人気ブログランキング |
ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

台風一過“ふぞろいなぱいなぽー”公演敢行

各地に河川氾濫などの大きな被害をもたらした台風19号、その接近のため土曜日の公演を取りやめという事態になったd-zoneダンスフェスの“ふぞろいなぱいなぽー”公演は、台風一過の昨日13日(日)、交通機関も運転再開したことから2回の公演を実施することが出来ました。

d0178431_23340867.jpg
お茶の水大学出身の7人が、卒業後就職、結婚、出産、転職、育児などの人生経験を経て、いまダンスにさまざまな想いを籠めた作品を仕上げた公演となりました。題して「パイナポーの収穫祭」。
d0178431_23341904.jpg
出演は大塚由祈子、堀菜穂、山本麻由、伊藤まこと、中村あかね、松浦愛、荻江瞳の7人です。
d0178431_23360296.jpg
「早いもので私たちが大学で出会ってから12年、ふぞろいなぱいなぽー結成から10年の月日が経ちました。/ 在学中はもちろん、卒業してからも、楽しいこと、苦しいこと、それぞれのメンバーの人生の節目に寄り添いあってきました。/ 人生の色々な選択をしながら、今ここにいる。そして、今もダンスで繋がれている。/ こんなにも嬉しいことはありません。」

                                 (チーフコレオグラファー堀菜穂)

d0178431_23344084.jpg
d0178431_23345517.jpg
d0178431_23351923.jpg
d0178431_23353568.jpg
d0178431_23354642.jpg
d0178431_23361380.jpg
d0178431_23362945.jpg
d0178431_23370287.jpg
d0178431_23371234.jpg
観客とも交歓しあう場面も多々あって、踊る彼女たちもお客さんも共に楽しめる時間が過ぎていったのでした。一人ひとりがそれぞれの活動をしながらも、これからも時には寄り集まって“ふぞろいなぱいなぽー”の舞台を創っていくとのこと。更なる展開を期待しましょう。(記:伊藤孝)


# by sh_offstage | 2019-10-14 23:40 | Comments(0)

ダンスの面白さを追究する“ふぞろいなぱいなぽー”の公演間もなく

D-zoneフェスティバルの第6弾として、アミューズメントなダンスを目指すユニット“ふそろいなぱいなぽー”が、今週末に単独公演を実施します。UDCなどでも活躍したお茶の水女子大学の同期生で結成したユニットで、卒業後もさまざまな職業につきながら、ダンスや演劇等で舞台経験を積んできた面々が時には寄り集まって行う公演で、今回は名付けて『ぱいなぽーの収穫祭』。7人のダンサーが愉快で多彩なダンス場面を見せてくれます。

昨夜行われたテクニカル・リハ―サルの写真からその楽しさをご想像下さい。

d0178431_21473800.jpg
パフォーマー:大塚由祈子、中村あかね、堀菜穂、松浦愛、山本麻由、荻江瞳、伊藤まこと
d0178431_21481488.jpg
d0178431_21484472.jpg
d0178431_21490662.jpg
d0178431_21492065.jpg
d0178431_21493292.jpg
d0178431_21494847.jpg
公演は12日(土)19時、13日(日)13時と17時の3回です。観客の皆様と交歓しあう場面も数々あります。皆様のお越しをお待ちしている次第です。

しかし、大型といわれる台風19号が接近中との報があることが気がかりなことです。予定通り開催できることを念じるばかりです。(記:伊藤孝)




# by sh_offstage | 2019-10-09 21:59 | Comments(0)

成果を問うジュニア・カンパニーL.A.B.の3年目の研究発表会報告

3年目に入ったセッションハウスを拠点に鈴木竜が主宰するジュニア・カンパニーL.A.B.の研究発表会が昨5日(土)に行われ、受講生たちの振付による5作品でそれぞれのトレーニングの成果を問う舞台が展開していきました。

d0178431_00592087.jpg
「できるようになるまでやらせない」のではなく、「とりあえずやらせる」ことで各々のイマジネーションを形にする能力と、作品に対する責任感を養うために行っているこの秋の研究発表会。これからを担う若手ダンサー・振付家達を、皆様に青田買いして頂きたいという思いで、今年から「青田会」と名付けさせて頂きました。(鈴木竜)

プログラム順にソロあり、群舞ありの舞台の様子をお楽しみください。

1.「karma」振付・出演:三田真央

d0178431_00593115.jpg

d0178431_00594792.jpg


d0178431_01000763.jpg
2.「Integrartion」

振付・演出:齊藤コン 出演:大森美沙、牧野彩季、後藤華歩、齊藤コン

d0178431_01045256.jpg
d0178431_01050382.jpg
d0178431_01051754.jpg

3.「撲思燈糸」振付・出演:金子小梅、鈴木日向子

d0178431_01070881.jpg
d0178431_01072444.jpg
d0178431_01074210.jpg

4.「もがいた先」振付・出演:今泉香名子

d0178431_01080948.jpg
d0178431_01083094.jpg
d0178431_01084474.jpg
5.「MURE」

振付・出演:嶋澤のどか、栗朱音、陶山識野

d0178431_01085790.jpg
d0178431_01092557.jpg
d0178431_01094486.jpg

文化芸術を取り巻く不穏なニュースも聞こえてきますが、私としてはそれを跳ね飛ばすくらいの強度のある作品を我々アーティストが作り続けなければいけないと考えています。L.A.B.がそれを出来る人間を生み出すためのひとつの土壌のような存在としてあれるよう、これからもメンバー一同精進してまいりますので、これからも応援のほどよろしくお願いいたします。(鈴木竜)














# by sh_offstage | 2019-10-06 01:18 | Comments(0)

ベテラン作家・香川英美さんの初個展始まる

セッションハウスの2Fギャラリー【ガーデン】で昨日101日から、愛知芸大時代からシルク印刷の手法に興味を持ち、卒業後はシルク工房で働きながら長年制作活動をしてきた作家が、70歳にして初めて開く初個展が始まりました。

d0178431_13544741.jpg
香川さんが今回展示するのは、風景写真を背景に箔で図形を描くという20余点の作品群です。
d0178431_13550501.jpg
香川さんは絵画の歴史における描きたい対象物=オブジェクトと背景の関係を追究したいとさまざまな試みを続けて結果、ビルの入り口やデパートなどの透明ガラスに貼られた衝突防止用のシールと、ガラスに映る景色との関係にヒントを得て、写真を背景としてその上にオブジェクトを描くという方法に行きついたと言います。その関係を際立たせるために金や銀等を使った作品を展示し、光の当て方によって微妙に見え方が変化する、それを楽しんでもらいたいと語っています。
d0178431_13561860.jpg
d0178431_13553394.jpg
d0178431_13552061.jpg
d0178431_13563328.jpg
香川英美さんの「背景とオブジェクト」展は、10日(木)まで開催中です。会場では香川さん異次元に連れていってくれる作品のコンセプトなどを話して下さいますので、ぜひギャラリーに立ち寄ってみてください。(記:伊藤孝)


# by sh_offstage | 2019-10-02 14:00 | Comments(0)

新プログラム「アカイクツ」1回目の公演盛況裏に終わる

セッションハウスは、継続してダンスを創り、送り届けている振付家を応援していますが、彼ら(彼女ら)の世界を赴くままに演出してもらう新プログラム「アカイクツ」の1回目の公演「I am space 私は空間、場である」。が28日(土)、29日(日)に行われました。
d0178431_01181842.jpg
1回目は、平田友子さんがプロデュース。彼女をはじめMILLAさん、尾形直子さんのソロ3作品による競演。それぞれ現役ダンサー、振付家として活動をするともに、ヨガ指導者や整体師などをしながら「おどる身体」を探求し続けている方たちです。一人ひとりの違いと共通するものを、プログラム順に舞台写真でお楽しみください。
d0178431_01184740.jpg
1.MILLA fog
d0178431_01185932.jpg
「うすぐもりの朝焼けの中 あれが私かどうか 確かめてみよう」(MILLA)と、光と影、オブジェを生かして踊るダンスでした
d0178431_01192170.jpg
d0178431_01193553.jpg
d0178431_01194913.jpg
2.尾形直子『メカニズム』
d0178431_01200107.jpg
美術作家・須永健太郎さんの協力で生まれた仕掛けのあるバケツ、そこに落ちる水音とともに踊るダンスでした。
d0178431_01201342.jpg
d0178431_01202982.jpg
d0178431_01212209.jpg
3.平田友子『緑の石、蜥蜴、蝶―work for stillness#3
d0178431_01214384.jpg
長屋のり子さんの詩集を読み聞きながら踊るダンスでした。
d0178431_01222909.jpg

d0178431_01302885.jpg
1回目の「アカイクツ」公演は長年カラダとの向き合い方を探求してきたダンサーたちが集い、盛況裏に終えることが出来ました。
d0178431_01310586.jpg
この新プログラム、またダンサーや振付家のプロュースでどのような企画が生まれてくるのか、乞ご期待です。(記:伊藤孝)

# by sh_offstage | 2019-09-30 01:34 | Comments(0)