人気ブログランキング |
ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

若い個性が躍動した「ダンス花」公演終わる

d0178431_15563888.jpg
.「シアター21フェス」などからもう一度見たい作品を集めた「ダンス花vol.31」が、昨日14日(土)に行われ、若い個性豊かな5作品で舞台に花が咲きました。プログラム順に舞台写真をご覧ください。

1.仁田晶凱『Spiritual Eternity

d0178431_15542308.jpg
スピリチュアルな楽曲を使ったダンス作品挑戦する作品。舞台にアリス・コルトレーンのLPレコードをかけながら踊りました。
d0178431_15555316.jpg
d0178431_15553621.jpg
2.岡本優香・日下部有香『めいめい』
d0178431_15560440.jpg
形がなくはっきりしない、しかし確かに存在する〈たよりないもの〉。あるようでないような確かなそんざい。まじり合う君から君へ。私から私へ。
d0178431_15562242.jpg
d0178431_15563888.jpg
3.住玲衣奈『0の中身』
d0178431_15565162.jpg
0の中身はどこにやった?覗けど掴めどなにもない。0の真ん中どこいった?元々そこにはなにもない。
d0178431_15570805.jpg
d0178431_15571943.jpg
4.熊谷理沙『ファンタジー』
d0178431_15573551.jpg
世界は目を閉じた。世界は耳を塞いだ。世界は口を噤んだ。世界は永遠に背を向けた。
d0178431_15581480.jpg
d0178431_15583849.jpg
5.上田舞香『Endless Falls
d0178431_15585217.jpg
人間は、与えられたこの身体に回路を埋めて、それを壊して、新しく組み替えて、違う言語を取り入れることを、ただ、繰り返す。現象の表れをこの場に捧げる。
d0178431_15591278.jpg
d0178431_16022794.jpg
セッションハウス若手ダンサー支援プロジェクトの「ダンス花」は毎年、2月に上演した5作品と今回の5作品の中からベスト賞を選出します。いずれの作品もステップアップしてきていますので、どの作品が受賞するのか楽しみにしていてください。(記:伊藤孝)




by sh_offstage | 2019-09-15 17:10 | Comments(0)
<< 静謐な空気が流れた“茎”初単独... 静かに身体表現を模索するグルー... >>