ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

ダンスすることの楽しさを伝えた「ダンス専科」公演終わる

春の到来を告げる毎年恒例の「ダンス専科」公演が先週の31日土曜日に行われ、踊る人、見る人ともどもダンスの楽しさを共有しあう舞台となりました。

「ダンス専科」は、セッションハウスのダンスクラスの講師振付けよる作品を踊る公演で、今年は日本舞踊、コンテンポラリーダンスに加えてバレエ作品も加わり、5つの作品に38名が登場(1名は2作品に出演)し、ダンスの多彩さを感じ取れる豊かな時間が過ぎていきました。

d0178431_02270162.jpg
1.坂東扇菊『間~古典の日本舞踊を踊ろう』
d0178431_02245238.jpg
d0178431_02254230.jpg
d0178431_02274357.jpg
d0178431_02282467.jpg
2. 笠井瑞丈『七つの身体』
d0178431_02292616.jpg
d0178431_02300729.jpg
d0178431_02310036.jpg
d0178431_02314254.jpg
3.平原慎太郎『po siti on.
d0178431_02314254.jpg
d0178431_02352200.jpg
d0178431_02355829.jpg
d0178431_02335806.jpg
d0178431_02364772.jpg
4.ギーポール・ドウ・サン・ジェルマン『FRAGMENT D'ETUDES』
d0178431_02385137.jpg
d0178431_02393375.jpg
d0178431_02400904.jpg
d0178431_02404305.jpg
5.鈴木竜『KOME
d0178431_02521562.jpg
d0178431_02431083.jpg
d0178431_02445487.jpg
       日ごろのレッスンの成果を舞台で見せることの、見てもらうことの喜びに満ち溢れた公演は、更なるステップアップの想いへとつながっていくことでしょう。参加者の皆さんに「讃・ダンス専科!」のエールを贈りましょう。(記:伊藤孝)

















[PR]
by sh_offstage | 2018-04-02 02:57 | Comments(0)
<< マドモアゼル・シネマ創立25周... ガーデンでサハリンの写真展開催中! >>