ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

スニーカーたちが忍び寄る「&dot.」公演間もなく

D-zoneフェスティバルの第5弾、「&dot.(アンドット)」の公演が今週土曜日に迫ってきました。
「&dot.」は、お茶の水女子大学舞踊教育コース出身の清水美紗都が率いる若いダンサー・ユニット。今回は「動物や昆虫のような先妻でスピード感ある」ダンスを目指して結成したグループの旗揚げ公演です。
先日行われたテクニカル下見の写真で、どのようなドラマが展開していくのか、ご想像下さい。
d0178431_2281129.jpg
作品名『スニーカーのための5つの前奏曲』とあるように、スニーカーを使った5人のダンサーによるユーモラスなダンス・シーンが続いていきます。「素の形で履く、わざと汚す、紐を変える、凝って結ぶ、紐をほどく。足元からその人らしさがにじみ出る。あるふれた日常のコンチェルト。」(チラシの言葉より)
d0178431_2324437.jpg
d0178431_2334035.jpg
d0178431_237376.jpg
&dot.の公演は21日(土)15時と19時の2回です。皆様のお越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2016-05-19 02:39 | Comments(0)
<< スニーカーをテーマに「&dot... モノガタリを語り継ぐ“マドモア... >>