人気ブログランキング |
ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

2016年 11月 26日 ( 1 )

セッションハウス25周年記念、感謝のディナーショー賑やかに終わる

先日23日のことになりますが、セッションハウスの設立25周年を記念して、アフターディナー付きのマドモアゼル・シネマを主宰する伊藤直子のダンスクラスの受講生を交えた公演は、100人を越えるお客さんも来て下さり、総勢25人が1時間にわたって舞台狭しと踊るショーとなり、踊る人、見る人ともどもダンスと料理を楽しむ一日となりました。
セッションハウス25周年記念、感謝のディナーショー賑やかに終わる_d0178431_1231585.jpg
ディナーショーは題して『夢のように咲く花は、』。1回限りの公演でしたが、1991年の設立当初から踊り続けてきた人も数名参加しましたし、今年入った若者もいるという混成グループで、一人一人の個性に合わせてマドモアゼル・シネマのレパートリー作品の懐かしいシーンの数々に登場、マドのレギュラー・ダンサーとともに新鮮な空気が流れる時間が過ぎていきました。
セッションハウス25周年記念、感謝のディナーショー賑やかに終わる_d0178431_244468.jpg
セッションハウス25周年記念、感謝のディナーショー賑やかに終わる_d0178431_214878.jpg
振付:伊藤直子 出演:あきたけだ、川口まゆみ、熊埜御堂彩、古茂田梨乃、酒井理子、佐藤郁、佐野友香、須川萌、鈴木加奈子、高氏しのぶ、高橋志帆、竹之下たまみ、保土沢美詠、時えつこ、中島詩織、並木好美、野沢美和子、萩森恵美子、蓮子奈津美、林真理、Haru、若尾久仁子、渡辺浩、渡辺麻由子/村雲敦子、徳永梓
セッションハウス25周年記念、感謝のディナーショー賑やかに終わる_d0178431_205216.jpg
セッションハウス25周年記念、感謝のディナーショー賑やかに終わる_d0178431_2574698.jpg
セッションハウス25周年記念、感謝のディナーショー賑やかに終わる_d0178431_2112598.jpg
セッションハウス25周年記念、感謝のディナーショー賑やかに終わる_d0178431_39167.jpg
セッションハウス25周年記念、感謝のディナーショー賑やかに終わる_d0178431_34751.jpg
セッションハウス25周年記念、感謝のディナーショー賑やかに終わる_d0178431_252151.jpg

セッションハウス25周年記念、感謝のディナーショー賑やかに終わる_d0178431_36431.jpg
セッションハウス25周年記念、感謝のディナーショー賑やかに終わる_d0178431_1401266.jpg
セッションハウス25周年記念、感謝のディナーショー賑やかに終わる_d0178431_2271521.jpg
思えば4半世紀、長いようであっという間の時間だったように思います。1991年の4月に5人の講師でほそぼそ始めたダンスクラスも、今では多くの講師の方によるクラスを編成し、ワークショップもしばしば開かれるようになりました。そしてダンス・プログラムも次々と企画され、今ではほとんどの毎週週末にはダンス公演が実施されるまでになってきています。これも多くの先生方やダンサーたち、スタッフたち、そして寄り集って下さった大勢の方々のご尽力あっての賜物と、改めて感謝申し上げる次第です。
セッションハウス25周年記念、感謝のディナーショー賑やかに終わる_d0178431_302556.jpg
セッションハウス25周年記念、感謝のディナーショー賑やかに終わる_d0178431_1445319.jpg
セッションハウス25周年記念、感謝のディナーショー賑やかに終わる_d0178431_147682.jpg
ショーの終わった後のディナータイムでは、初期の頃からダンスクラスに通い続けている人や公演活動を支えてきてくれたダンサーやスタッフの表彰セレモニーもあって、皆様から暖かい拍手をしていただくひとときもありました。
セッションハウス25周年記念、感謝のディナーショー賑やかに終わる_d0178431_1481220.jpg
セッションハウス25周年記念、感謝のディナーショー賑やかに終わる_d0178431_1485327.jpg
創意に満ちた料理を作ってくれた松本博子さんと鹿児島から駆けつけ料理の一端を担った松岡明子さん、開設以来ダンスクラスの受付と経理を受けもってくれている鍋島敬子さん。松本博子さんはダンス・クラス受講の1号生でもありました。
セッションハウス25周年記念、感謝のディナーショー賑やかに終わる_d0178431_1503016.jpg
さまざまな人が寄り集いセッションしあえる場にしたいとの想いで始めた「セッションハウス」です。25年経った今、世界では人と人の間を分断し“壁”を作ろうという動きが出てきています。それだけにその動きに抗して、ダンスやアートを通してよりいっそう人と人の間にブリッジ=架け橋を作っていくことが大切なことになってきていると思います。「セッションハウス」は小さなスペースですけれど、小さな体いっぱい使って若い世代にもバトンタッチしながら、「出会いの場」としての役割を果たしていかなければと身を引きしめています。これからも皆様の応援をよろしくお願い致します。(記:伊藤孝)
by sh_offstage | 2016-11-26 02:36 | Comments(0)