人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

テンションの高い競演となった「ダンス花」盛況裏に終わる

「ダンス花vol.19」が昨日土曜日行われ、セッションハウス・アワードを目指して5つの作品が競演に、昼夜ともに大勢のお客さんが詰めかけ、熱気にあふれる公演となりました。

4つのソロ作品と1つの群舞作品は、「シアター21フェス」などから「もう一度見てみたいもの」として選出されたものだけに、いずれもステップアップの後が伺える作品となり、見応え十二分の舞台となったように思います。
先日テクニカルの下見の際に紹介した作品が、照明も入り、ダンサーのテンションも上がって、どのように映ずるものになったのか、その力の入った舞台の様子をご覧ください。
テンションの高い競演となった「ダンス花」盛況裏に終わる_d0178431_153424.jpg
振付:三輪亜希子『ORANGE MOON』出演:長谷川風立子
テンションの高い競演となった「ダンス花」盛況裏に終わる_d0178431_1531259.jpg
小暮香帆『涙の球体』
テンションの高い競演となった「ダンス花」盛況裏に終わる_d0178431_292263.jpg
米川千津子『幻の温(おん)』
テンションの高い競演となった「ダンス花」盛況裏に終わる_d0178431_155473.jpg
The Bambiest『TRACE』振付:菅沼伊万里 出演:宮尾安紀乃、石和田尚子、中河原美土、片ひとみ
テンションの高い競演となった「ダンス花」盛況裏に終わる_d0178431_1571979.jpg
西山友貴『11.10』
さてこの中から果たしてセッションベスト賞が出るのかどうか、今年2月に実施した「ダンス花vol.18」の作品とともに審査の対象になりますが、観客の意見もスタッフの評価もさまざまです。それを参考に審査委員がどんな結果を出すのか、いましばらくお待ちください。(記:伊藤孝)
by sh_offstage | 2013-09-08 02:17 | Comments(0)
<< 「カトルカールN°3」公演迫る 工藤洋子展始まる >>