人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

マドモアゼル・シネマ、アヴィニョン凱旋公演終わる

マドモアゼル・シネマのアヴィニョン演劇祭参加の凱旋と銘打った『赤い花・白い花』公演が、28日(土)と29日(日)に3回にわたって行われました」。
マドモアゼル・シネマ、アヴィニョン凱旋公演終わる_d0178431_15185065.jpg
アヴィニョンでは11日間というロング公演でしたが、そこで繰り返される中でダンス力を確実に身に付けてきた5人のダンサー達(相原美紀、竹之下たまみ、佐々木さやか、佐藤郁、外園彩織)が、ブレルことのないダンスで1回1回その成果を見事に見せてくれる舞台となりました。
マドモアゼル・シネマ、アヴィニョン凱旋公演終わる_d0178431_1522365.jpg
マドモアゼル・シネマ、アヴィニョン凱旋公演終わる_d0178431_15225415.jpg
伊藤直子振付・演出のこの『赤い花・白い花』の初演は2003年、その翌年の2004年にはブルガリアで上演したものですが、初演に参加したのは現有メンバーでは相原美紀ただ一人、作品の基調は変わらないものの、ダンサーも替りリメイクと繰り返し上演する中で、作品もまた大きくステップアップしてきたのです。
マドモアゼル・シネマ、アヴィニョン凱旋公演終わる_d0178431_15243592.jpg
マドモアゼル・シネマ、アヴィニョン凱旋公演終わる_d0178431_152526100.jpg
とりわけ現在は、直接的なテーマではないけれど、皆の中にある福島や被災地への想いが、問わず語りに作品の中に投影されており、福島のお婆さんが作った縫いぐるみの「ブサ子ちゃん」も舞台に登場、ダンサー達が毛皮のコートで日本列島を形作りながら「ここは福島」、「これが今の日本です」と静かに語りかける舞台は、見る方々一人ひとりの胸に響くものがあったようです。
マドモアゼル・シネマ、アヴィニョン凱旋公演終わる_d0178431_15282358.jpg
セッションハウスは何といってもマドモアゼル・シネマのホームグラウンド。照明には出産明けの石関美穂が復帰、音響にはアヴィニョンに行ってきた上田道崇、舞台監督には同じくアヴィニョン体験をしてきた鍋島峻介が担当、息の合った舞台を創り出していました。
マドモアゼル・シネマ、アヴィニョン凱旋公演終わる_d0178431_15401487.jpg
この『赤い花・白い花』による旅するダンスはまだまだ続いていきます。近くは10月26日(土)、27日(日)に実施する新プログラム「ダンスブリッジ・イメージの架け橋2013」に参加し、この作品のショーバージョン編を再演することになっています。30分という中でイメージがどのように凝縮していくのか、楽しみなところです。ご期待ください。(記:伊藤孝)
by sh_offstage | 2013-09-30 15:37 | Comments(0)
<< バレエの魅力満載の「高木俊徳バ... マドモアゼル・シネマ凱旋公演迫る >>