ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

女性振付家の祭典「カトルカール」公演間もなく開演

4人の女性振付家が集まって作る4つで一つのダンス公演「カトルカール」が今週土曜日に開催されます。
「カトルカール」も今ではセッションハウスに欠かせない名物プログラム。11回目となる今回、作品を発表するメイン振付家は、井野美瑞希、矢沼礼子、野沢美和子、山﨑麻衣子の4人で、それぞれテイストの違った作品を持ち寄って競演、春の到来を予感させる賑やかな祭典になることでしょう。昨夜行われたテクニカル下見の写真から、その楽しさをご想像下さい。
d0178431_13374683.jpg
山﨑麻衣子『われら、愛と正義を否定する』振付・出演:山﨑麻衣子 / 金刺わたる
d0178431_13391057.jpg
Plough『Cubic』振付・演出・出演:井野美瑞希 出演:依田久美子、青木美帆、神田衣舞、板嵜優、鶴岡れ位子、秋葉直美
d0178431_13403744.jpg
矢沼礼子『Elemental 5~内側と外側~』振付・演出・出演:矢沼礼子 出演:田村裕子、蓬田真美、浜田真梨子、東ゆうこ
d0178431_1341456.jpg
八八二三二三(はっぱふみふみ)『人生とはいとをかし』構成・演出:野沢美和子 振付・出演:あきたけだ、澤田英衣子、瀬川雅代、野沢美和子

公演は2月4日(土)16時と19時半の2回です。今年も女性パワーが炸裂する年になることを予感させる公演です。ご注目下さい。(記:伊藤孝)
[PR]
# by sh_offstage | 2017-02-01 17:03 | ダンス公演 | Comments(0)

ピアノ曲のダンス化に挑戦する近藤良平「とさか計画」公演、好評裏に終了

近年、ブルグミュラーに始まり毎年ピアノ曲のダンス化に挑戦してきた近藤良平の「リンゴ企画・神楽坂とさか計画」の公演が、28日(土)と29日(日)に行われ、お客さんともどもダンスと音楽を目いっぱい楽しめる舞台となり、好評裏に終了しました。
d0178431_292784.jpg
d0178431_212168.jpg
今回、取り上げたた楽曲は、カナダ生まれの天才的な作曲家と言われるチリー・ゴンザレスのピアノ曲。ダンサーにとっても乗りのいい曲が相次ぐのですが、どこかメランコリーな空気の流れる曲調で、明るいダンス・シーンの中にも哀愁もただよう不思議な世界が展開していきました。
d0178431_2315022.jpg
近藤良平曰く「20世紀以前の作曲家ではなく、ツイッターでもつながる同じ時代に生きる作曲家です。この大男から繰り出される曲たちはなんともマイナー系コードで多く語られます。そしてシューベルトやドビュッシーとはまた違う音楽に出会います。」
d0178431_2213998.jpg
「とさか計画」お馴染みの廣澤麻美さんの卓越したピアノ演奏の下、近藤良平ほか5人の若手ダンサー(三輪亜希子、石和田尚子、歌川翔太、中村駿、清水美紗都)が、楽曲一つ一つの原題とは違った「ひっつき虫」「おねだり」「お姉さんと俺」「恋バナ」「断れない男」といったタイトルを付けた場面に入れ替わり登場し、男と女、男と男、女と女などの人間模様をユーモラスに描いていく舞台が展開していきました。
d0178431_2242816.jpg
d0178431_229554.jpg
d0178431_2332141.jpg
d0178431_3112812.jpg
d0178431_2342354.jpg
d0178431_235789.jpg
衣裳はこれまた毎回お馴染みの原田松野さんが担当、今回はビニール製のごみ袋をアレンジするという意表をつくものでした。さらに原田さんの提案で壁面や床面にモンドリアンの絵のようにテープを張り巡らし、空間を引き締めてくださいました。
d0178431_236470.jpg
d0178431_314174.jpg
d0178431_2411299.jpg
d0178431_2401334.jpg
ダンス界のみならず音楽界からも注目されている近藤良平の挑戦は、来年もまだまだ続きます。次はどんな楽曲と向き合っていくのか、今からまた次回が待たれる興味津々の企画なのです。(記:伊藤孝)
[PR]
# by sh_offstage | 2017-02-01 03:15 | Comments(0)

近藤良平「神楽坂とさか計画」公演間もなく。今年はフランスの天才音楽家の曲に挑戦だ!

今年も皆様お待ちかねの近藤良平さんが舞台監督を務めるリンゴ企画「神楽坂とさか計画」の季節がやって来ました。彼は近年ブルグミュラーをはじめ楽曲のダンス化に挑戦し続けていますが、今年は旋律の魔術師と言われるカナダの音楽家チリー・ゴンザレスの曲に挑戦。お馴染みのピアニスト廣澤麻美さんの演奏の下、5人の若手ダンサーとともに舞台を構成していきます。
d0178431_20133372.jpg
出演は近藤良平さんの他、石和田尚子、三輪亜希子、歌川翔太、中村駿、清水美紗都の皆さん。若くても舞台経験を積んでいるダンサーが勢ぞろい、どんなダンス・シーンを見せてくれるのか、楽しみの尽きない公演になりそうです。昨夜行われたテクニカル下見の写真からご想像下さい。
d0178431_2014351.jpg
d0178431_20161421.jpg
d0178431_20165322.jpg
d0178431_201828.jpg
衣裳はいつも意表をつくデザインで驚かされるお馴染みの原田松野さん。原田さんは衣裳だけでなく、舞台美術にもユニークなアイディアを提供し、良平さんやスタッフらと楽しそうに打ち合わせをしていました。
d0178431_20191277.jpg
公演は28日(土)は16時と19時から、29日(日)は14時と17時の合わせて4回です。まだ余席がありますので、皆様のお越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
# by sh_offstage | 2017-01-25 20:22 | Comments(0)

若い力が結集した「ダンス花」公演終わる

昨日の21日土曜日、「シアター21フェス」シリーズなどから、観客の心を捉えた作品をセレクトし再演する「セッションハウス・アワード ダンス花」の今年1回目の公演が行われ、5作品が競演しました。
ソロあり、デュエットあり、群舞ありと、去来する想いや物語をそれぞれの手法と構成で工夫をこらした作品の数々で、若さあふれる熱のこもった舞台となりました。
d0178431_1425096.jpg
1.窓際の我ら『nonsense』振付・出演:松元朋佳・吉田ひなこ
d0178431_1443943.jpg
d0178431_13135896.jpg
2.たかおかゆき『Off the shoes』振付・出演:高岡優貴 共演:佐藤琢哉
d0178431_1315211.jpg
d0178431_13154175.jpg
3.恩田和恵『やわらかなせい』
d0178431_13164120.jpg
d0178431_13173127.jpg
4.久保田舞・山口将太朗『ブルー、もしくはブルー』
d0178431_13184267.jpg
d0178431_13193828.jpg
5.浜田亜衣と元日女体の仲間たち『5pieces of dance』振付・出演:浜田亜衣 出演:石橋真美子、磯村奈未、萩原のぞみ、栗田佳苗
d0178431_1321254.jpg
 
d0178431_13222188.jpg
なお2回目の公演の最後に、昨年のダンス花アワードで観客賞を受賞した五十嵐結也君の表彰式が行われました。
d0178431_2141561.jpg
受賞作の「さよならともじくん」はその後、福岡や韓国などいくつかのフェスティバルで上演し人気を博しましたが、その舞台写真を改めて紹介しておきましょう。
d0178431_13234756.jpg
昨日の公演と9月に行われる「ダンス花」の公演から、どんな作品が今年のアワードの受賞候補となっていくのか、楽しみなところです。(記:伊藤孝)
[PR]
# by sh_offstage | 2017-01-22 14:06 | Comments(0)

セッションハウスに春がやってきた!「ダンス花」公演間もなく

セッションハウスの名物プログラム「シアター21フェス」から、もう一度見たいダンスとして選ばれるその年の10作品を、前後半2回に分けてお送りする「ダンス花」の1回目の公演が今週の土曜日21日に行われます。
d0178431_16555666.jpg
昨夜テクニカルの下見が行われましたが、若さあふれる元気のいい5作品が勢ぞろい。「こいつは初手から威勢がいい」公演となりそうな予感がしてきました。
d0178431_1657192.jpg
   たかおかゆき『Off the shoes』出演:佐藤琢哉、高岡優貴
d0178431_1724348.jpg
          恩田和恵『やわらかなせい』
d0178431_174634.jpg
浜田亜衣『5pieces of dance』出演:石橋真美子、磯村奈未、萩原のぞみ、粟田佳苗、浜田亜衣
d0178431_177307.jpg
   窓際の我ら『nonsense』振付・出演:松元朋佳、吉田ひなこ

もう1組、久保田舞・山口将太朗『ブルー、もしくはブルー』は、山口君が下見に来れなかったため、久保田舞さんだけをパチリとした次第でした。
d0178431_1715054.jpg
公演は21日(土)16時と19時の2回です。まだ外の世界は寒風が吹いていますけれど、元気のいい若者たちの舞台をご覧になるときっと春の到来を感じられることでしょう。皆様のお越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
# by sh_offstage | 2017-01-18 17:23 | Comments(0)