ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

笑い声に包まれたBody Act Theater公演

昨日の22日土曜日、D-zoneフェスティバルの第3弾、Body Act Theaterの公演が行われ、1人の男性を囲む6人の女性のユーモラスなボディーアクションで笑いに包まれた舞台となりました。
d0178431_19130024.jpg
このチームを率いるのはラスベガスのシルク・ドゥ・ソレイユで活躍してきた熊谷拓明さん。「こぼれる私、拾うあなた」と題された作品は、6人の女性それぞれがかつて暮らしていた部屋に見立てた舞台で、自分のあるべき姿、いるべき場所を探し発見していく物語。体の動きで語る多彩なシーンの連続で時間はあったいう間に過ぎていきました。
d0178431_19250625.jpg
d0178431_19263437.jpg
d0178431_19270159.jpg
d0178431_19273654.jpg
このBody Action Theaterの活動、これからどのようにて展開していくのか、楽しみなところです。D-zoneフェスティバル、第4弾は4月26日と27日、2010年に発足したアラフォー軍団マグナム・マダムが昨年に引き続き登場します。ご期待ください。(記:伊藤孝)

[PR]
by sh_offstage | 2014-03-23 20:41 | Comments(0)
<< 春爛漫の「ダンス専科」公演間もなく [パーツとしての体」とは?ジャ... >>