ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 668 )

「リーディング・ダンス・シアター」創出へ漕ぎ出した松本大樹公演

22日(土)と23日(日)、「ダンスブリッジ・インターナショナル2018」の第1弾として松本大樹版「CHILDBOOK~こどものための本を開こう」公演が行われました。今回はトルストイの民話「人はなんで生きるか」をテキストに、昨年に続いて朗読とダンスによる舞台を見せてくれました。

d0178431_13013720.jpg
d0178431_13032115.jpg
お話はつつましい生活をしている靴屋のセミョーンが礼拝堂のかたわらで裸んぼうで困っていた男と出会ったことから起きる不思議な物語。朗読とダンスそれぞれの分野で活動している松本大樹が、それを融合させた独自の手法を模索してきましたが、その成果を如実に見せる舞台となりました。
d0178431_13045598.jpg
d0178431_13054551.jpg
出演はメインメンバーとして長年の朗読仲間である玉川みなみ、玉川さやかをはじめ、三橋俊平、佐藤郁、諸岡智子、上地泉に松本大樹の8名、それにリハーサル・ワークショップに参加した受講生7名(高橋志帆、玉谷ゆかり、滝沢優子、時えつこ、照井裕子、三浦香織、吉田彰文)と賑やかな顔ぶれでした。
d0178431_13062423.jpg
d0178431_13065855.jpg
朗読しながらのダンス、ダンスしながらの朗読は、想像以上に容易なことではなく、作品にするまでにはシーンごとに作ったものをパッチワークのようにつなぎ合わせていく手法で、6ヶ月を要したということです。
d0178431_13073878.jpg
舞台美術には昨年は新聞紙を効果的に使い注目されましたが、今年は大きなビニールを使って空と大地の間にただよう雲のような空間が現出したのでした。
d0178431_13082098.jpg
d0178431_13090397.jpg
d0178431_13093802.jpg
d0178431_13135333.jpg
d0178431_13102788.jpg
d0178431_13113942.jpg
3回目の最終公演後にインタビュートークも行われ、バレエ団ピッコロ主宰の松崎すみ子さんと松崎えりさんを迎え、松本大樹さんの話や観客席や出演者からの意見を交えて、作品創りの面白さや苦心談を聞くことが出来ました。
d0178431_13121904.jpg
松本大樹さんは、この朗読とダンスを融合した創作方法を、今後「リーディング・ダンス・シアター」と命名することとし、更なる深化を図っていくことにしています。どのような展開を見せていくのか、見守っていきたいものです。(記:伊藤孝)


[PR]
by sh_offstage | 2018-09-24 13:24 | Comments(0)

「ダンスブリッジ2018」第1弾・松本大樹版公演間もなく

今年の「ダンスブリッジ・インターナショナル」の初陣をきる松本大樹ディレクションの『CHILDBOOK~こどものための本を開こう』公演が今週末に迫ってきました。

「踊りながら台詞をいう」ことにこだわり、“松本システム”とも言われる新たな表現分野を創り出しての昨年に続く挑戦です。今回は、トルストイの民話集をテキストに「人はなんで生きるか」と問いかけていく舞台です。

d0178431_13373345.jpg
昨夜テクニカル下見が行われ、メインの6人の出演者にワークショップの受講生から選抜した者も加わり、繰り返しのリハーサルで培った力強い演技を見せてくれました。
d0178431_13392692.jpg
d0178431_13400398.jpg
d0178431_13405521.jpg
d0178431_13431986.jpg
d0178431_13440688.jpg
d0178431_13450016.jpg
d0178431_13462645.jpg
公演は922日(土)19時、23日(日)11時、15時の3回公演です。子どもたちにも来てもらいために日曜日は早い時間の設定です。皆さま誘い合わせてぜひご来場のほど、お待ちしています。(記:伊藤孝)


[PR]
by sh_offstage | 2018-09-19 13:48 | Comments(0)

「ダンス花 vol.29」5作品が競演、この中からアワードに輝く作品は出るか?

セッションハウス若手ダンサー支援プロジェクト「ダンス花」の29回目となる公演が昨日17日(月・祝)に行われ、5作品が競演しました。前半は群舞3作品、後半はソロ2作品で、いずれも独創性豊かな作品で若さあふれる舞台が展開していきました。写真とともに振付家がプログラムに記した言葉を紹介していきましょう。

1.高端貴『働かないアリ』振付:高端貴 出演:大前裕太郎、北島栄、高端貴

d0178431_01053102.jpg
コロニーの中で働かないアリは、ただ自分のことだけをしているわけではない。
d0178431_01061242.jpg
2.砂色クラゲ『図く膜』振付・出演:鈴木隆司、並木まりか、清水駿、加藤哲史、目方潤
d0178431_01064925.jpg
細胞が持つ設計図、それを覆う膜。いつしかそれは主体となって自我と本能でせめぎ合う。
d0178431_01072611.jpg
3.粋地獄『裏参道』振付:中村駿 出演:久保田舞、小林利奈(スッポンザル)、藤島美乃里(スッポンザル)、松隈加奈子(水中めがね)、中村駿
d0178431_01081723.jpg
もっと軽い荷物にして欲しいと祈ってはならない。もっと強い背中にして欲しいと祈りなさい。(セオドア・ルーズベルトの言葉より)
d0178431_01085580.jpg
4.江上真子『Juliet
d0178431_01093256.jpg
「悲劇のヒロイン症候群」というものがあるらしい。自分の不幸を周囲にアピールし、〃されることに快感をもったり、自分の不幸話を実際にあったことより大きく話を膨らませてしまい、より不幸で可哀想でありたいという症状。同情は甘くて切ない。
d0178431_01101578.jpg
5.堀菜穂『灰色の夢に花は咲く』
d0178431_01105655.jpg
焦げた匂いの海が押し寄せて、眩しい朝がくる。幸せな微睡み、逃げてしまいたい今、美しく残酷な世界に落ちてしまいたい今、美しく残酷な世界に落ちていっても、この身体は温かい。
d0178431_01114236.jpg
d0178431_01120267.jpg
2月に実施した「ダンス花vol.28」の5作品と今回の5作品の中から、どの作品がセッション賞の栄冠に輝くのか、選考結果を楽しみにしていて下さい。(記:伊藤孝)


[PR]
by sh_offstage | 2018-09-18 01:17 | Comments(0)

若い力が躍動したL.A.B.研究発会終わる

15日の土曜日、鈴木竜さんが芸術監督を務めるジュニアカンパニーL.A.B.2回目となる研究発表会が行われました。1年間研鑽を積み重ねてきた20人の研究生が11の作品を創作し発表する舞台で、若さと創意あふれる公演となりました。

d0178431_21421865.jpg
「メンバーたち全員、去年よりも身体を使った表現者としての自覚が芽生えてきており、どの作品も個性的ながらとてもフィジカルで見応えのある仕上がりです。アマチュアの作品発表会という域は完全に超えたな、と芸術監督そして大きな自信とともに皆様にお送りいたします。」(鈴木竜)
d0178431_21443314.jpg
1.『Slow Match』振付・出演:加藤花鈴、栗朱音、能勢山瑞希
d0178431_21450972.jpg
2.『逃飛行』振付・出演:上田舞香
d0178431_21453918.jpg
3.『error』振付:出演:今井琴美、岡本優香
d0178431_21460815.jpg
4.『辿』振付・出演:金子小梅
d0178431_21464389.jpg
5.『なつ』振付・出演:二ノ戸新太
d0178431_21472208.jpg
6.『風の音が消えるまで』振付・出演:伊藤雅子、植田崇幸 
d0178431_21484791.jpg
7.『How small it is』振付・出演:大森美沙
d0178431_21494937.jpg
8.『THREE AREAS』振付・出演:正富くらら、三田真央、山下結衣
d0178431_21511821.jpg
9.『Nega--』振付・出演:安心院かな、石原一樹
d0178431_21515598.jpg
10.『謝歌』振付・出演:大塚郁実
d0178431_21522875.jpg
11.『シグナルキャパ』振付・出演:岩城かのこ、河内優太郎、福井結 
d0178431_21525507.jpg
そしてこのL.A.B.は来年1月に一年の集大成としての本公演(トリプルビル公演)を行います。鈴木竜作品をはじめ、メンバーより選出して若手振付家による作品や小尻健太さんをゲスト振付家として参加していただくことにしています。更なるメンバーたちがどのように進化していくのか、楽しみにしていてください。(記:伊藤孝)


[PR]
by sh_offstage | 2018-09-15 21:59 | Comments(0)

「ダンス花vol.29」公演間もなく

若手ダンサー支援プロジェクト「ダンス花」は、セッションハウスの名物プログラム「シアター21フェス」から、“もう一度見たいダンス”として選ばれた10作品を、前後半2回に分けて見ていただく公演です。

17日(月・祭)に行われる前半の公演にはまず5作品が登場、競演します。群舞作品あり、ソロ作品ありで、ステップアップした成果を楽しめる舞台になることでしょう。

昨夜行われたテクニカル・リハーサルの写真から、多彩な作品であることをご想像下さい。

d0178431_12403266.jpg
高端貴『働かないアリ』出演:大前裕太郎、北島栄、高端貴
d0178431_12411258.jpg
粋地獄『裏街道』振付:中村駿 出演:久保田舞、小林刹那、前島美乃里、松隈加奈子、中村駿
d0178431_12420776.jpg
砂色クラゲ『図く膜』振付・出演:鈴木隆司、並木まりか、清水駿、加藤哲史、目方潤
d0178431_12432659.jpg
江上真子『Juliet
d0178431_12440410.jpg
堀菜穂『灰色の夢に花は咲く』

公演は17日(月・祭)の16時からと19時からの2回です。この中から「セッションハウス・ベスト賞」に選出される作品が出るか、出ないか。若いダンサーたちの熱演をお楽しみいただければと願っています。(記:伊藤孝)


[PR]
by sh_offstage | 2018-09-13 12:47 | Comments(0)

鈴木竜ジュニア・カンパニーL.A.B.研究発表会間もなく

セッションハウスでは鈴木竜さんを芸術監督とするジュニア・カンパニーL.A.B.の活動を昨年か実施していますが、2期目となる今年の研究生たちによる作品発表会が今週15日の土曜日に行われます。L.A.B.は若手ダンサーたちが毎週腰をすえて自分の身体性を追究する研究会で、時にはダンス界の一線で活躍する特別講師を迎えてさざまな技法を学びながらトレーニングを積み、その成果を作品として発表するものです。

今年は20人の研究生がソロ、デュオ、トリオで自分たちが創作した11作品を発表しますが、昨夜そのテクニカル下見が行われ、それぞれ若さと創意あふれる世界を見せてくれました。

d0178431_16324911.jpg

d0178431_16333059.jpg
d0178431_16342610.jpg

d0178431_16345746.jpg
d0178431_16364517.jpg
d0178431_16371665.jpg
d0178431_16383507.jpg
d0178431_16391432.jpg
d0178431_16395436.jpg
d0178431_16404934.jpg
d0178431_16412950.jpg
多彩な表現方法で身体のあり様を見せる発表会になりそうで、本番が楽しみになりました。

発表会は15日土曜日の15時から18時からの2回、皆様に若者たちの挑戦の目撃者になっていただきたく、お出でをお待ちしています。(記:伊藤孝)


[PR]
by sh_offstage | 2018-09-12 16:46 | Comments(0)

マドモアゼル・シネマ『バッドガール・ララバイ』公演、好評裏に終わる

月が変わって先の91日土曜日と2日日曜日、マドモアゼル・シネマの結成25周年を記念した第2弾となる公演(3回)は、お客さんと共振しあう舞台となり、好評裏に終わりました。遅ればせながらの報告です。
作品は題して『バッドガール・ララバイ』。以前やった作品『いい子・わるい子 子守唄』を大幅にリメイクしたもので、人魚姫や赤ずきんちゃん、みにくいアヒルの子など、絵本の中の「子どもたち」が、ちょっといたずら好きの大人になって蘇ってくるダンス物語です。
d0178431_17284691.jpg
振付・演出は伊藤直子、出演は竹之下たまみ、鈴木加奈子、蓮子奈津美、中島詩織、古茂田梨乃、須川萌、佐治静のレギュラーメンバーに新たな宇山あゆみ、堀川千夏が加わり総勢9人。始めに元メンバーで今は名古屋で学校の先生になっている豊永洵子さんが登場して、劇場を教室にみたててお客さんに語りかけ場を和ませることから始まりました。途中にもお客さんを舞台に呼び込むシーンもあって、盛沢山のユーモラスな場面でお話は進んでいきました。
d0178431_17293615.jpg
d0178431_17302147.jpg
d0178431_17312064.jpg
d0178431_17330747.jpg
d0178431_17321763.jpg
d0178431_17340060.jpg
「いい子わるい子 どんな子も 眠ればみんなかわいい子。月夜に赤い靴はいて 歌い出そうとしたけれど なんにも知らない わからない。それでもみんな集まって 見よう見まねでどんじゃらほい。しゃんしゃん手拍子足拍子 踊ればみんなかわいい子」(詞:石関美穂 / 曲:宮内康乃)
d0178431_17345817.jpg
d0178431_17354577.jpg
d0178431_17362807.jpg
d0178431_17371525.jpg
d0178431_17383069.jpg
d0178431_17394824.jpg
d0178431_17402923.jpg
d0178431_17411967.jpg
踊り演じる世界は、まるで「座敷わらし」や「河童」たちが出てくる民話の世界に迷い込んだような舞台となって展開していったのでした。
d0178431_17420126.jpg
d0178431_17424908.jpg
d0178431_17434788.jpg
d0178431_17445291.jpg
1993年に産声を上げたマドモアゼル・シネマの旅はこれからもまだまだ続きます。11月には和歌山の「森のちから」プロジェクトに参加するとともに、台湾のグループや笠井瑞丈、奥山ばらばらと「ダンスブリッジ・インターナショナル」で競演します。また異種格闘技のような競演舞台でどのような世界を産み出していくのか、乞うご期待です。(記:伊藤孝)


[PR]
by sh_offstage | 2018-09-07 17:56 | Comments(0)

マドモアゼル・シネマ「バッドガール・ララバイ」公演迫る

“マドモアゼル・シネマ”が秋の到来前に送る「バッドガール・ララバイ」の公演が今週末に迫ってきました。

人魚姫や赤ずきんちゃん、みにくいアヒルの子など、絵本の中の「子たち」が、歳を重ねて「ちょい悪おんな」になって蘇り踊ります。

d0178431_15022446.jpg
昨夜テクニカル・リハーサルが行われましたが、激しくもユーモラスなダンスあり、寸劇あり、歌ありの盛沢山のシーンが続き、まるで「座敷わらし」が出てくる民話のような世界に迷い込んだ気持ちになりました。
d0178431_15025900.jpg
振付・演出は伊藤直子、ダンサーは竹之下たまみ、鈴木加奈子、中嶋詩織、古茂田梨乃、蓮子奈津美、須川萌、佐治静に新人の宇山あゆみ、堀川千夏が加わり、総勢9人が舞台狭しと踊り演じます。
d0178431_15033507.jpg
d0178431_15114985.jpg
d0178431_15042503.jpg
d0178431_15051218.jpg
d0178431_15054870.jpg
d0178431_15063365.jpg
公演は91日(土)は19時から、2日(日)は14時と18時からの3回です。ダンス・シアターならではの楽しい時間が過ぎていくことでしょう。皆様のお越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)


[PR]
by sh_offstage | 2018-08-29 15:13 | Comments(0)

神楽坂ダンス学校ショーイング賑やかに終わる

毎年恒例の「神楽坂ダンス学校・夏校」の成果を問うショーイングが昨日の日曜日に行われ、猛暑に中で6日間にわたってクリエーション・ワークショップに取り組んだ成果を見せてくれました。

今年は、講師を務めた中村蓉さん、Organworksの渡辺はるかさん、太田ゆかりさんの振付による3作品と、近藤良平さんのオーディションで選ばれた3作品が登場、コンテンポラリー・ダンスの様々を見せてくれる賑やかな舞台となりました。プログラム順に舞台写真をお楽しみ下さい。


   1.中村蓉作品「踊る空間を味わう。セッションハウス再発見!」

セッションハウスの各所でパフォーマンスする映像も写る中で踊るものでした。

d0178431_19200618.jpg
出演:石川利香、今村舞、緒方彩乃、小野典子、鈴木潤一、水澤揺
d0178431_19210732.jpg
それに続いては、近藤良平オーディションで選出された3作品が続きました。

2.伊藤まこと・甲斐ひろな『隣人』

d0178431_19214796.jpg

3.小島弘基・福泉陽花『初恋…..Daydream
d0178431_19234038.jpg
4.茂木美佑・中林香波『す』
d0178431_19250472.jpg
5. Organworks 渡辺はるか作品『I found it
d0178431_19261052.jpg
出演:大西彩瑛、甲斐ほろな、木原萌花、福島史子、堀川千夏、村井玲美
d0178431_19270913.jpg
6.太田ゆかり作品『Continue 2018
d0178431_19280953.jpg
出演:飯田富美香、岡本健吾、加藤穂乃香、木村絵理子、高橋志帆、藤井千佳子
d0178431_19290175.jpg
講師の皆さん:太田ゆかり、中村蓉、渡辺はるか。近藤良平さんは「コンドルズ」の公演で一緒に写真を撮ることは出来ませんでした。
d0178431_19294391.jpg
猛暑の日々ももう終わりにしてほしいものですが、秋を迎えセッションハウスのダンス・プログラムは目白押しです。ダンスのいろいろが楽しめることでしょう。皆様のお越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)



















[PR]
by sh_offstage | 2018-08-27 19:40 | Comments(0)

Rita Gobi × 三東瑠璃ダブルビル公演 好評裏に終わる

D-zoneフェスティバルの最後を飾る「RitaGob ×三東瑠璃ダブルビル公演」が4日(土)、5日(日)に3回にわたって行われ、カラダが構築していく世界の面白さを提示する舞台となりました。

d0178431_17012845.jpg

1部はハンガリーのブタペストを拠点に活躍しているRita Gobiさんが振付けた作品「Feestyle」を、三東瑠璃さんとユーモラスな動きでデュエット・ダンスを披露してくれました。
d0178431_17020638.jpg
「いつ瑠璃に出会ったのかと人に尋ねられるといつも2度考えてしまう。ずっと一緒に育って遊んできたような感覚がいつもあるから。それは舞台上でも感じることです。

子供の頃いつも絵をたくさん描いてきました。少し前にその頃の絵を見つけて、その中に瑠璃によく似た日本人の女の子がいたので、昔から知っているような気がしています。それから、彼女の作品をネット上で見て共通点を感じ、それを共にもっと探求するべきだと思ったのです。それから、彼女の作品をネット上で見て共通点を感じ、それを共にもっと探求するべきだと思ったのです。生身の体としてはブタペストで初めて出会い、それから定期的に会って主にブタペストで創作し、ついに東京に来ました。

私にとってとても大切な経験です。子供の頃の夢が叶い、とても嬉しく思います。」RitaGobi

d0178431_17025401.jpg

d0178431_17033881.jpg
2部の三東瑠璃さんの振付けた作品「住処」には冒頭のシーンにチビッ子ダンサーが登場するとともに、毎回2人が交代しながら6人のダンサーが出演し、さまざまなカラダの組み合わせを見せてくれるという、テンションの高い静かな時間が過ぎていきました。
d0178431_17042024.jpg
「初めてだらけの挑戦です。Ritaとの出会いからこんなに早く一緒に踊る日が来るなんて,私の体がこのような舞台で舞台にあがることも面白く感謝。

私の作品“住処”はとうとうここまで来れたなという実感。まだまだもっともっと。でもとにかくまずはダンサーにありがとうです。」(三東瑠璃)

d0178431_17171728.jpg
d0178431_17064292.jpg
d0178431_17072529.jpg
今年のD-zoneフェスティバルは今回で幕となりました。ダンサーたちの単独公演をセッションハウスが制作面で支援するこのプログラム、来年はまたどのような挑戦者が出てくるのか、楽しみは尽きません。ご期待下さい。(記:伊藤孝)



















[PR]
by sh_offstage | 2018-08-06 17:14 | Comments(0)