ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

新たなダンス表現に一石を投じた松本大樹プロジェクト公演

今年も毎年恒例の「ダンスブリッジ・インターナショナル」が始まりました。その第1弾として先日の23日(土)と24日(日)、松本大樹のプロジェクト『CHILDBOOK~こどものための本を開こう』公演が行われ、子供たちも大勢詰めかけていつもとは一味違う空気が流れる舞台となりました。

d0178431_20571597.jpg
作品はロシアの民話「若い王子と白い狼」を基に、10人のダンサーが随時王様、王子、狼などの役割を交代で演じつつ語り踊るもので、複雑な構成で波乱万丈の物語に観客を引き込んでいく時間が流れていきました。
d0178431_20592430.jpg
d0178431_21045637.jpg
お話とダンスは、松本大樹をはじめ玉川みなみ、三橋俊平、玉川さやか、諸岡智子、松本武士、上村なおか、古園井美果、佐藤郁、三浦香織の皆さん。1シーンには4歳のサンダークリフ陽ちゃんが王子役でかわいい仕草で登場、舞台に色を添えました。また音づくりに内野徹、横溝千夏、アートワークにマックスミリアン・フェディック、照明の石関美穂の皆さんが参加、ダイナミックで美しい舞台構成でお客さんの目をくぎ付けにしていきました。
d0178431_21055083.jpg
d0178431_21064264.jpg
d0178431_21082035.jpg
d0178431_21095243.jpg
d0178431_21104293.jpg
d0178431_21115133.jpg
d0178431_21124490.jpg
d0178431_21134224.jpg
d0178431_21145489.jpg
日曜日の最終公演の後にコンドルズの石渕聡、近藤良平のお二人を迎えて、振付けの案津本大樹さんを囲んでのインタビュー・トークが行われました。半年がかりで創り上げたという今回の作品の製作秘話や、ダンスと語りを一緒にやることの面白さや難しさや大量の新聞紙を効果的に使った演出方法が話題となり、もはや「松本システム」と名付けるしかないユニークの挑戦を高く評価するひとときとなりました。
d0178431_21154152.jpg
「ダンスブリッジ・インターナショナル」の第2弾は、108日、9日に行われる「世界とプロジェクト東京発①」で、韓国からHan Kyoung-Namさんを迎えて日本の若手ダンサ4組(ザ・ボーナストラック、MaMaNiMaNiMaNi、山﨑麻衣子・金刺わたる)が競演する賑やかな公演です。いま伸び盛りのダンサーたちの熱演にご期待下さい。(記:伊藤孝)


[PR]
by sh_offstage | 2017-09-26 21:20 | Comments(0)
<< 静かに重く語りかけてくる安世鴻写真展 「ダンスブリッジ・インターナシ... >>