ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

春爛漫、今年も「ダンス専科」の季節がやってきた!

毎年、春の到来とともに実施しているプログラム「ダンス専科」の公演が、今週土曜日に迫ってきました。
セッションハウスのダンスクラスの講師による集中的な振付作業で創った作品を踊るこの企画は、参加者たちに舞台に立つ喜びを、観客の皆様にはダンスの楽しさを感じ取ってもらおうというものです。
今回は5人の講師による作品に延べ39人が出演、中には2作品に挑戦する猛者もいます。
一作日と昨日の夜に行われたテクニカル下見の写真からご想像下さい。
d0178431_13315748.jpg
1.坂東扇菊『間』―古典の日本舞踊を踊ろう
d0178431_1333554.jpg
d0178431_13343437.jpg
2.太田ゆかり『Continue』
d0178431_13355732.jpg
d0178431_13364348.jpg
3.平原慎太郎『Still Stay to Stand』
d0178431_13374274.jpg
d0178431_13382424.jpg
4.プロジェクト大山『Pごちゃ山』振付:田上和佳奈、三輪亜希子
d0178431_13392859.jpg
d0178431_1340772.jpg
5.笠井瑞丈『沈黙する世界
d0178431_1341613.jpg
この公演は4月1日(土)16時と19時からの2回あります。皆様にも講師とワークショップ参加生との振付作業の成果の目撃者となっていただきたく、お越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2017-03-30 13:47 | Comments(0)
<< 見応えたっぷりの「ダンス専科」... 春を呼び込むマドモアゼル・シネ... >>