ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

<   2016年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

カラダの動きのさまざまを楽しめたAsian dance share house終わる

先週末の22日(土)と23日(日)に行われた「ダンスブリッジ・インターナショナル」PART3の“Asian dance share house”(伊藤直子ディレクション)は、同じアジアとはいえカラダの動きのさまざまを目の当たりに出来る公演として盛況裏に終わりました。
韓国からはソロ作品、香港からはデユオ作品、そして日本からは群舞作品の順番で続いた作品の内容も手法もさまざまでしたが、それぞれの違いを楽しめる舞台となりました。
d0178431_1941286.jpg
1番目に登場したのは、昨年のSCF(ソウル国際振付フェスティバル)から選出された韓国のイ・ジョンインさんの『Skins』と題したソロ作品。音楽DJのイ・デフンさんのライブ演奏の中、テンションの高い動きを見せてくれました。
d0178431_1951386.jpg
d0178431_1961019.jpg
2番名に登場したのは、香港有数の舞踊団Hong Kong Dance Companyからやって来た2人による『Focus on Zero』と題した作品。エン・ショウリンさんとシャ・インさん(上海を拠点に活動するダンサー)の2人の共同振付ですが、踊ったのはシャ・インさんと若いダンサーのソン・コウイさん。手に持った灯りを使うなど特殊な光の使い方で男女の世界を創り出すユニークなダンスを見せてくれました。
d0178431_19233870.jpg
d0178431_19291811.jpg
d0178431_1992935.jpg
そして休憩をはさんで最後に登場したのは、ご存知伊藤直子率いるマドモアゼル・シネマ。7月にシンガポールで現地のダンサーと交流公演で演じたレパートリー作品の『赤い花・白い花』を7人のダンサーが、海外作品とはがらりと色合いも変わって、30分にわたって表情豊かにスピード感あふれるダンスを披露してくれました。
出演は竹之下たまみ、佐藤郁、古茂田梨乃、鈴木加奈子、須川萌、中島詩織、蓮子奈津美。
d0178431_19103983.jpg
d0178431_19112965.jpg
d0178431_19121072.jpg
そしてフィナーレには振付者もまじえてダンサー一同が勢ぞろいして挨拶、熱い拍手の中で幕となったのでした。
d0178431_1915628.jpg
「ダンスブリッジ・インターナショナル」は、まだまだ続きます。11月12日(土)と13日(日)にはPART 4として、韓国を含む4組のデュオ作品が登場し競演します。これまた今旬のダンサーたちによる賑やかな公演になること必定です。お見逃しなきよう乞うご期待です。(記):伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-10-25 19:26 | Comments(0)

具象画の楽しさを伝える高橋誠展「アマルコルド」開催中!

昨日から2Fガーデンでは高橋誠さんの展覧会「アマルコルド」が始まっています。「アマルコルド」というのは古いイタリア語とのことですが、映画の巨匠フェデリコ・フェリーニの映画のタイトルで知られる言葉で、「私は覚えている・・・私は忘れない・・」という意味があるとのこと。
d0178431_144724.jpg
版画やタブロー画を描き続けてきた高橋さんは、日本具象版画展など多数の受賞歴があり、よくガーデンで個展やグループ展を開いてくれる吉田卓史君や松本純一君が学んだ東洋美術学校で後進の指導にもあたっています。
d0178431_14483042.jpg
会場には、アコーデンを弾く人やコックさん、コーヒーを入れる人、鋸を引く職人さんや、スイカやカボチャや鉛筆削りなど、身近にある人や物をユーモラスに描いた作品が展示され、ほのかな空気が流れています。
d0178431_1525079.jpg
「私の絵画は具象画です。でも、写実を目指している訳ではありません。想像画、イメージ画を主に描いています。長い時を経て歪んでしまった記憶や妄想に、形を与えられたらと思うのです。そして、その作品が人の心の琴線に触れて、何らかの感情や感覚をさざ波のように見る人に思い起こすことができたら良いなあと思っております。」(高橋誠)
d0178431_1563248.jpg
この展覧会は29日(土)まで開いています。ぜひお立ち寄りになって「アマルコルド」の世界に浸ってみて下さい。皆さまのお越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-10-21 15:07 | Comments(0)

香港ダンス・カンパニー一行が来日

昨日午後、「ダンスブリッジ・インターナショナル」に参加する香港ダンス・カンパニーの一行が来日、元気な姿を見せてくれました。
d0178431_272299.jpg
左より:エン・ショウリン(振付)、ソン・コウイ(ダンサー)、シャ・イン(共同振付、ダンサー)、ウォン・チンマン(テクニカル・スタッフ)
今回、振付と出演を予定していたエン・ショウリンさんは来日直前に足を痛めたため、振付だけに専念、代わりに若手ダンサーのソン・コウイさんが同行来日、共同振付者でもあるシャ・インさんとデュオ・ダンスを披露することになっています。さっそく夜9時からセッションハウスのスタッフと共にテクニカル打ち合わせを行いました。
d0178431_282637.jpg
昨夜は作品を踊ることなく、場当たりと打ち合わせのみを実施しただけで、踊りの全貌は今夜の照明合わせまでお預けとなりました。それだけにどのようなダンスを見せてくれるのか楽しみなところです。
d0178431_214348.jpg
最後の仕上げのために待機していたマドモアゼル・シネマの一同とも出会い、にこやかな笑顔で「ハイ、パチリ」。
d0178431_2105686.jpg
今日午後には韓国のイ・ジョンインさんが来日します。「Asian dance share house」の陣容が整い、どのような合同舞台とあいなるか、期待が高まってきています。(記:伊藤孝)]
[PR]
by sh_offstage | 2016-10-21 02:12 | Comments(0)

“原発は悲しみを生み出した”元原発勤務者のリアルなトークに戦慄

一昨日の10月18日(火)、渡辺一枝トークの会「福島の声を聞こう!」の21回目が行われ、原発で働いたことのある方のリアルなトークに戦慄を覚える会となりました。
d0178431_046375.jpg
ゲストスピーカーとして来ていただいたのは、浪江町生まれの今野寿美雄さん。今野さんは、事故の前までは福島や女川、東海の原発、JAEAもんじゅなど原子力関連の現場で電気設備や機器の建設工事などにあたっていた方ですが、被災後は「帰還困難区域」が大多数を占める浪江町には住めず福島市に避難してそれまでの仕事をやめて、現在はもっぱら被災地の支援活動、とりわけ「子ども脱ひばく裁判」など原発関係の訴訟の支援者として活動しています。
d0178431_0471716.jpg
原発内部をよく知る者として、除染したといっても今も計測器が振り切れる所も数多く、爆発した原発の内部は高線量の放射能のため人が入ることが出来ずにロボット頼みなのに、そのロボットも次々と原子炉内部で動けなくなったりして、作業も滞りがちなのだと言います。原発内で働く人たちの被曝も深刻な問題で、収束なるものは見通せない状態のようです。親しくしていたご夫妻も癌に侵されて相次ぎ亡くなられたという無念な想いも吐露させる今野さんでした。
d0178431_056195.jpg
今なお浪江町除染作業が終わった土壌の中にはまだ高度の残留放射能。計測器が振り切れる所もあった。(今野氏調査撮影した写真)

その一方で、渡辺一枝さんも語っておられましたが、放射能被害の深刻さを問題にして追及していくと、行政側のみならず一般市民の中からも復興の妨げになるという意見も出てきて、被害者が加害者にように思われる事態まで生じてきているというのです。そして例え「帰還困難区域」が解除されたとしても、残留放射能の危険が払しょくされない現状に、故郷の町に帰るべきか帰らざるべきか、揺れ動く状況に耐えられず自死する人も絶えないとこと。先頃には飯館村の102才の方が天寿を全うすることなく自ら命を絶ったとのことも報告され、被災者の心の闇の深さに今更ながら思い知らされたのでした。
d0178431_10368.jpg
最後に今野さんが語った言葉「原発は悲しみを生み出し続けています」が、通奏低音のように重く響いています。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-10-20 01:04 | Comments(0)

「ダンスブリッジ・インターナショナル」PART3間もなく、外国勢の来日前にマドアゼル・シネマがひと踊り

「ダンスブリッジ・インターナショナル」PART 3伊藤直子ディレクションの公演が今週土曜日、日曜日に迫ってきました。香港ダンス・カンパニーは明日、韓国のイ・ジョンインさんは明後日に来日しますが、それを迎え撃つマドモアゼル・シネマが一足早く昨夜テクニカル下見を行い、その仕上がぶりを元気いっぱい披露してくれました。
d0178431_17123347.jpg
作品は『赤い花・白い花』2004年の初演以来、今年の7月にシンガポールで現地のT.H.E Companyのダンサーと共演、8月には札幌公演で現地ダンサーが踊るなど、再演やコラボレーションの機会に恵まれて踊ってきた作品です。繰り返し構築してきた作品がどのように成長してきたのか、楽しみなところです。
d0178431_17134412.jpg
d0178431_17164813.jpg
d0178431_17181257.jpg
PART 3は名付けて「Asian dance share house」。韓国、香港とアジア同士でもそれぞれ違う「こころ」と「からだ」が楽しめる舞台になるでしょう。公演は22日(土)19時から、23日(日)は15時と19時からの3回です。皆さまのお越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-10-19 17:23 | Comments(0)

絵本とダンスと演劇と・・子供たちも楽しんだ松本大樹ディレクション公演終わる

15日土曜日と16日日曜日に行われた「ダンスブリッジ・インターナショナル」のPART 2松本大樹ディレクション公演は、“こどものための本を開こう”と題して、絵本とダンスと演劇の境界線を越えて橋を架けていこうというもので、子どもたちともども楽しめる舞台となりました。
d0178431_1584588.jpg
原田ゆうさんの作・演出による演劇と谷川俊太郎さんの作品をテキストに松本大樹さんが振り付けたダンスを上演。いずれも宇宙に行ってしまった「ロン」という少年が共通の主人公となって物語が展開していきました。
d0178431_23344222.jpg
第1部『空を仰ぐ』
作・演出:原田ゆう 出演:石山優太、大石丈太郎、山口裕子。矢内久美子(g-クラウド)
紙芝居:こにたろう
d0178431_021360.jpg
d0178431_1294227.jpg
「ジャンルとしては異なる演劇とダンスでも、想像力のスイッチが入れば、ふたつを繋げることができるかもしれません。」(原田ゆう)
d0178431_1311779.jpg
d0178431_1314859.jpg
第2部『うちゅうせんペペペペラン』振付:松本大樹 ダンス:松本武士、佐藤郁、菅原圭輔、三木珠瑛、松本大樹
テキスト:谷川俊太郎作・脚色
d0178431_2111216.jpg
「大好きな絵本が選ばれ、一つはダンスに、もう一つはダンスへつなぐためにお話をかんがえ、演劇をつくりました。」(松本大樹)
d0178431_1345663.jpg

d0178431_1363994.jpg
d0178431_1431031.jpg
d0178431_1443173.jpg
d0178431_1451074.jpg
「ダンスブリッジ・インターナショナル」今週末の土曜日、日曜日、PART 3として伊藤直子のディレクションで“Asian dance share house”と題して、韓国のソロ作品、香港のデュオ作品、日本のマドモアゼル・シネマの群舞作品が競演します。アジア人同士のカラダの動き比べを楽しめる公演です。皆さまのお越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-10-18 01:59 | Comments(0)

本とダンスと演劇の間に架け橋を!「ダンスブリッジ」松本ディレクション間もなく

近藤良平ディレクションから始まった「ダンスブリッジ・インターナショナル」の第2弾、
松本大樹ディレクションによる「CHILDこどものための本を開こう」が今週末に迫ってきました。
d0178431_13131958.jpg
松本大樹さんが目指しているものは、本(物語)とダンスと演劇の間に架け橋を作ること。松本さんが谷川俊太郎さんの作品をテキストに振り付けたダンス作品と、イデビアン・クルーにも参加している原田ゆうさんの作・演出による演劇作品との2本立ての公演です。いずれも「宇宙に行く少年」がキーワードになった作品。昨夜行われたテクニカル下見の写真から、これまでにない組み合わせのプログラムの楽しさをご想像下さい。

BOOK 1. 振付:松本大樹 ダンス:松本武士、佐藤郁、菅原圭輔、三木珠瑛、松本大樹
d0178431_13152384.jpg
d0178431_13161491.jpg
d0178431_13165463.jpg
BOOK 2. 『空を仰ぐ』作・演出:原田ゆう 出演:石山優太、大石丈太郎、山口裕子、矢内久美子(g-クラウド)
d0178431_131747100.jpg
d0178431_13183053.jpg
d0178431_1319827.jpg
公演は15日(土)が19時から、16日(日)が13時と17時からの3回です。子どもともども楽しめる公演です。お子様連れでのご来場、大歓迎。皆さまのお出でをお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-10-12 13:23 | Comments(0)

ダンスと和紙の熱きコラボレーションを展開した鈴木竜公演

先週の土曜日の8日、鈴木竜さんの演出・振付による和紙とコラボレーションするダンス公演「風の強い日に」が2回にわたって行われました。
d0178431_23182136.jpg
舞台には三方の壁には土佐和紙が張り巡らされ、舞台美術も千切った和紙や紙の材料となる楮の枝などが登場、4人のダンサー(浜田あゆみ、金崎洋一、山本香菜子、鈴木竜)が、高知県の代々和紙を作る家に育った浜田あゆみさんの記憶や体験を基にした語りもあって、“失われた時を求めていく”物語が綴られていきました。
d0178431_23114390.jpg
d0178431_23362154.jpg
時代の風が否応なく吹き荒れる今、後継者不足などで多くの日本古来の伝統文化が消滅の危機にありますが、物語の素となった土佐和紙も同様の状況下にあるとのこと。そうした中でその技を次の時代につないでいきたいという職人さんたちの想いが、浜田さんたちのこれまでの暮らしのあり様を大切にしたいという想いと重なり、時には静かに時には激しくダンスの時間が流れていったのでした。
d0178431_23215642.jpg
d0178431_23252430.jpg
演劇の要素も交えた和紙とダンスのコラボという鈴木さんたちのユニークな試みは、コンテンポラリー・ダンスの在り様に一石を投じるものになる、そのような感にとらわれる公演だったように思います。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-10-10 23:37 | Comments(0)

鈴木竜が和紙とコラボする公演、明日に迫る!

新進気鋭の振付家でダンサーの鈴木竜さんが、和紙とコラボするというユニークなD-zone公演が、明日に迫ってきました。ダンスと和紙とのコラボって、これ如何に?
土佐和紙の現地、高知で伝統の技に感動した鈴木竜さんが、地元で活動するダンサー3人と、和紙と対話しあう作品を創作、題して『風の強い日に』。8月の高知市で公演したのは、に続いて、セッションハウスで東京公演をすることになったものです。
d0178431_2305474.jpg
昨夜、四国の地から車で12時間かけて駆けつけてきた3人のダンサー(金崎洋一、浜田あゆみ、山本香菜子)と共に、テクニカルの下見を行いました。舞台美術はもちろん紙きれや和紙の原料となる楮の枝などが登場、そこで展開するダンス物語は、和紙作りという伝統文化へのリスペクトの気持ちがこめられた感が強くするものでした。
d0178431_2321430.jpg
d0178431_2332560.jpg
当日はまだまだ多くの神々ならぬ紙々が張りめぐらされる予定とのこと、それは見てのお楽しみという次第です。公演は明日8日の土曜日、16時と19時の2回だけです。ダンスと和紙との妙味あふれる交感、見逃せない舞台です。皆さまのお越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-10-07 02:39 | Comments(0)

近藤良平ディレクション「ダンスブリッジ」盛況裏に終わる

今年も「ダンスブリッジ・インターナショナル」の季節がやって来ました。今年からはディレクション方式で行うことになり、第1弾は近藤良平さんの仕切り。10月1日(土)と2日(日)に行われた公演は、世代間にダンスの架け橋をという狙いで、若いダンサーが多数出演、笑いも飛び交う賑やかな舞台となりました。
d0178431_113471.jpg
「今回のディレクションは、ひとつ“ぬけ落ちた”“足りていな“ものを揃えています。若者なのに若者らしくない、誠実さがためにふざけてみえる、時代に沿わない音楽。それぞれに見えかくれする面白さがあると思います。そんな断片を楽しんでください。(近藤良平)
まず前座にコンドルズの安田有吾が登場、かつてセッションハウスで踊ったことのある脚立とのデュエットダンスで座を和ませての開幕となりました。
d0178431_054947.jpg
そしてトップバッターで登場したのは、大西彩瑛さんをリーダとした6人の日本大学芸術学部の学生グループ。題して『そこはきみにまかせるよ』
d0178431_0551441.jpg
出演:大西彩瑛、尾口伸子、土屋葵、宮本悠加、寺崎ゆいこ、甲斐ひろな
d0178431_120587.jpg
2番目はコンドルズの今旬の2人の男性ダンサー。称して『名もないタイトル』で息の合ったダンスを披露しました。
d0178431_0575840.jpg
出演:香取直登、安田有吾、ぎたろー(10月2日のみ)
d0178431_0595184.jpg
3番に登場したのは、小笠原大輔さんをリーダーとした7人。ほとんどが小笠原さんの教え子に国枝昌人さんのような中堅ダンサーも参加して、多彩なシーンが展開していきました。題して『あいつは、まだ来ない』
d0178431_121517.jpg
出演:内田涼太、内田恭太、佐久間光太、大塚郁実、安岡あこ、国枝昌人、小笠原大輔
d0178431_134134.jpg
そしてラストは近藤良平さんが登場、CHAiroi PLINでも活躍している清水ゆりさんと楽器群が出演、音楽いっぱいのユーモラスなデュエット・ダンスで大団円となったのでした。題して『our house』
d0178431_1283131.jpg
d0178431_182347.jpg
d0178431_1224259.jpg
この「ダンスブリッジ・インターナショナル」の第2弾は、10月15日と16日。松本大樹さんのディレクションで、大人や子供に架け橋を創っていく公演です。題して『CHILDこどものための本を開こう』。どんな趣向が飛び出すか、楽しい公演になりそうです。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-10-04 01:15 | Comments(0)