人気ブログランキング |
ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

D-zoneフェス若いダンサーたちの人生の意義を問う公演相次ぐ

猛暑の日々が続く8月ですが、セッションハウスでは暑さにも負けず大学卒業後も踊り続けている若いダンサーたちの
D-zone公演が相次ぎました。それぞれ構成や踊り方は異なっていますが、若者ならではの周りの人たちとどう関わっていったらよいのかを問うものでした。

d0178431_21235053.jpg
まず、810日(土)にはUDCなどで活躍した伊藤史織が3人の仲間と2回公演を実施。作品名は「あぁ・・・センチメンタル実家」と題して、家庭の中に内在する家族それぞれの想いや感情に焦点をあてて、演劇的でユーモラスのシーンを交えて踊る公演となりました。
d0178431_21233573.jpg
出演:伊藤史織、仙田麻菜、高橋 遥、畑中 実
d0178431_21244447.jpg
d0178431_21251529.jpg
また、817(土)、18日(日)には、亀頭可奈恵が振付けを担当する日本女子体育大学

出身の4人のユニット「tantan」が3回公演を行いました。

d0178431_21293896.jpg

作品は題して「理想」。自分とは何か、社会人になるとはどういうことか、これから何処に向かって生きて行けばよいのか・・・人生哲学を問うさまざまな場面を言葉とダンスで問いかけていく舞台でした。

d0178431_21295909.jpg

出演:岡安夏音子、佐々木萌衣、吉田圭、亀頭可奈恵

d0178431_21301900.jpg
d0178431_21303244.jpg
d0178431_21304837.jpg
まだまだこれから伸びしろのあるダンサー達です。これからの活動にも注目していきたいと思います。なお、「tantan」は12月に今回の作品の続編として「現実」と題した作品での公演を予定しています。乞うご期待です。(記:伊藤孝)























# by sh_offstage | 2019-08-18 21:36 | Comments(0)

演劇をベースに新たな舞台表現に挑戦する“平泳ぎ本店”公演終わる

83日(土)と4日(日)に行われたD-zoneフェスの第2弾は、演劇をベースに新たなパフォーマンス表現を模索しているユニット“平泳ぎ本店”が公演を行いました。一つの戯曲を演じるのではなく、いくつもの古今東西の文芸作品からインスパイアされた断片的なシーンを構成して見せる新たな試みに挑戦するもので、独創的な舞台となりました。

d0178431_12242500.jpg
このユニットは、文学座の演劇研究所で舞台表現を学んだ男性ばかり7名で結成したもので、昨年に引き続いての挑戦でした。
d0178431_12243736.jpg
d0178431_12244984.jpg
出演は小川哲也、河野竜平、宍倉直門、鈴木大倫、松本健資、松本一歩、丸山雄也の皆さん。若さあふれる力のこもった台詞廻しと動きでダイナミックなパフォーマンスを披露してくれました。
d0178431_12251177.jpg
d0178431_12252384.jpg
d0178431_12253694.jpg
d0178431_12255079.jpg
演劇をベースにダンスなどとの境界線を越えた表現を模索する彼らの挑戦はまだまだ続いていくようです。またどのような舞台を見せてくれるか、これからも要注目です。(記:伊藤孝)


# by sh_offstage | 2019-08-05 12:27 | Comments(0)

マドモアゼル・シネマ新作公演に向けてばく進中!

本格的な猛暑の到来を前にしたこの頃ですが、それにも負けじとマドモアゼル・シネマは振付の伊藤直子の下、9月の新作公演に向けて振付作業に熱が入ってきました。

d0178431_21230740.jpg
d0178431_21281845.jpg
今回は2人の女優を迎えて、これまでとは一味も二味を異なるダンス・シアターで、作品名は題して「彼女の椅子(仮)」。遠くセルビアから日本にやってきた高橋ブランカさんとマドとは度々共演してきているドイツから駆けつけた村雲敦子さんが参加し、国境を越え移動する女性たちの「生きていく場=椅子とは何か」を問いかけて作品です。そうした意味からも「(仮)」というカッコつきの言葉は決して仮のタイトルではありません。
d0178431_21263155.jpg
d0178431_21264807.jpg
d0178431_21275748.jpg
それぞれ暮らしの習慣などが微妙に違う異国に嫁いで暮らす2人の女性が語る言葉に、それを迎えた7人の女性たちがダンスで応えていきます。
d0178431_21360809.jpg
d0178431_21482009.jpg
日本の私たちとの架け橋を作ったサラエボ出身の歌姫ヤドランカの歌声などが流れる中、静かに綴られていくダンス物語です。リハーサルにはロシアのウラジオストックからやって来たフォトグラファーのマルガリータさんも来場し国際的雰囲気の中、興味深そうにシャッターをきっていました。
d0178431_21390460.jpg
流浪の生涯の中で「過度にくつろぐようなことの方がよいのだ」とパレスチナ出身の比較文学研究者エドワード・サイードが語ったように、現代に生きる私たち一人一人の居場所は決して確かなものではありません。そうしたことに思いを致しながら皆様にもぜひご覧いただきたい作品です。公演は97日(土)19時、8日(日)14時、18時の3回です。皆様のお越しをお待ちしています。

(記:伊藤孝)


# by sh_offstage | 2019-07-20 21:40 | Comments(0)

Dancesemble 第1回公演、賑やかに終わる

今年もD-zoneフェスの季節がやってきました。昨日土曜日、その第1弾として藤平真梨さんが主宰するDancemble1回目の公演が開かれました。藤平さんのソロ・ダンスに始まって総勢18名が出演する群舞で、賑やかな舞台となりました。

d0178431_12305790.jpg
藤平さんのソロに続いて、ダンス・プロパーはもちろんさまざまな仕事をしている面々が
持ち味さまざまなダンス・シーンを次々と展開していきました。題して出演者一人ひとりが主人公というメッセージを籠めて「シュジンココーー!」。
d0178431_12321567.jpg
d0178431_12330603.jpg
d0178431_12344986.jpg
d0178431_12363159.jpg
d0178431_12365054.jpg
d0178431_12372142.jpg
d0178431_12380095.jpg
d0178431_12383988.jpg
d0178431_12390986.jpg
ご覧になった方々と踊ることの楽しさを共有しあった公演でした。これからもどんな活動を展開していくのか、楽しみなダンス・アンサンブルです。(記:伊藤孝)






# by sh_offstage | 2019-06-30 12:39 | Comments(0)

多彩な作品が競演・近藤良平リンゴナイト・スペシャル終わる

“私は舞台に立つ”を合言葉に、近藤良平により選出された作品による「リンゴナイト・スペシャル」公演が15日(日)に行われました。

d0178431_02154303.jpg
今回は新たに選出された出演者とゲスト出演者をまじえて11作品が登場、熱い競演が繰り広げられました。

プログラム順にその多彩だった舞台をご想像ください。

d0178431_02160111.jpg

      1.鯨井千咲・塙睦美「ほんとものがたり」

d0178431_02161842.jpg

             2.佐久間尊之「目覚め」

d0178431_02164648.jpg
3.中村ミキ「fly」

d0178431_02171805.jpg
  4.横尾咲子「豆々しい女」(メキシコからの参加)
d0178431_02174820.jpg
      5.あきたけだ「would you like dance with me」
d0178431_02182008.jpg
 6.玉谷ゆかり「work」
d0178431_02183614.jpg
7.橋本かな子「sign on
d0178431_02185363.jpg
8.福泉陽花・小島弘基「夢は夢の中の夢でしかない」
d0178431_02192272.jpg
9.風音(水上静)・晴居彗星「ヤジルシ」
d0178431_02193744.jpg
10.星野綾子「はなのすきなうし」
d0178431_02225049.jpg
11.伊藤まこと・甲斐ひろな「Dogs Have No Hell
d0178431_02230640.jpg
12.山田暁・大津歩未・宮悠介「君の街まで」

既に舞台経験豊富な人もこれからの人も交えて、舞台に立つことの喜びや楽しさを共有しあえた公演でした。参加者一人ひとりにとってステップアップしていく貴重な経験になったことでしょう。(記:伊藤孝)























# by sh_offstage | 2019-06-18 02:30 | Comments(0)