ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

D-zoneフェス第2弾「者に点」公演間もなく

先週から始まった今年のD-zone フェスティバル。その第2弾「者に点」の公演が今週末の62日(土)、3日(日)に迫ってきました。

このユニットは若手振付家・ダンサーの仁田晶凱(にたあきよし)さんを中心に4人が出演するもので、作品は題して『追う皺、老える線』。昨夜テクニカル下見が行われましたが、その様子をご覧ください。

d0178431_15223980.jpg
仁田さんは日本大学芸術学部在学中にYOKOHAMA DANCE COLLECTIONEX2013に最年少で選出されるなどした後、大学を中退してベルギーに留学。帰国後もジャンルを越えてコンテンポラリーダンスと現代アートの関係性を追究する創作を行うなど、幅広い活動をしています。ただ昨夜の下見を拝見したところでは、今回は特別な舞台装置もなくフリージャズの曲が鳴り響く中、4人のダンサーが所狭しと踊るシーンが連続するものでした。
d0178431_15231512.jpg
d0178431_15280189.jpg
d0178431_15243629.jpg
この作品でどのようなメッセージを伝えていこうとしているのか、本番が楽しみです。公演は2日(土)は18時から、3日(日)は14時と18時の3回です。若いユニットのチャレンジにお立会いのほど、お待ちしています。(記:伊藤孝)








[PR]
by sh_offstage | 2018-05-30 15:29 | Comments(0)
<< 新たな挑戦した「者に点」公演終わる 帰還困難区域からの切々たる声に... >>