ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

マドモアゼル・シネマの合同公演、盛況裏に終わる

先の17日土曜日と18日の日曜日、セッションハウス25周年を記念してマドモアゼル・シネマが、今年夏札幌のコンカリーニョで公演した際に交流のあった渡部倫子さんらのグループとの合同公演を実施、それぞれの特性を生かした作品の競演で、見ごたえたっぷりの舞台となりました。
d0178431_19443732.jpg
セッションハウス設立2年後の1993年に、振付の伊藤直子の下で誕生したマドモアゼル・シネマは、ダンサーも何回かの代替わりを経て、今では1995年96年生まれのダンサーも加わって若返り、今回はレパートリー作品の『東京物語』の新バージョンを上演。
出演は、今や長老格の竹之下たまみをはじめ、佐藤郁、鈴木加奈子、古茂田梨乃、蓮子奈津美、中島詩織、須川萌の7人が、それぞれの記憶や体験を踏まえたダンス・シアターならではの世界を見せてくれました。
d0178431_18475465.jpg
d0178431_190293.jpg
d0178431_19414477.jpg
d0178431_18192025.jpg
d0178431_18552451.jpg
d0178431_18494356.jpg
d0178431_1820816.jpg
d0178431_18453894.jpg
d0178431_1846279.jpg
片や札幌から駆けつけてくれた渡部倫子さんが創作した作品『Table』には、役者さんも加わった5人が寄り集い、演劇的な要素を加味したダンス物語を上演。
出演は、弦巻啓太、品田彩、柴田詠子、山田裕貴、渡部倫子の5人で、2つのテーブルを使って語りとダンスで綴るユニークな手法による作品世界を提示してくれました。
d0178431_1935168.jpg
d0178431_19304516.jpg
d0178431_19291588.jpg
d0178431_19321511.jpg
d0178431_193376.jpg
d0178431_193416.jpg
d0178431_19345747.jpg
それぞれの創作手法を生かした札幌の皆さんとの合同公演で、いつものマドモアゼル・シネマの単独公演とは一味違う新鮮な舞台となりました。シンガポールや札幌での公演や「ダンスブリッジ」への参加など多彩な経験を積んできた1年でしたが、2016年の活動を締めくくる素敵な公演となったように思います。マドモアゼル・シネマ来年9月にはメキシコでの巡回公演を控えているなど、さまざまな活動が予定されています。来る年も彼女たちの活動にご注目下さいますよう、お願い申し上げる次第です。(記:伊藤孝)
by sh_offstage | 2016-12-21 13:01 | Comments(0)
<< 2017年を少しでも光さす一年に! 市野裕子展開催中! >>