ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

<   2015年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ダンスの魅力満載の「ダンスブリッジ・インターナショナル」終わる

10月から続いていた「ダンスブリッジ・インターナショナル」のPart3が21日(土)と23日(日)に行われ、ダンスっていろいろな楽しみ方があるのだなと思わせる魅力満載の舞台となり、今年のシリーズが幕を閉じました。
Part 3に登場したのは日本からは、スズキ拓朗率いる「CHAiroiPLIN」と近藤良平&笠井瑞丈の2組で、いずれも見る人に目いっぱい楽しんでもらおうとユーモラスなシーンが相次ぎ、客席から笑い声しきりの時間となりました。片や韓国からやってきたYu HosikとHang chang Ho & Du Yuの2組は、客席に問いかけるシーンもありつつも、踊る人の想いや動き見るが私達の中に静かに響いてくるものがありました。プログラム順に写真をお楽しみ下さい。
d0178431_446586.jpg
『あばばばば~踊る小説~』作:芥川龍之介 振付・演出:スズキ拓朗 shつ円:池田仁徳、エリザベス・マリー、ジョディ,スズキ拓朗
d0178431_4471383.jpg
d0178431_448054.jpg
d0178431_4484597.jpg
『Inspiration』振付・出演:Yu Hosik
d0178431_4495415.jpg
d0178431_4505613.jpg
d0178431_4523322.jpg
『夢幻』振付・出演:Han chang Ho & Du YU
d0178431_454278.jpg
d0178431_4554369.jpg
d0178431_4564621.jpg
『正直者は笑い死に』振付:近藤良平 出演:笠井瑞丈、近藤良平
d0178431_5202159.jpg
d0178431_555240.jpg
土曜日第1回公演の後は、ダンサー・トークが行われ、近藤良平の軽妙な司会の下、それぞれの作品創りの話で盛り上がり、ダンサー同士の間にブリッジがかかる時間となりました。
d0178431_512677.jpg
「ダンスブリッジ」は3回ともそれぞれ組み合わせ方はさまざまでしたが、2日間続けて見に来る方もいて、ダンスが人の体や心を揺り動かす可能性を持っていることを改めて痛感させられるシリーズとなり、次なる年の展開が楽しみになってきました。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2015-11-23 05:14 | Comments(0)

「ダンスブリッジ・インターナショナル」に参加の韓国組が来日

明日土曜日から始まる「ダンスブリッジ・インターナショナル」Part 3に参加するHang Chang Ho さんとDu Yuさんのデュオ組が昨夜来日、夜遅い到着だったため、場当たりとテクニカル・スタッフとの打ち合わせだけが行われました。
d0178431_3225854.jpg
お二人はタッグを組んで久しいデュオ・グループです。注文に応えてにこやかに息の合ったコンタクトの動きを披露してくれました。
d0178431_326529.jpg
d0178431_328571.jpg
d0178431_329551.jpg
なお、もう一人の韓国からの参加者Yu Hosikさんは、都合で金曜日ぎりぎりの来日となりました。
公演は明日21日(土)は19時から、22日(日)は15時と19時の3回です。日本2組、韓国2組の登場で、どんな多彩な舞台模様が繰り広げられるか、興味の尽きない合同公演になることでしょう。皆様のご来場をお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2015-11-20 03:32 | Comments(0)

「ダンスブリッジ・インターナショナル」Part 3公演間もなく

今年の「ダンスブリッジ・インターナショナル」は大詰めを迎え、今週末の土曜日、日曜日にPart 3公演が行われます。
Part 3には日本から近藤良平&笠井瑞丈のデュオとスズキ拓朗率いる集団「茶色いプリン」の2組が、韓国からHan Chang Ho& Du Yuのデュオと昨年も参加したYu Hosikのソロとの2組が登場します。昨夜は日本組のテクニカルが下見が行われましたが、「茶色いプリン」も近藤&笠井組も演劇的要素も加味した笑いを誘うユーモラスなダンスで、楽しませてくれそうです。
d0178431_2235854.jpg
「茶色いプリン」は全員そろって『あばばばば~踊る小説』と作品を見せてくれましたが、近藤&笠井組は笠井瑞丈が別の公演とぶつかっているため、近藤良平一人で作品の流れを見せるものでした。「茶色いプリン」の一行に近藤良平も乱入してもう一枚パチリ。
d0178431_22589.jpg
近藤&笠井組の作品『正直者は笑い死に』は、昨年も上演した大好評だったものの再演ですが、先頃札幌に招かれて長尺バージョンを踊ってきたばかりで、その経験を生かし新たに構成し直したもので登場します。抱腹絶倒間違いなし。昨年の下見の際の写真からその面白さをご想像下さい。
d0178431_2272283.jpg
d0178431_228993.jpg
韓国勢は明日木曜日に来日します。公演は21日(土)19時、22日(日)は15時、19時の3回です。まだ余席がありますのでご来場をお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2015-11-18 02:30 | Comments(0)

17回目を迎えた「福島の声を聞こう!」

昨日11月11日の水曜日、2Fガーデンで17回目となる渡辺一枝トークの会「福島の声を聞こう!」が開かれました。

今回のゲスト・スピーカーは南相馬市の市会議員の田中京子さん。津波と原発事故に襲われた町で、被災以前から産業廃棄物処理場建設反対運動など、地元の環境問題に取り組んできた方で、被災後は市議として住宅問題や放射能の除染問題など、行政と住民の間をつないで解決の道を模索し続けています。今なお被災時のお話になると声を詰まらせる田中さんでしたが、被災者の現在の姿をさまざまな角度から伝えて下さったのでした。
d0178431_19585454.jpg
田中さんや南相馬に通い続けている一枝さんのお話から、とりわけ印象に残ったのは、被災者の間に広がっている亀裂の問題でした。被災後4年有余経って元の地への帰還問題や住宅建設問題、補償問題などで、ばらばらになった住民の間に新たな亀裂が生じてきていて、複雑化の様相を呈してきているといいます。歳月の経過で仮設住宅の傷みも生じているのに、そこには新たに人と人の繋がりが出来ていて、仮設を出たくないという人も出てきているとのこと。従来のコミュニティが壊された上に、移り住んだ仮設で出来てきたコミュニティがまた壊されかねないというのです。そうした移転問題の複雑さを伺っていると、今更ながら原発事故がもたらした罪深さを痛感させられました。
d0178431_2001232.jpg
今は安保法制の強硬採決などもあって人々の関心事が拡散しているからでしょうか、昨日の参加者は決して多くはなかったのですが、被災地の人々の中に亀裂の拡がっていることに心を痛め、多くの人が手を上げて熱心に質問したり意見を語る会となりました。
d0178431_202419.jpg
会場には福島のお婆さんたちが作った手芸品や手書きカルタなども展示され、来場者の注目を集めていました。
d0178431_2010482.jpg
このトークの会、記憶が拡散しがちな現在ですが、来年ももちろん継続開催していきます。
開催日は決まり次第セッションハウスのHPなどで発表しますので、皆様の参加をお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2015-11-12 20:10 | Comments(0)

三者三様のダンスがスパークした「ダンスブリッジ」Part 2終わる

10月31日(土)と11月1日(日)と月をまたいで実施された「ダンスブリッジ・インターナショナル」Part 2は、シンガポールからT.H.E. Dance Companyを迎えて、杏奈さんのソロ作品と松本大樹さんのトリオ作品で、三者三様のテクニックを駆使してコンテンポラリーならではの魅力を伝える熱い舞台となりました。
最初に登場したのはシンガポールの若い男女4人のダンサー。ノイズムに所属していた後田恵さんがその1人だったのは嬉しいことでした。
d0178431_255846.jpg
天井から吊るしたペンダント・ランプだけの照明と、最後には舞台上に貼ったリノリウムをダンサー自身が剥がしていくサプライズもあって、激しい27分が過ぎていきました。作品名は題して『Pellucid』。
d0178431_28824.jpg
d0178431_285339.jpg
d0178431_294097.jpg
休憩をはさんで次はガラッと変わって杏奈さんのソロ作品『架空線上のB』。ボディ一つで誕生から死までの意識を16分の中に凝縮した作品で、濃密な時間が過ぎていきました。
d0178431_2112018.jpg
d0178431_212845.jpg
d0178431_2125915.jpg
続いて最後を飾ったのは松本大樹さんが森本裕子さん、菅原圭輔さんと踊った『狭き偶然 線になろうとする脆さ』と題した作品。胸に浮かんできた様々なイメージで綴った作品とのことで、めくるめくシーンが展開していきました。
d0178431_2141894.jpg
d0178431_2152499.jpg
d0178431_2161651.jpg
そして初日の公演後には、シンガポールの振付家クイック・スイーブンさんを交えてダンサー・トーク。お互いの作品の創り方など振付家同士が語り合う貴重な時間となりました。
スイーブーンさんは、スペインのナチョ・ドゥアトをはじめ、イリ・キリアンオハッド・ナハリンらそうそうたる振付家の下で踊ってきた人ですが、今は主に振付家としても活動が多いことから、自分より年上の杏奈さんや大樹さんが現役でバリバリ踊っているのに驚き、手を合わせて拝む仕草をして笑いを誘っていました。
d0178431_217293.jpg
「ダンスブリッジ・インターナショナル」次なるPart 3は11月21日と22日。韓国から2組を迎え、近藤良平と笠井瑞丈のデュオ作品とスズキ拓朗率いるグループの作品との競演で、これまた賑やかな舞台となりそうで、乞うご期待です。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2015-11-04 02:20 | Comments(0)