ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

マドモアゼル・シネマ、メキシコ公演を前にした「不思議な場所」公演間もなく

結成24年を迎えたマドモアゼル・シネマが間もなくメキシコへ渡ります。初めての中米移民35人がメキシコに渡って120年になる節目の今年、それを記念した事業に招かれ、2都市の劇場で公演とワークショップによる交流をすることになり、それを前に19日と20日に「不思議な場所」を皆さんに見て頂く公演を行います。

不思議な場所」はこれまでも度々海外で上演してきたレパートリー作品。異国に渡った姉と日本に残った妹たちが織り成す姉妹、家族の物語で、移民の影がそこここに見える作品です。ドイツ在住の村雲敦子さんも駆けつけてくれて7

人のレギュラー・メンバー共々、伊藤直子の振付けの下で、作品の再構築作業も佳境に入ってきています。その一端をご覧下さい。

d0178431_21371117.jpg
d0178431_21382001.jpg
d0178431_21395524.jpg

公演では原田松野さんがプラスαで新たに考案した衣裳も楽しみです。公演は19日土曜日の19時、20日日曜日の14時と17時の3回です。初めての方ももちろん、これまでこの作品を見たからも、生まれ変わった「不思議な場所」をぜひご覧いただけたらと願っています。皆様のお越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)












by sh_offstage | 2017-08-11 21:44 | Comments(0)
<< マドモアゼル・シネマ「不思議な... 力と想いのこもった中村蓉公演「... >>