ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

国境を越えてダンスの多様性を見せて「ダンスブリッジ・インターナショナル」終わる

先週の2日(土)と3日(日)、「ダンスブリッジ・インターナショナル」の“東京発・世界とプロジェクト”の第2弾が行われ、韓国とイスラエルからの参加を得て、国境を越えたダンサーの競演が繰り広げられました。
ダンスへの手法も考え方もさまざま、その多彩さを海を渡ってやって来てくれたことに敬意を表して海外勢の舞台写真からご紹介しましょう。

d0178431_16400662.jpg
Jeong Cheol InFlight 』共演:Ryu Jisoo(韓国SCF選出)
d0178431_16424304.jpg
私とあなたが羽になって、目標に向かって飛び上がる。そのような私達が、やがて完全な飛行に近づく。
d0178431_16471951.jpg
d0178431_18021564.jpg
Dror Lieberman×塩野入一代『Take Down』(イスラエル)
d0178431_16571073.jpg
恐れを知らないカリスマ的、美学的作品。DrorKazuyoはこの作品で、芸術的な解放を試み、邪悪さ・暗さ・病的さ・情熱という側面を取り入れながら偽善的でブルジョアな仮面を取り払おうとしている。暴力が一般化している世の中で彼らは新たな抵抗の方法を見つけようとしている。
d0178431_18040911.jpg
d0178431_18052515.jpg
平原慎太郎『ちのはて』出演:渡辺はるか、町田妙子、佐藤琢哉
d0178431_18071752.jpg
ディスクオルゴールにステラオルゴールというものがある。ステラ=星、惑星だとして、、音楽を奏でるために星の軌道になぞらえ名付けられた円盤が、19世紀に存在していた。天文学と音楽の共存。音楽を宇宙に捉え奏でた時代を、過去とするか未来とするか。科学的好奇心=知性は音楽や詩の側にあるべきなのだとする時代のはて。
d0178431_18092493.jpg
d0178431_18113544.jpg
小池陽子・石井則仁『MOIRA
d0178431_18131498.jpg
言葉だけが影を落とした。顔をどちらに向け、なにを叫べばいいのか。私たちは与えられた不器用な指を信じ、薄っすらとからみあうものに耳を傾け、それぞれの生を紡ぐ。
d0178431_18145246.jpg
2回の公演後には、若いダンス研究者の中野優子さんと木場裕紀君を司会に観客からのアンケートを参考にした「ダンスラボ」が行われ、大勢のお客さんも残って下さっての語り合いの時間が持たれました。
d0178431_18214037.jpg
d0178431_18231712.jpg
この「ダンスラボ」いう試みは、舞台と観客の間にブリッジを架けていこうというもので、演じる者にとっても見る人にとっても、「ダンスとは何ぞや」を改めて考える貴重ば機会となったように思われ、今後も随時実施していきたいと考えています。

9月末から続いてきた「ダンスブリッジ・インターナショナル」、その最後を飾るマドモアゼル・シネマの公演も間もなくです。ゲストの女優・大方斐紗子さんともども振付作業も大詰めとなってきています。ダンス・シアターによる異国旅立った女性の物語、ご期待下さい。(記:伊藤孝)


[PR]
by sh_offstage | 2017-12-06 18:32 | Comments(0)
<< マドモアゼル・シネマ「女は、旅... 韓国の2人がやって来た! >>