ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

<   2016年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

近藤良平週間が始まった

先日の水曜日の夜、渡仏以来40年というパリからやって来た伝説のトランぺッター沖至さんとのセッションを始め、今週土曜日と日曜日には近藤良平ディレクションの「ダンスブリッジ・インターナショナル」のPART 1が始まるなど、近藤さんが大活躍する週間が始まりました。まず始まりは28日の沖さんとの2階のギャラリーでの出会いから開幕です。
d0178431_182426.jpg
夜9時45分という遅い開演にもかかわらず、2人の音と体で対話するセッションを目撃しようとする大勢の方が来場し、熱いひとときが過ぎていきました。
d0178431_110642.jpg
近藤さんの芝居心たっぷりな動きや表情に、フリー・ジャズの名手の沖さんが思わず演奏をやめて応じていくというユーモラスな対面もある舞台となったのでした。
d0178431_1104589.jpg
そして、その前日の火曜日夜には、土、日に迫った「ダンスブリッジ・インターナショナル」のテクニカル下見が行われました。今回は近藤さん自らがアコーデオンの達人・清水ゆりさんとのデュオ作品に出演するとともに、旧知の小笠原大輔さんをリーダーとした群舞作品や大西彩瑛さんをリーダーとした日大芸術学部の現役学生の群舞作品などもあって、これまでとは一味違う構成の「ダンスブリッジ」になりそうです。
d0178431_1121225.jpg
『our house』出演:近藤良平、清水ゆり、楽器
d0178431_1131266.jpg
d0178431_1183755.jpg
『そこはきみにまかせるよ』大西彩瑛(リーダー)、尾口伸子、土屋葵、宮本悠加、寺崎ゆいこ、甲斐ひろな
d0178431_121843.jpg
d0178431_1215113.jpg
『あいつは、まだ来ない』内田涼太、佐久間光太、大塚郁実、安岡あこ、国枝昌人、小笠原大輔(リーダー)
d0178431_124933.jpg
更に公演には「コンドルズ」の若手3人の登場も予定されていて、どのような舞台になるのか、楽しみなところです。公演は10月1日(土)は19時、2日(日)は15時と19時からの3回です。まだ余席がありますので、ふるってご来場のほどお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-09-30 01:26 | Comments(0)

充実した舞台展開となった「カトルカール」公演終わる

一昨日の24日土曜日、スイスからの参加者も含む4人の女性振付家の作品による「カトルカールN°11」(2回公演)が行われ、経験豊かなダンサー達のぶれない体の競演で充実した舞台となりました。
絶え間なく水が流れて水音が響く装置やテキスタイルによるユニークな舞台美術など、仕掛けに工夫をこらしたものもあり、舞台空間が作品ごとに変わる楽しみもある公演でした。プログラム順に舞台写真をご覧ください。
1. トニア・シリング『BLUE WATER』
d0178431_21274910.jpg
宙に浮き、自由気ままに、私は輝く水の中に飛んでゆく・・・
d0178431_21491793.jpg
2.古園井美果『夜の始まり』衣装:池田理枝
d0178431_21295493.jpg
夜は何処へ続いているのだろう。夢の中では、何処でも行ける。何にでもなれる。そして、もう会えなくなった人にも会える・・・
d0178431_21322147.jpg
3.二瓶野枝『build』出演:櫛田祥光、二瓶野枝 衣装・テキスタイルデザイン:山村美紀 美術協力:西田秀己 出演協力:矢島みなみ
d0178431_2136724.jpg
男と女は造られていく 長い歴史の中でつくられたステレオタイプ そこに疑問を持たずして情熱は生まれない そして、それは本来とてもシンプルで純粋である 触れ合い、育まれる
d0178431_21413881.jpg
平田友子『按樹~ユーカリ~』衣裳:金田かお里 サウンド・デザイン:江澤千香子 楽曲提供:Dual_N(久木山直・三上直子)
d0178431_21451085.jpg
乾燥地でも良く育ち大地を緑で覆う。根を深く伸ばし、地下水を吸い上げる力が強い。引火性のテンペルを発し、発火しやすく山火事を起こすが、樹皮は燃えやすく火が着くと剥がれ落ち、幹は燃えずに守られる。そして根の栄養で火事の後に新しい芽をつける
d0178431_21382424.jpg

d0178431_2139514.jpg
若手ダンサーの競演の賑わいとはまた違って、アダルトで落ち着いた空気が流れる舞台経験豊かなダンサーによる「カトルカール」のような公演も、今あっていいプログラムだと改めて思えるものでした。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-09-26 21:50 | Comments(0)

「カトルカール」公演に出演のトニア・シリングさんが来日

明日開催の「カトルカールN°11」に出演するトニア・シリングさんが昨日スイスから来日。さっそく夜、テクニカルの打ち合わせにやって来て下さいました。『ブルー・ウォーター』というタイトルの作品で使う特殊な水の装置も持参、スタッフと綿密な打ち合わせをしていました。
d0178431_12293547.jpg
d0178431_12305297.jpg
さてどのような舞台になるのか、日本の3人の女性振付家ともども楽しみの尽きない公演になりそうです。
公演は、明日24日(土)、16時と19時30分の2回です。舞台経験豊かなアダルトな女性振付家の作品の競演をご覧に、ぜひお出かけ下さい。お待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-09-23 12:32 | Comments(0)

「カトルカール」秋編公演間もなく

4人の女性振付家が集い、作品を競う「カトルカール」秋編公演が今週の土曜日に迫ってきました。4つの材料で作るパウンドケーキに因んで名づけされたこの公演も、11回目を迎え今やセッションハウスの名物プロとなっています。
今回結集するのは古園井美果さん、平田友子さん、二瓶野枝さん、それに加えて初の海外からの参加者としてスイスからトニア・シリングさんがやって来ます。一昨日火曜日のテクニカル下見には日本の3人が作品の一端を披露してくれましたので、ネタばれしない程度にご紹介致しましょう。後は見てのお楽しみという次第です。
d0178431_2355334.jpg
古園井美果『夜のはじまり』
d0178431_2363560.jpg
平田友子『樹~ユーカリ~』
d0178431_2372730.jpg
二瓶野『build』出演:櫛田祥光、二瓶野枝
トニア・シリングさんは今日来日、夜行われるテクニカル下見でソロ・ダンスを披露してくださいます。「カトルカール」は、若手ダンサーが結集する「ダンス花」とはまた一味違う舞台経験豊富なダンサーたちによってアダルトな空気を楽しめる公演になりそうです。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-09-22 02:39 | Comments(0)

「ダンス花アドバンス」ファースト・ステージ第2弾終わる

昨日19日の祭日、「ダンス花アドバンス」ファースト・ステージの第2弾の公演が行われ、若い中にも経験を積んできているダンサーたち競演で、濃密なダンス空間が出現しました。
ソロあり、ミュージシャンを交えてデュオあり、群舞ありの舞台写真をお楽しみ下さい
1.tantan『安全+第一』振付・構成・出演:亀頭可奈恵 出演:阿部真理亜、岡安夏音子、佐々木萌衣、吉田圭
d0178431_1731582.jpg
集合!安全確認はじめ!右ヨシ!左ヨシ!前ヨシ!足下ヨシ!平和で安全な毎日を。
d0178431_16291880.jpg
2.西山友貴『sight』
d0178431_16301524.jpg
かたそうなのに やわらかく / こわれそうでいて とてもつよい / 笑顔の奥で 震えている / ちぐはぐな私たち / 同じ場所から見える景色は いつだって重なることはないけれど。
d0178431_16313965.jpg
3.松本武士『蜜―full version―』出演:玉川みなみ、三橋俊平、鈴木隆司、清水駿、松本武士
d0178431_16333122.jpg
蜜になった状況下で、前に進んでいくこと。受け入れること、共にいきていくこと。
『蜜』ダンスフィルムはGreensboro dance film festivalにて2016年9月に公式公開。
d0178431_16344888.jpg
4.入手杏奈・香取直登『アンプレシオン』コントラバス:藤野俊雄 衣装:田村香織
d0178431_16375159.jpg
2016年に吉祥寺美術館で行われた「佐伯和子展―糸の葉―」のコレボレーションイベントで発表されたデュオ作品。
d0178431_16384893.jpg
d0178431_16392348.jpg
この日上演された作品は9月3日に発表された作品とともに、来年2月のセカンド・ステージに向け、更なるステップ・アップが期待されます。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-09-20 16:40 | Comments(0)

若きダンサーのステップ・アップを問う「ダンス花」の秋公演終わる

昨日の17日の土曜日、セッションハウス・アワード「ダンス花」の25回目となる公演が2回にわたって行われ、中学生1人を含む5組の若いグループが「もう一度見てみたい」として選ばれた再演作品で競演しました。デュオ4作品、群舞1作品でしたが、初演から一段とステップ・アップした姿を見せてくれました。プログラム順に舞台写真をお楽しみ下さい。
1.岩本大紀・渡邉茜『egg』
d0178431_13501131.jpg
匿名希望 20代 未だ生まれず
d0178431_1352338.jpg
2.櫻井拓斗×酒井大輝『カフェ・オ・レ』
d0178431_145847.jpg
初演から数ヶ月、僕らはまた一つになる為の避けては通れない苦い壁にぶち当たっていました。エスプレッソとミルクで出来上がった、今回はそんな感じのカフェ・オ・レです。
d0178431_14676.jpg
3.anfit『I my me mine』振付・出演:樋口あかり・酒井銀丈 映像:チョン・キソプ
d0178431_1472888.jpg
支配しあう男女
d0178431_1483775.jpg
4.gosh『ラインジョウノボクラ』振付・出演:松隈加奈子・蓮子奈津美
d0178431_1495267.jpg
そっちの世界はどうですか。
d0178431_1411647.jpg
5.セトナイカ~イ『空母』振付:玉井翔 出演:加藤朱万理、庄司舞、玉井宏美、矢越沙保里、玉井翔
d0178431_14142335.jpg
「結婚式をお空から見てた。」胎内記憶に残る、かすかな『空』花なる大地に 赤い女の子と 青い女の子と 緑の女の子と 黄色い女の子は生まれ、畑を耕す。真っ暗ない土の中から、芽が出てきたなら、さあ、何もかも忘れてしまおう。
d0178431_14153639.jpg
d0178431_14161240.jpg
さて、春編の5作品とまじえて、合わせて10作品の中からセッションハウス・アワードにふさわしい作品が選出されるか、年の暮れの選考発表が待たれるところです。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-09-18 14:18 | Comments(0)

「ダンス花アドバンス」ファースト・ステージ第2弾間もな

9月3日に実施した「ダンス花アドバンス」ファースト・ステージ第1弾に続いてその第2弾が、19日に行われます。今回も若手の伸び盛りの4組が登場し、現在の到達点を示す作品を発表、来年2月のセカンド・ステージに向けて更なるステップ・アップを目指します。
昨夜、今回出演する3作品のテクニカル下見が行われました。
d0178431_1317342.jpg
tantan『安全+第一』出演・構成・演出;亀頭可奈恵 出演:阿部真理亜、岡安夏音子、佐々木萌衣、田端春花、吉田圭
d0178431_13182813.jpg
松本武士『蜜―full version―』出演:玉川みなみ、三橋俊平、鈴木隆司、清水駿、松本武士
d0178431_13192631.jpg
入手杏奈・香取直登『アンプレシオン』コントラバス:藤野俊雄

テクニカル下見にはソロ作品の西山友貴さんとコントラバスの藤野俊雄さんが都合で欠席。それだけに公演ではどのような作品として結実し、いかなる競演とあいなるか、興味のつきない舞台になりそうです。公演は19日(月・祝)の16時と19時の2回です。
そして22日(木・祝)のダンス会議での話し合いを経て、ダンサー達は来年の2月に開催のセカンド・ステージに向けて、ステップ・アップの方途を探っていきます。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-09-15 13:23 | Comments(0)

「ダンス花アワード2016」下半期編公演間もなく

セッションハウスで行われているノンセレクト公演の中から、上・下半期各5組ずつ「もう一度見てみたいダンス作品」として選ばれた「ダンス花アワード」下半期の公演が、今週土曜日に行われます。
昨夜テクニカルの下見が行われましたので、今回の登場する5組をご紹介します。
d0178431_13321347.jpg
anfit『I my me mine』振付・出演:樋口あかり、酒井銀丈
d0178431_13344811.jpg
岩本大紀・渡邉茜『egg』
d0178431_1335487.jpg
gosh『ラインジョウノボクラ』振付・出演:松隈加奈子、蓮子奈津美
d0178431_1338952.jpg
櫻井拓斗×酒井大輝『カフェ・オ・レ(coffee and milk)』
d0178431_13391648.jpg
セトナイカ~イ『空母』振付:玉井翔 出演:加藤朱万理、庄司舞、玉井沙保里、玉井翔

9月17日(土)の16時と19時の2回公演です。若いダンサーたちが月日を経て、どのように作品をステップアップしてきたのか、楽しみな公演です。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-09-14 13:41 | Comments(0)

「ダンス花アドバンス」ファーストステージ公演終わる

昨日の土曜日、「ダンス花アドバンス」公演が行われ、若手振付家による4作品が競演しました。この「アドバンス」公演は、将来有望な次世代を担う振付家が新作を持ち寄り、これからへの意気込みを伝えていこうという企画のファースト・ステージです。
群舞あり、ソロあり、デュエットありのダンスの饗宴でしたが、若いエネルギーが爆発するというよりも、4つの作品には内省的な姿勢が共通して見られたことが特徴的な静かな公演でした。プログラム順に写真からご想像下さい。
d0178431_15404624.jpg
1.Nect『shut』演出・構成:二瓶野枝 出演:安芸純香、有泉汐織、今枝亜利紗、今田直樹、遠藤樹里、風花、牧祥子
d0178431_1542199.jpg
d0178431_15514037.jpg
d0178431_15585666.jpg
2.水越朋『MU / 無有』
d0178431_15595567.jpg
d0178431_15454227.jpg
3.デルトーカ『もう一人が来る Something in the Air』振付・出演:中村理、佐藤郁 映像・脚本:中瀬俊介
d0178431_1547290.jpg
d0178431_15475047.jpg
4.悪童『カラダモアソブ』振付・出演:中村駿、歌川翔太
d0178431_1549659.jpg
d0178431_1550798.jpg
このファースト・ステージの第2弾が19日(月・祝)に行われ、同じく4組が競演します。若い振付家・ダンサー達の作品からどのようなコンテンポラリー・ダンスの地平が見えてくるのか、楽しみの尽きない公演です。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-09-04 16:01 | Comments(0)