ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

<   2015年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

被災地の高校生が「今伝えたいこと」は・・・「福島の声を聞こう!」16回目開催

先の日曜日の23日、2Fガーデンで渡辺一枝トークの会「福島の声を聞こう!」の16回目が開かれました。

今回のゲストスピーカーは、高校教師の渡部義弘(ワタノベヨシヒロ)さん。渡部さんは福島県内の高校を歴任し、相馬高校に勤務している時に震災に遭遇、放送部の顧問をしたことから生徒たちに自分たちの体験に基づく演劇やドキュメンタリー映画の撮影を創るきっかけを作ってきた方です。
d0178431_17151810.jpg
トークの会では生徒たちの創った映像作品を次々に映写しながら、被災後どんなに悩み、苦しんできたかを伝えるものでしたが、中でも3人の女子生徒が演じる舞台作品「今伝えたいこと(仮)」を記録した映像は、強烈なメッセージを伝えるものでした。
d0178431_2144404.jpg
「どうして分かってくれないんだろう?だってそうじゃないか。私がなにか間違ったことを言った?福島は大変です。放射能に汚染されて、福島に住んでない人達には白い目でみられて、私が悪いの?なんでここまで傷つかなくちゃならないの?なんでけなすの?聞いてほしいだけなのに。・・・」この映像作品をはじめ何点かの作品は、2012年以来全国各地に招かれて上映、NHK杯全国高校コンテストなどで多数の授賞歴も重ね、山形国際ドキュメンタリー映画祭でも上映されて、高い評価を受けてきています。生徒たちは作品を創る中で矛盾にみちた大人の世界に触れたり、水俣や長崎も訪れて被災の意味を深くとらえ直すなどの学習を重ねて成長していったようです。
アンケートにも「演劇の映像の迫力に圧倒されました」「高校生の正直な思いが映像に表れていて胸を打ちました」「若い人の声が痛く突き刺さりました」といった感想が数多く書かれていました。
d0178431_21551984.jpg
「福島の声を聞こう!」次回は11月頃に予定しています。日程と内容が決まり次第HPなどでお知らせ致します。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2015-08-27 21:58 | Comments(0)

地下に花咲かせたTAGの「エデン」公演終わる

昨日の土曜日2回にわたって実施された、宇山あゆみさん主宰のユニットTAGプロデュースによる『エデン』公演は、2人のダンサーの若さあふれる力演で、見応えある舞台となりました。
d0178431_064196.jpg
作品名の通り舞台はずばり“エデンの園”。宇山さんはプログラムの中で大野一雄さんの言葉を借りてこう記しています。
「“何にもないがすべてが備わっているエデンの園”の中で、ごゆるりとお楽しみください」と。
まず舞台はイヴ役の柴田菜々子さんが30分も踊り続けることから始まりました。
d0178431_0111924.jpg
d0178431_0252119.jpg
休憩を挟んで2部では、アダム役の植田崇幸君が四角い木枠の中から静かに動き始めます。
d0178431_0131561.jpg
d0178431_015544.jpg
そして2人が出会い禁断の園へと踏み込んでいき、花散る中で大団円となるシーンで終幕となったのでした。
d0178431_0164314.jpg
d0178431_0181525.jpg
このTAG公演で熱演した柴田さんは9月21日の「ダンス花アワード」に出演、上田君と今回振付を担当した宇山さんは来年1月の「リンゴ企画」に出演が予定されているなど、セッションハウスでの今後の活動も楽しみなダンサー達です。ご期待下さい。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2015-08-23 00:30 | Comments(0)

マドモアゼル・シネマ、ソウル公演間へ向け最後の追い込み

マドモアゼル・シネマが今月27日、昨夏に続いてソウルで開かれるフェスティバル「New Dance for Asia International Festival」(25日~29日開催)に登場します。
d0178431_16123910.jpg
このフェスティバルは韓国の振付家・ダンサーのYu Hosikさんが主宰し、「Gwang Jin International Summer Dance Festival」を改題したもので、韓国はもとよりポーランドやアメリカ、シンガポール、香港などからも参加、セッションハウスからはマドモアゼル・シネマと中村蓉さん(ソロ)が出演します。
会場は「Songang University Mary Hall」という小劇場。今回は人数制限があるため竹之下たまみ、佐藤郁、外園彩織の3名が振付けで審査員も務める伊藤直子と共に渡韓、レパートリー作品『いい子わるい子 子守唄』を20分作品に構成しなおしたもので上演します。先日月曜日、出発を1週間後に控えて開かれた公開リハーサルには、夜遅いのに大勢の方がお出でいただき、参考になる多くのご意見をいただきました。
d0178431_1617068.jpg
d0178431_16181684.jpg
d0178431_16234459.jpg
d0178431_16195810.jpg
7月にd-倉庫での10人で踊った『春の祭典』を成功裏に終えたマドモアゼル・シネマですが、3人という少人数で見せるという試みで、カンパニーとして作品をさまざまな形で提示出来るようになったことは、新たなチャレンジとしてご注目いただけたらと思います。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2015-08-20 16:24 | Comments(0)

D-TAGプロデュース公演『エデン』間もなく

「神楽坂ダンス学校」も終わり、秋に向かってのダンス公演第1弾としてD-zoneフェスティバルの番外編、TAGによる公演が今週土曜日22日に行われます。
d0178431_29502.jpg
TAGは演出振付の宇山あゆみさん達が2013年に結成したユニット。今回の作品は題して『エデン』ということで、出演するダンサーは植田崇幸君と柴田菜々子さんの2人。先日行われたテクニカル下見の写真をご覧下さい。
d0178431_2104346.jpg
d0178431_2112581.jpg
公演は22日(土)の15時と19時の2回です。若いダンサーがデュエットでどのようなエデンの園を創出していくのか楽しみな公演です。皆様のお越しをお待ちしています。(記:伊藤孝、写真:鍋島峻介)
[PR]
by sh_offstage | 2015-08-20 02:13 | Comments(0)

神楽坂ダンス学校夏校のプレゼン、賑やかに実施さる

毎夏恒例となった「神楽坂ダンス学校夏校」のプレゼン・ショーイングが昨日日曜日に行われ、総勢31名のダンサーが次々が登場し、賑やかな一日となりました。
8月に入って土曜日、日曜日に実施したクリエーション・ワークショップの成果を問う3作品をはじめ、オイリュトミーのデモンストレーションや「近藤良平リンゴナイト」公開オーディションで選ばれた3作品など多彩なプログラムで、中身の濃いプレゼンテーションに満席の客席から暖かい拍手が送られました。
d0178431_20183359.jpg
①北尾亘 振付『Marina bay sans』
d0178431_20202342.jpg
②中村蓉 振付『YUKIZURI Summer』
d0178431_20211521.jpg
③オイリュトミー・デモンストレーション『おいしい日常』朗誦:笠井禮示 オイリュトミー:浅見裕子
d0178431_20225414.jpg
④石和田尚子『海星物語』
d0178431_20241696.jpg
⑤歌川翔太、中村駿『PAST』
d0178431_20252858.jpg
⑥清水美紗都『CUT !』
d0178431_20392395.jpg
⑦松本大樹 振付『体の声 VOICE』

夏に鍛える「神楽坂ダンス学校」も終わり、これから秋にかけてセッションハウスのダンス・プログラムは、「ダンス花」や「カトルカール」、「ダンスブリッジ・インターナショナル」など見逃せない企画が目白押しです。ご期待ください。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2015-08-17 20:41 | Comments(0)

「純化された感情」をテーマにした松本純一展始まる

セッションハウスの2Fガーデンで、昨日日曜日から1983年生まれの松本純一さんの毎夏開いている3回目の個展「ferocious and relentless」が始まりました。
d0178431_283799.jpg
タイトルは「情け容赦なく、徹底的に」といった意ですが、一見暴力的に見える中にもある徹底的な優しさのようなものを含む「純化された感情」をテーマに、油彩で人物像や動物達を描いた大小の作品13点が展示されています。
d0178431_29377.jpg
松本さんは、当ギャラリーでダンサーをモデルにしたクロッキー会も主宰していますが、ダンサーを描き続けているからでしょうか、これまで以上に一つ一つの作品に生き生きとした動きが表出してきたようになってきた感がします。
d0178431_2104633.jpg
d0178431_2112649.jpg
会期は15日土曜日まで。試行錯誤しながら成長する作家の軌跡が楽しめる展覧会です。皆様のご来場をお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2015-08-10 02:13 | Comments(0)

マドモアゼル・シネマ「春の祭典」公演、盛況裏に終わる

報告が遅くなりましたが、7月29日、日暮里のd-倉庫で始まった「踊りが見たい」の「春の祭典」シリーズ12組のトップをきって、マドモアゼル・シネマが登場、10名のダンサーがストラヴィンスキーの名曲をパワフルに踊りきりました。チケット予約が満席となったため、19時半からの公演に加えて急遽21時から追加公演を実施、夜遅い開演にもかかわらず合せて170名を越えるお客さんが来て下さり、猛暑を吹き飛ばす熱い舞台となりました。
d0178431_2113358.jpg
舞台は一塊となったダンサーの中から、佐藤郁が語るフランスの評論家ジャック・リヴィエールの言葉から始まりました。「これは生物学的バレエである。もっとも原始的な人間の踊りというだけでなく、人間以前の踊りでもある。・・・ここにあるのは、すさまじい成長の勢い、樹液の上昇によるパニックと恐怖、おそろしい細胞の分裂である。荒れ狂い、痙攣し、分裂する、内側から見た春である。」ダンスシアターを持ち味としたマドモアゼル・シネマならではの幕開けです。
d0178431_2123410.jpg
d0178431_21134654.jpg
d0178431_211546.jpg
原田松野さんがデザインした白を基調とした衣裳と、いつもとは違う白塗りのメイキャップで登場したダンサーたちの動きは、黒い壁と黒いフロアの舞台でくっきりと浮き上がり、生贄をささげて暴力的ともいえるロシアの春の到来を迎える物語を紡ぎ出していきました。
d0178431_21161315.jpg
d0178431_21173665.jpg
d0178431_21182944.jpg
d0178431_21291523.jpg
35分余り鳴り響く音楽の中で踊りきった10名のダンサーたち(竹之下たまみ、佐藤郁、外園彩織、鈴木加奈子、古茂田梨乃、須川萌、豊永洵子、中島詩織、蓮子奈津美、堀田果那)と振付の伊藤直子に満席のお客さんから熱い拍手が送られたのでした。(記:伊藤孝)
d0178431_21205960.jpg

[PR]
by sh_offstage | 2015-08-04 21:32 | Comments(0)