人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

見る人の思考を促す近藤あき子展始まる

セッションハウスの2F ギャラリー【ガーデンで】で、今日5日火曜日から1948年生まれ、早稲田大学でロシア文学を学んだ異色の経歴を持つ近藤あき子さんの個展が開かれています。

見る人の思考を促す近藤あき子展始まる_d0178431_21564745.jpg

油絵、アクリル、版画、墨、布などによる作品が多数展示された展覧会ですが、とりわけ布を使ったインスタレーションの数々が会場を圧するものがあります
見る人の思考を促す近藤あき子展始まる_d0178431_21530811.jpg
見る人の思考を促す近藤あき子展始まる_d0178431_21570986.jpg
自由であるようだけれども、何か強い力に引きずられかねず、格子の中にいるような世界のあり様に、「これでいいのだろうか?」と問いかけ、見る人の思考を促すような作品群です。
見る人の思考を促す近藤あき子展始まる_d0178431_21585205.jpg
「われわれの時代は本質的に悲劇の時代である。」でも「私たちは生きなければならない。たとえ天が何回落ちようとも。」(D.H.
ロレンス)
見る人の思考を促す近藤あき子展始まる_d0178431_21592687.jpg
この近藤さんの展覧会は13日(水)まで開かれています。見る方の能動性をかきたてる展覧会、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

また、会期中には、2回にわたり今の世界を考えるトークの会も企画されています。7日(水)16時からは「憲法9条に何が出来るか?」というテーマによるフリートークが、そして9日(土)16時からは講師を招いて「電気代0円生活」など暮らしや経済のあり方を語り合うトーク(参加費500円)が開かれます。(記:伊藤孝)


by sh_offstage | 2019-03-05 22:02 | Comments(0)
<< ギャラリーに春が来た!ツーゼ・... 学生たちの祭典UDC「平成BL... >>