ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

<   2016年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今年もマグナム・マダムの季節がやって来た!

毎年春恒例となった「マグナム・マダム」の公演が間近となってきました。山口夏絵が率いる「社会で闘っている同世代の女性達を元気づけたい!」を動機に活動するアラーフォーおんなのダンス集団の公演は6回目となります。
d0178431_01244100.jpg
今年結集したのは8名の粋=生きのいい女性達。先日行われたテクニカル下見で早くも、熱気むんむんのパワーあるダンスとユーモラスな寸劇入りのパフォーマンスを見せてくれました。題して『マダム盛り、花盛り』。
d0178431_0134784.jpg

出演するのは山口夏絵をはじめ、石和田尚子、稲村はる、歌川椎子、大熊絢子、川谷麻理子、ノリエ・ハマナカ、宮内愛の面々です。
d0178431_0144459.jpg
d0178431_0152890.jpg
公演は5月3日(火・憲法記念日)は19時開演、4日(水・みどりの日)は13時、16時の開演です。ゴールデンウイークの1日、元気いっぱいの女性達のオーラを受けとりにお出でになりませんか?皆様のお出でをお待ちしています、(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-04-30 00:16 | Comments(0)

2Fガーデンで「衣裳の記憶」展開催中!

現在、セッションハウスの2階ギャラリー【ガーデン】で、フランスの舞台写真家でダンス衣裳のコレクターであるジャン・クチュリエさんと、マドモアゼル・シネマや「リンゴ企画」の舞台衣裳を一手に引き受けているデザイナーの原田松野さんとの合同デッサン展が開かれています。題して「衣裳の記憶version2」展。
d0178431_127142.jpg
2人の合同展は今年で3回目、昨年の衣裳展を受けて今回は、ジャンさんが蒐集した古くは1899年からのものもあるというダンスやバレエの衣裳デッサンをマネキンに着せた衣裳とともに展示、原田さんはマドモアゼル・シネマや「リンゴ企画」のために制作した衣裳のデッサンを舞台写真とともに展示しています。
d0178431_12815.jpg
ジャンさんの展示コーナーの前で
d0178431_1292750.jpg
d0178431_1345477.jpg
原田さんの展示コーナーの前で
d0178431_1431680.jpg
原田さんの展示コーナーの前で古典的なものと現在のものが違和感なく空間を構成、舞台衣裳の発想の原点が見えてくる楽しい展覧会です。5月2日(火)まで開催していますので、ぜひギャラリーに立ち寄ってご覧になって下さい。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-04-29 01:44 | Comments(0)

ユニークな構成でMOCOBA Dance Company公演終わる

一昨日の9日土曜日、D-zoneフェスティバルの第4弾としてMACOBA Dance Companyの公演「ダンスのおはしvol.3」が行われました。
d0178431_1936396.jpg
東京大学大学院でダンス教育の研究にも携わる木場裕紀君と伊藤雅子さんが主宰するカンパーだけに、毎回踊った後には出演者が全員登場してトークしあうというユニークな構成による公演で、タイトルの「ダンスおはし」とは、「お=踊る、は=話す、し=思考する」という意味でありました。また副題に「日本とオーストラリアのコンテンポラリーダンス」とついているように、5人の日本人ダンサーの作品とともに、オーストリアからカイル・シャンクスさんが参加、フィジカルシアターで練り上げてソロダンスを披露してくれました。
d0178431_19375958.jpg
#1『雪どけ』振付・出演:伊藤雅子・木場裕紀
d0178431_1939172.jpg
#2『対(つい)』振付:坂田尚也 出演:坂田尚也・津曲希昌
d0178431_19401341.jpg
#3『私のお父さん』振付:伊藤雅子 出演:伊藤雅子・宮本悠加
d0178431_19425162.jpg
#4『Ore』振付・出演:Kyall Shanks
d0178431_19435966.jpg
#5『無限公転』振付:木場裕紀 出演:木場裕紀・伊藤雅子・坂田尚也・津曲希昌・宮本悠加
d0178431_19474980.jpg
#6講演会『オーストラリアのコンテンポラリーダンス』
さわやかなダンスとともに、研究者ならでは知の雰囲気を醸し出す新たな公演の在り様にチャレンジする公演でした。
D-zoneフェスティバルは、ちょっと間を置いて5月21日清水美沙都さんの振付で5人のダンサーが踊るユニット“&dot”の『スニーカーのための5つの前奏曲』の公演です。次にはまたどんなダンスが飛び出すのか、楽しみの尽きないD-zoneフェスティバルです。ご期待下さい。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-04-11 19:52 | Comments(0)

D-zoneフェス、先週に引き続き若いユニットが登場

今週9日の土曜日、D-zoneフェスティバルの第4弾として、先週に引き続き若手のダンス・ユニットMAKOBA Dance Companyが登場します。
東京大学大学院でダンス教育の研究に携わりながらダンサーとしての活動をしている木場裕紀さんと伊藤雅子さんが中心となって結成したカンパニー。公演は題して「ダンスのおはし」。「おはし」とは「お・・・踊る」「は・・・話す」「し・・・思考する」の意で、ダンサーとダンサーを結ぶ「橋bridgeになりたいとの思いも込められているということです。昨夜のテクニカル下見では、5人のダンサーがデュオ3作品とグループ1作品が紹介されましたので、そのさわやかな踊りっぷりをご覧ください。
d0178431_1219338.jpg
d0178431_1220154.jpg
d0178431_12211150.jpg
d0178431_12215618.jpg
なお、この公演にはオーストラリアからカイル・シャンクスさんが参加しますが、来日が遅れているため下見は欠席、公演でのソロダンスの披露が楽しみです。
公演は15時と19時、2公演とも終演後には研究者ならではのトークの会が開かれます。皆様のご参加をお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-04-06 12:25 | Comments(0)

異質な“舞”生みだしたDance Project Revo公演終わる

一昨日の日曜日、D-zoneフェスの第、Dance Project Revoの公演が行われました。京都造形芸術大学在学中にUDCにも参加したことのある田村興一郎さんが率いるユニットで、横浜ダンスコレクションで奨励賞を受賞という実績を経て、自らのソロダンスと新しい振付で『余裕の朝』と題した新作を披露、1回限りの公演に集中するテンションの高い舞台となりました。
d0178431_1591878.jpg
『余裕の朝』舞台は繁華街の早朝。身体のクセ者たちが集う空間に、異質な“舞”を生みだす。そんな想いで「人間観察をモチーフに」した3人の男達が蠢いていく不思議な世界が紡ぎ出されていきました。
演出・振付:田村興一郎 出演:池上たっくん、杉本昻太、室田敬介
d0178431_211634.jpg

d0178431_224024.jpg
d0178431_235872.jpg
脱演劇、脱舞台が叫ばれた1970年代のムーブメントを思い起こさせるような公演もありました。
D-zoneフェス、第4弾は今週の9日土曜日、木場裕紀さん率いるMACOBA Dance Companyの登場です、またどんなコンテンポラリーダンスの世界を見せてくれるか、楽しみです。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-04-05 02:06 | Comments(0)

50人が熱演した「ダンス専科」公演終わる

昨日の土曜日、満開となった桜情報も聞こえてくる中、5つのクラスのワークショップ参加者による毎春恒例の「ダンス専科」公演(2回)が盛況裏に実施されました。
d0178431_20173810.jpg
短期間の集中ワークショップでクリエーションを行い、作品を仕上げて舞台にのせて行く「ダンス専科」公演。今年は5人の講師の下に総勢50名が参加、2つの作品に参加する猛者も4名に上りました。日本舞踊からコンテンポラリーまで、さまざまなダンス手法に挑むワークショップ生の創作の成果を見てもらおうという公演で、花冷えも吹き飛ぶ熱気のこもる「春の祭典」となりました。プログラム順に5組の舞台写真をお楽しみ下さい。
d0178431_2042502.jpg
坂東扇菊振付『間』―古典の日本舞踊を踊ろう
d0178431_20435246.jpg
d0178431_20444971.jpg
鈴木竜振付『アノヒノアレ』
d0178431_20455491.jpg
d0178431_20465651.jpg
笠井瑞丈振付『未来のカラダ』
d0178431_20482966.jpg
d0178431_20493550.jpg
平原慎太郎振付『Still Stay to Stand』
d0178431_2052645.jpg
d0178431_20525490.jpg
伊藤直子振付『いい子わるい子子守唄』―マドモアゼル・シネマ・レパートリー作品より
d0178431_20541452.jpg
カーテンコールでは講師一同揃って顔見せてくれました。
d0178431_20594946.jpg
左より香取依里(舞台監督)、鈴木竜、平原慎太郎、笠井瑞丈、伊藤直子 ※坂東扇菊さんは次回公演の準備のため不在

「一度は舞台に立って踊る姿を見てほしい」。そんな熱い想いにあふれる「ダンス専科」公演も終わり、セッションハウスのダンスプログラムは満開の季節を迎えています。ご期待下さい。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-04-03 21:04 | Comments(0)

D-zoneフェス第3弾Dance Project Revo公演間もなく

D-zone フェスティバルの第3弾として、4月3日の日曜日、Dance Project Revoの公演が行われます。
このカンパニーは田村興一郎さんが京都造形芸術大学在学中に結成したユニット。京都を拠点に国内で多種多様な作品を発表し続けています。主宰の田村さんは横浜ダンスコレクションEX2015コンペティションⅡ新人振付家部門で奨励賞を受賞。田村さんは同コンペで2016にもファイナリストに選出されました。今回の公演は受賞作のソロ作品と新作『余裕の朝』の2作品を上演します。
d0178431_12385059.jpg
d0178431_12401098.jpg
公演は19時からの1回です。お見逃しなきよう、お越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-04-01 12:41 | Comments(0)