by sh_offstage | 2014-12-09 03:27 | Comments(0)

日韓の伝統舞踊の下見に圧倒された夜

明日に迫ってきた「トーキョー×ソウル

デュオダンス・フェスティバル」を前に、昨日韓国からプロデューサーのイ・チョルジンさんと伝統舞踊のイ・ヨドクさんと、あきさんとの2チームによるテクニカルの下見を行いました。

d0178431_14481552.jpg

坂東扇菊さん門下の2人は、韓国で5回のステージを終えて帰国したばかり。下見は公演時の小道具と異なるもので行ないましたが、演目は1832年江戸中村座で初演しっという歌舞伎踊りの名作『三社祭』です。韓国公演で踊り込んできた成果を見せてもらうのが楽しみです。

d0178431_14500045.jpg

韓国の伝統舞踊は稽古着のままでしたけれど、のっけから勢いのあるチャンゴを叩きながらのスピード感あふれる踊りで、見る者の気持ちをあっという間につかむ迫力満点のものでした。

d0178431_14563276.jpg

この2人は2つの作品を披露しますが「テガムノリ」という作品は、掛け合い漫才のようなユーモラスな台詞も飛び交い、美しい衣装を着けての公演は、きっとお客さんの爆笑を誘う楽しい舞台になることでしょう。

d0178431_14515952.jpg
d0178431_14523969.jpg

韓国のコンテンポラリーのキム・ボラムさんとチャン・キョンミンさんの2人は、今夜遅く来日。今人気のデュオ・グループだけに世界各地から引っ張りだこで、公演直後の月曜日早朝にはヨーロッパに向けて離日するというハード・スケジュール。それだけにどんな舞台を見せてくれるのか、楽しみがつきません。日本チームともども見逃せない作品の数々です。皆様のご来場をお待ちしています。(記:伊藤孝)





[PR]
by sh_offstage | 2014-12-05 14:59 | Comments(0)

日韓デュオ・フェスティバル間もなく

昨年から始まった「トーキョー×ソウル デュオダンス・フェスティバル2014」の公演が今週末に迫ってきました。

昨夜、日本側のコンテンポラリー・ダンス3組のテクニカルの下見が行われました。11月にソウルの小劇場ドリーム・ファクトリーでそれぞれ5回にわたる公演を経てきた3

組です。セッションハウスの公演で、回を重ねるごと踊り込んできたその成果を見るのが楽しみです。

d0178431_16271145.jpg

今津雅晴&長谷川寧『Men on a Ledge

d0178431_16281824.jpg
d0178431_16290251.jpg

香取直登&黒須育海『RE:DIVISION

d0178431_16295862.jpg
d0178431_16310147.jpg
中村蓉&豊福彬文『シェルフィッシュ』
d0178431_16313652.jpg

韓国勢は先ず明日プロデューのイ・チュルジンさんと伝統舞踊の2人が来日、到着早々のその日の夜に日本舞踊の組とのテクニカル下見が行われます。

公演は126日(土)、7日(日)14時、18時の3回公演です。日韓の粒ぞろいのコンテンポラリー・ダンスと伝統舞踊の数々に接する絶好の機会です。皆様のご来場をお待ちしています。(記:伊藤孝)




















[PR]
by sh_offstage | 2014-12-03 16:39 | Comments(0)

来年の日韓デュオ・フェスに向け早くもイ・クァンソクの振付作業が始まる

昨年の「トーキョー×ソウル デュオ・フェスティバル」に続いて、先週の「ダンスブリッジ・インターナショナルPART4」で見事なデュエット作品を見せてくれた韓国のイ・ホンジンさん。その彼が公演後のオーディション・ワークショップで選出した2

人の日本人ダンサーへの振付作業が昨日から、東日暮里にある韓国の伝統舞踊家・金美福さんのスタジオで始まりました。

d0178431_18131452.jpg

選ばれたのは舞台経験豊富な愛智伸江さんと若い日本女子体育大学の現役学生の水村里奈さん。初日の昨日はイさんの独特な身体の動かし方を伝える作業でしたが、さすが選ばれた2人です。理解力の早さには感心させられました。

イさんは12月中に10回ほどの振付作業で作品の骨格を創る予定で、来年のデュオ・フェスで発表するという息の長いワークです。

d0178431_18125200.jpg

デュオ・フェスの日韓の共同創作作業として初めての試みです。1年というタームの中でどのような作品に結実していくのか、楽しみがつきません。(記:伊藤孝)



[PR]
by sh_offstage | 2014-12-02 19:19 | Comments(0)