人気ブログランキング |
ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

市野裕子展で「足下の子鬼たち」がご挨拶

セッションハウスの2階ギャラリー【ガーデン】では今、さまざまな表現方法にチャレンジし続けている市野裕子さんの個展「ゴブリン・足下の子鬼たち」が開かれています。

市野裕子展で「足下の子鬼たち」がご挨拶_d0178431_02163029.jpg
当ギャラリーでの市野さんの個展は4年ぶりですが、今回はタイトルのように、子供の鬼たちの顔が描かれた作品が多数展示されています。
市野裕子展で「足下の子鬼たち」がご挨拶_d0178431_02092993.jpg

この子鬼たちは、市野さんがコロナ禍でステイホームをしている時に、近所を散歩中に出会ったコンクリート製の暗渠の蓋に目玉らしきものが見え、それを写真に撮っているうちに子鬼のような顔が浮き上がってきて、それを作品化したとのことです。                     

市野裕子展で「足下の子鬼たち」がご挨拶_d0178431_02114200.jpg

市野裕子展で「足下の子鬼たち」がご挨拶_d0178431_02113286.jpg
 
市野裕子展で「足下の子鬼たち」がご挨拶_d0178431_02191771.jpg
その他、キャンバスにコンクリートを塗ってアクリルで色付けしてメタリックな質感を出した抽象作品や「言葉が声を探している」「月は留守です」「日曜日には羽をあげよう」といった詩的なタイトルのついた小品など32点が展示され、静謐な空間が創り出されています。
市野裕子展で「足下の子鬼たち」がご挨拶_d0178431_02165373.jpg

市野裕子展で「足下の子鬼たち」がご挨拶_d0178431_02175782.jpg
この展覧会は18日から始まっており、連日多くの方がお見えになっていますが、25日(水)まで開催していますので、ぜひ可愛らしい子鬼=ゴブリンたちに会いに来てください。(記:伊藤孝)


by sh_offstage | 2020-11-22 02:20 | Comments(0)
<< 新しい世界に一発の銃弾を!「ダ... 「ダンスブリッジ」第3弾の最後... >>