人気ブログランキング |
ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

2014年 07月 06日 ( 1 )

静謐な時間が流れた古園井美果ソロ・ダンス公演

昨日の5日土曜日、古園井美果さんのソロダンス公演が2回にわったって開かれました。


d0178431_13363656.jpg
d0178431_13402607.jpg

作品のタイトルは題して『地をあるく』。祈りを込めた想いと、鍛え抜かれてテクニックで踊りきるテンションの高い舞台に、静謐な時間が流れていきました。

d0178431_13512516.jpg
d0178431_13382165.jpg

古園井さんがプログラムに書かれた言葉を紹介しておきましょう。

「昨年1月、別の地で生きていく人達の、強さや美しさを現せられたらと、『地におりる』という小作品を踊りました。そして、10日後、父が旅立ちました。このテーマは、今作品にも引き継がれています。

私たちは、順送りな死だけでなく、命を翻弄する出来事に、時や場所を選ばず出会います。

誰もが生と死に囲まれて、そのはざまを歩いているように思います。身体の中の灯りを指針に、まっすぐ歩き続けられますように。」

d0178431_13385622.jpg
d0178431_13395294.jpg

なお、来週の土曜日12日は、再びD-zoneフェスティバルの13弾として、毎年登場しているnobolaboの公演です。お楽しみに。(記:伊藤孝)


















by sh_offstage | 2014-07-06 13:56 | Comments(0)