人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

神楽坂ダンス学校プレゼンテーション、3グループが熱いエールの交換

昨日25日の日曜日、セッションハウスは「神楽坂ダンス学校夏校」のフィナーレとして、3組のクリエーション・ワークショップ生によるプレゼンテーションが行われ、熱いエールの交換で盛り上がりました。

8月の短期間のワークショップで20分程度とはいえ作品を創り上げるのはたやすいことではありません。しかし今津雅晴、松本大樹、ジャン・サスポータス3氏のワークショップに参加した延べ37人の参加者たち(中には2作品、3作品に出演した猛者もいました)は、集中力をとぎすましてプレゼンテーションでその成果を披露してくれました。

ジャイロキネセスを基本にした今津雅晴さん、リリーステクニックを基本にした松本大樹さん、ダンスシアターの手法で作品を創るジャン・サスポータスさんと、3人の講師はそれぞれですけれど、3者が場を共有することで、その違いと共通するものを発見しあうまたとない機会となったようでした。
神楽坂ダンス学校プレゼンテーション、3グループが熱いエールの交換_d0178431_21182868.jpg
今津さんは自らも出演者1人として出演、『体の可能性を広げるクラスからの発展』と題して、11人の受講生が集団即興の乱れ打ちを見せてくれました。
神楽坂ダンス学校プレゼンテーション、3グループが熱いエールの交換_d0178431_21245217.jpg
2番目に登場した松本大樹さん振り付けの『postcards』と題した作品には12名が参加、衣裳もこったもので、体が紡ぎ出す郵便配達夫をめぐる楽しいダンス・ストーリーを見せてくれました。
神楽坂ダンス学校プレゼンテーション、3グループが熱いエールの交換_d0178431_21373674.jpg
神楽坂ダンス学校プレゼンテーション、3グループが熱いエールの交換_d0178431_21414463.jpg
最後に登場したジャン・サスポータスさんが振り付けた『Me and The other』には10名が登場。台詞あり、日常的な仕草を生かした動きありのダンス・シアターならではの魅力が、存分に発揮された物語が展開していきました。
神楽坂ダンス学校プレゼンテーション、3グループが熱いエールの交換_d0178431_21475552.jpg
神楽坂ダンス学校プレゼンテーション、3グループが熱いエールの交換_d0178431_21495043.jpg
終演後には3人の講師を囲んでのアフター・トーク。それぞれの振り付けについてのフリートークは、お互いに刺激しあい学び合う交流となりました。
神楽坂ダンス学校プレゼンテーション、3グループが熱いエールの交換_d0178431_22101714.jpg
こうした場と時間を共有し交流しあうことから、将来に向けて新たな胎動が起きそうな予感のするプレゼンテーションの一夜でした。(記:伊藤孝)
by sh_offstage | 2013-08-26 22:37 | Comments(0)
<< 福島の声を聞こう! 7回目が開かる グループ展に集う若き画家たちの... >>