ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

あの時代のことを語りたい

プロデューサーの伊藤孝です。

昨日8月9日は長崎の「原爆の日」だった。今日はダンスやアート以外のことを語ることを許してほしい。

8月、今年は日本の敗戦後65年という節目だからだろうか、テレビでは例年以上に多くの戦争にまつわるドキュメンタリー番組やドラマが放映されている。私はダンスや展覧会の企画を進めていく一方で、少年時代に疎開地から広島への原爆投下の閃光を目撃した者として、そうした番組やニュースに無関心ではいられない。そして10年か15年か早く生まれていたら、自分も戦場に行き人に銃を向けていたかも知れないのだ。そう想像するにつけ、あの時代に起きたことが他人事とは思えなくなってくる。

そうしたニュースや番組を見る中で大きな衝撃を受けたことがある。それは核兵器の廃絶を唱えながらも「核抑止力は我が国にとって引き続き必要」と語った広島での記念式典後の総理大臣の発言だった。65年もの間苦しみぬいてきた被爆者の方々にとっても、平和を願って生きている私たちのとっても、現実主義者とはいえあまりにも配慮のない言葉である。被爆国の首長が言ってはいけない言葉ではないだろうか。長崎、広島を訪れ被爆者の話を聞いて核廃絶への決意を固めたという国連事務総長潘基文氏の真摯な姿勢に比して、現実を変えていこうとする理念を欠いた発言だと思わざるを得ない。

私たちダンスやアートに携わる者たちには、現実世界が酷ければ酷いほど過去の記憶を風化させることなく将来へ向けて希望の兆しを提示していく役割がよりいっそう強く求められている。そう考える時、こうした言葉の一つ一つに敏感であることが必要だと改めて思う。



セッションハウスメインサイトはこちら⇒www.session-house.net
[PR]
by sh_offstage | 2010-08-10 14:30 | Comments(2)
Commented by 茉野 at 2010-08-13 19:40 x
孝さんへ
 いつも読んでおります!
セッションハウスで日々起こっている素晴らしい日常が、魅力的な写真と孝さんの語り口からぐんぐんと伝わってきます。

さて、この度の記事のこと・・・
なかなか言葉にするのが難しいですが、
酷い現実世界を直視することのない自分、また、知らないで済む、もしくは知らないで済ませてきてしまったこと。
それを背負うことはできないけれども、その世界の片隅で舞台に立つ時に、忘れてはならない心の重石のようなものがあるように感じました。

また、孝さんのいろんなお話を伺いたいです。
Commented by sh_offstage at 2010-08-15 17:00
マヤちゃんの素直な反応、嬉しく読みました。そうですね。どんなに酷い歴史や出来事でも知ろうとすることが大切なこど。一人が知り得ることには限度はあっても、出来るだけ視野を広く物事を見、そのの芯にあることは何かを考えることから逃げてはならないでしょう。これからいろいろ話し合っていきましょう。
<< 原田松野展「シャツの風景」始まる ジャンさんワークショップ始まる >>