ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

若い力が結集した「ダンス花」公演終わる

昨日の21日土曜日、「シアター21フェス」シリーズなどから、観客の心を捉えた作品をセレクトし再演する「セッションハウス・アワード ダンス花」の今年1回目の公演が行われ、5作品が競演しました。
ソロあり、デュエットあり、群舞ありと、去来する想いや物語をそれぞれの手法と構成で工夫をこらした作品の数々で、若さあふれる熱のこもった舞台となりました。
d0178431_1425096.jpg
1.窓際の我ら『nonsense』振付・出演:松元朋佳・吉田ひなこ
d0178431_1443943.jpg
d0178431_13135896.jpg
2.たかおかゆき『Off the shoes』振付・出演:高岡優貴 共演:佐藤琢哉
d0178431_1315211.jpg
d0178431_13154175.jpg
3.恩田和恵『やわらかなせい』
d0178431_13164120.jpg
d0178431_13173127.jpg
4.久保田舞・山口将太朗『ブルー、もしくはブルー』
d0178431_13184267.jpg
d0178431_13193828.jpg
5.浜田亜衣と元日女体の仲間たち『5pieces of dance』振付・出演:浜田亜衣 出演:石橋真美子、磯村奈未、萩原のぞみ、栗田佳苗
d0178431_1321254.jpg
 
d0178431_13222188.jpg
なお2回目の公演の最後に、昨年のダンス花アワードで観客賞を受賞した五十嵐結也君の表彰式が行われました。
d0178431_2141561.jpg
受賞作の「さよならともじくん」はその後、福岡や韓国などいくつかのフェスティバルで上演し人気を博しましたが、その舞台写真を改めて紹介しておきましょう。
d0178431_13234756.jpg
昨日の公演と9月に行われる「ダンス花」の公演から、どんな作品が今年のアワードの受賞候補となっていくのか、楽しみなところです。(記:伊藤孝)
[PR]
# by sh_offstage | 2017-01-22 14:06 | Comments(0)

セッションハウスに春がやってきた!「ダンス花」公演間もなく

セッションハウスの名物プログラム「シアター21フェス」から、もう一度見たいダンスとして選ばれるその年の10作品を、前後半2回に分けてお送りする「ダンス花」の1回目の公演が今週の土曜日21日に行われます。
d0178431_16555666.jpg
昨夜テクニカルの下見が行われましたが、若さあふれる元気のいい5作品が勢ぞろい。「こいつは初手から威勢がいい」公演となりそうな予感がしてきました。
d0178431_1657192.jpg
   たかおかゆき『Off the shoes』出演:佐藤琢哉、高岡優貴
d0178431_1724348.jpg
          恩田和恵『やわらかなせい』
d0178431_174634.jpg
浜田亜衣『5pieces of dance』出演:石橋真美子、磯村奈未、萩原のぞみ、粟田佳苗、浜田亜衣
d0178431_177307.jpg
   窓際の我ら『nonsense』振付・出演:松元朋佳、吉田ひなこ

もう1組、久保田舞・山口将太朗『ブルー、もしくはブルー』は、山口君が下見に来れなかったため、久保田舞さんだけをパチリとした次第でした。
d0178431_1715054.jpg
公演は21日(土)16時と19時の2回です。まだ外の世界は寒風が吹いていますけれど、元気のいい若者たちの舞台をご覧になるときっと春の到来を感じられることでしょう。皆様のお越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
# by sh_offstage | 2017-01-18 17:23 | Comments(0)

2017年を少しでも光さす一年に!

明けましておめでとうございます。世界は人と人の間に「壁」を作る動きが露わになっていて、先行きが見えない状況になっていますが、新しい年が皆さまにとって木の間から少しでも光さす一年になることを願わずにいられません。
d0178431_0442381.jpg
私は今年も例年のようにお正月を鹿児島の地で過ごしてきました。桜島は今年は噴煙を上げることなく静かな凛とした姿を見せていましたが、その中にはいつ噴出するかも知れないマグマがたぎっていることでしょう。私たちも世の中の理不尽なことに対しては、マグマを吐き出すように声を上げていきたいものです。
d0178431_0454465.jpg
桜島を望む海辺にある水族館では、大小さまざまな魚たちやクラゲたちの乱舞する姿に接し、セッションハウスというアクアリウムで今年もダンサーやアーティストたちが活発に動きまわる姿を夢想したものでした。
d0178431_0472772.jpg
d0178431_0481161.jpg
東京への帰りの機内からは、暮れなずむ中、富士山が桜島と同じような凛とした姿を見せてくれました。
d0178431_0515720.jpg
2017年を迎えセッションハウスは昨日4日からダンスクラスが始まり、今週末からはダンス公演が相次ぎます。今年も私たちスタッフ一同、アートやダンスを通してさまざまな「ブリッジ」を架けていくプログラムに力を注いでいきますので、皆様にもどしどし企画にご参集してくださいますよう、よろしくお願い致します。(記:伊藤孝)
[PR]
# by sh_offstage | 2017-01-05 00:54 | Comments(0)

マドモアゼル・シネマの合同公演、盛況裏に終わる

先の17日土曜日と18日の日曜日、セッションハウス25周年を記念してマドモアゼル・シネマが、今年夏札幌のコンカリーニョで公演した際に交流のあった渡部倫子さんらのグループとの合同公演を実施、それぞれの特性を生かした作品の競演で、見ごたえたっぷりの舞台となりました。
d0178431_19443732.jpg
セッションハウス設立2年後の1993年に、振付の伊藤直子の下で誕生したマドモアゼル・シネマは、ダンサーも何回かの代替わりを経て、今では1995年96年生まれのダンサーも加わって若返り、今回はレパートリー作品の『東京物語』の新バージョンを上演。
出演は、今や長老格の竹之下たまみをはじめ、佐藤郁、鈴木加奈子、古茂田梨乃、蓮子奈津美、中島詩織、須川萌の7人が、それぞれの記憶や体験を踏まえたダンス・シアターならではの世界を見せてくれました。
d0178431_18475465.jpg
d0178431_190293.jpg
d0178431_19414477.jpg
d0178431_18192025.jpg
d0178431_18552451.jpg
d0178431_18494356.jpg
d0178431_1820816.jpg
d0178431_18453894.jpg
d0178431_1846279.jpg
片や札幌から駆けつけてくれた渡部倫子さんが創作した作品『Table』には、役者さんも加わった5人が寄り集い、演劇的な要素を加味したダンス物語を上演。
出演は、弦巻啓太、品田彩、柴田詠子、山田裕貴、渡部倫子の5人で、2つのテーブルを使って語りとダンスで綴るユニークな手法による作品世界を提示してくれました。
d0178431_1935168.jpg
d0178431_19304516.jpg
d0178431_19291588.jpg
d0178431_19321511.jpg
d0178431_193376.jpg
d0178431_193416.jpg
d0178431_19345747.jpg
それぞれの創作手法を生かした札幌の皆さんとの合同公演で、いつものマドモアゼル・シネマの単独公演とは一味違う新鮮な舞台となりました。シンガポールや札幌での公演や「ダンスブリッジ」への参加など多彩な経験を積んできた1年でしたが、2016年の活動を締めくくる素敵な公演となったように思います。マドモアゼル・シネマ来年9月にはメキシコでの巡回公演を控えているなど、さまざまな活動が予定されています。来る年も彼女たちの活動にご注目下さいますよう、お願い申し上げる次第です。(記:伊藤孝)
[PR]
# by sh_offstage | 2016-12-21 13:01 | Comments(0)

市野裕子展開催中!

2階のギャラリー【ガーデン】で昨日から市野裕子さんの個展「虚の実・空の間」が開催されています。
d0178431_1555582.jpg
抽象的な色構成の中に、さまざまな想いをこめた作品で人気の市野さんが、当ギャラリーで4年ぶりに開いて下さったものです。「はるかな距離や時間の手ざわりを、フォルムや線、マチエールや色の力を借りながら展開してみたい」と語る市野さんは、永遠のチャレンジャー。アクリルを軸にしたミックスドメディアによるものやドライポイントを含めて大小31点の作品群が見事に空間を構成しています。
d0178431_157420.jpg
d0178431_1574398.jpg
d0178431_158423.jpg
この展覧会、23日(金)まで開かれています。年の瀬の慌ただしい空気の流れる中、市野さんの作品をご覧になって心静かなひとときを送っていただければと願っています。皆さまのお越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
# by sh_offstage | 2016-12-15 15:10 | Comments(0)