ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

「ダンスブリッジ」初のBUTOHプロジェクト公演間もなく

9月末から始まった今年の「ダンスブリッジ・インターナショナル」の第4弾、BUTOHプロジェクト公演が今週末に迫ってきました。このプロジェクトで舞踏を特集することは初の試みですが、今回結集したのは舞踏のさまざまな流れを受け継いだ34人の男性ダンサー達です。

d0178431_14261108.jpg
山海塾やアスベスト館で活躍したことのある工藤丈輝さん、昨年まで大駱駝艦の舞踊手だった奥山ばらばさん、笠井叡氏に師事しているオイリュトミスト・ダンサーの鯨井謙太郒さんと定方まことさん(CORVUS)の面々です。

昨夜テクニカル・リハーサルが行われ、4人はその片鱗をまざまざと見せてくれました。

d0178431_14365634.jpg
工藤丈輝さんは、「荒れさびた都市の廃墟にたたずむ人間の生成と興亡」を描いた大作『荒漠器』のショートバージョンを踊ります。
d0178431_14272881.jpg
d0178431_14394458.jpg
奥山ばらばさんは、「カラダのツカイテとして今ここに在ること」を直視したソロダンス『カバネガタリ』を踊ります。
d0178431_14281957.jpg
d0178431_14300066.jpg
CORVUS2人は、2011年に日本の戦後と三島由紀夫をテーマにして踊った『血と雪』をリメイクしての登場です。
d0178431_14303485.jpg
私たちがカラダのことを考える時、1960年代から脈々と続いている舞踏の歴史から、感じ取れるもの、学べるものが多々あると思い企画した公演です。ダンサーたちにもダンスを愛する方達にも是非ご覧になっていただきたいと思い、皆様のお越しをお待ちしています。

(記:伊藤孝)


[PR]
by sh_offstage | 2017-11-15 14:42 | Comments(0)
<< 全力投球のカラダが舞ったBUT... ダンスの様々を提示した「ダンス... >>