ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

「踊る酸素」公演、観客の手拍子とともに終了

一昨日の27日の土曜日、D-zoneフェスティバルの第3弾として行われた「踊る酸素」の2回公演は、機智と若さあふれる舞台となり、最後には客席から手拍子が出て幕となりました。
d0178431_14223638.jpg
「踊る酸素」は日本大学芸術学部出身の大西彩瑛さんと尾口伸子さんが主宰する女性ばかりのダンス・ユニット。今回の作品は昨年2月バレンタイン・デイを前に横浜で上演し好評だった『GODIVAより、あたしたち』の再演です。今回は参加ダンサーも15人となって、賑やかな舞台にならない訳はありません
d0178431_14263153.jpg
ダンサーたちは、どうやら美術館で目立たないように存在している見張り番役の女性たち。いつもは静かに坐ってる彼女たちが突然立ち上がって、額縁を持って踊りだしたり、演技したり、合唱したりという場面が次つぎと展開していき、見とれているうちにあっという間に1時間が過ぎていったのでした。
d0178431_14281652.jpg
d0178431_1440398.jpg
d0178431_1429275.jpg
d0178431_14302768.jpg
d0178431_1431155.jpg
d0178431_14315584.jpg
D-zoneフェスティバル、次回はしばらく間を置いて、7月15日、16日に山口将太朗さんが演出・振付けをてがける「Empty-Kubrick」が登場します。「ロジカルな振付と破壊的な群舞、そして空間を歪ませる構成変化が魅力」とのこと、楽しみです。(記:伊藤孝)
[PR]
by sh_offstage | 2017-05-29 14:40 | Comments(0)
<< 「福島の声を聞こう!」からの報... 元気いっぱいのユニット「踊る酸... >>