ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

<   2018年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

マドモアゼル・シネマ創立25周年公演「人生劇場」間もなく

1993年にマドモアゼル・シネマが産声をあげて早くも25年。それを記念した公演が今週末に迫ってきました。今回は、記念公演ということで総合タイトル「人生劇場」と題して、レギュラー・メンバーによるAプロ、振付けの伊藤直子のダンスクラスの受講生を交えたBプロ、4つソロ作品を集めたCプロと、多彩な組み合わせによる3日間にわたる公演です。

昨夜テクニカル・リハーサルが行われたAプロとBプロの写真から、参加者の意気込みを感じとって下さい。

d0178431_20444234.jpg
Aプロ『人生劇場・そらの街から』マドモアゼル・シネマ(竹之下たまみ、鈴木加奈子、蓮子奈津美、古茂田梨乃、中島詩織、須川萌、佐治静、村雲敦子)
d0178431_20451993.jpg
d0178431_20460238.jpg
d0178431_20465686.jpg
Bプロ『人生劇場・女編』マドモアゼル・シネマ+セッション・ダンサーズ(野沢美和子、時えつこ、Haru、高橋志帆、護得久えみ子、小柳津遥香)
d0178431_20474130.jpg
なお、Cプロは竹之下たまみ、中島詩織、須川萌、豊永洵子が自分で振る付けたソロ作品を踊ります。
公演は、
28日(土)19時からはAB29日(日)14時からBC18時からAC30日(月・祭)は13時からAC17時からABと、それぞれ異なった組み合わせで実施します。よくプログラムをご覧になって自由にお選びいだだき、皆様にぜひ7ご覧いただきたく、お越しをお待ちしております。(ただ初日は既に満席となっています。)ダンス・シアターの持ち味を生かした「今に生きる女性たち」のダンス劇場を存分に楽しんでいただけることと思います。(記:伊藤孝)


[PR]
by sh_offstage | 2018-04-25 20:49 | Comments(0)

ダンスすることの楽しさを伝えた「ダンス専科」公演終わる

春の到来を告げる毎年恒例の「ダンス専科」公演が先週の31日土曜日に行われ、踊る人、見る人ともどもダンスの楽しさを共有しあう舞台となりました。

「ダンス専科」は、セッションハウスのダンスクラスの講師振付けよる作品を踊る公演で、今年は日本舞踊、コンテンポラリーダンスに加えてバレエ作品も加わり、5つの作品に38名が登場(1名は2作品に出演)し、ダンスの多彩さを感じ取れる豊かな時間が過ぎていきました。

d0178431_02270162.jpg
1.坂東扇菊『間~古典の日本舞踊を踊ろう』
d0178431_02245238.jpg
d0178431_02254230.jpg
d0178431_02274357.jpg
d0178431_02282467.jpg
2. 笠井瑞丈『七つの身体』
d0178431_02292616.jpg
d0178431_02300729.jpg
d0178431_02310036.jpg
d0178431_02314254.jpg
3.平原慎太郎『po siti on.
d0178431_02314254.jpg
d0178431_02352200.jpg
d0178431_02355829.jpg
d0178431_02335806.jpg
d0178431_02364772.jpg
4.ギーポール・ドウ・サン・ジェルマン『FRAGMENT D'ETUDES』
d0178431_02385137.jpg
d0178431_02393375.jpg
d0178431_02400904.jpg
d0178431_02404305.jpg
5.鈴木竜『KOME
d0178431_02521562.jpg
d0178431_02431083.jpg
d0178431_02445487.jpg
       日ごろのレッスンの成果を舞台で見せることの、見てもらうことの喜びに満ち溢れた公演は、更なるステップアップの想いへとつながっていくことでしょう。参加者の皆さんに「讃・ダンス専科!」のエールを贈りましょう。(記:伊藤孝)

















[PR]
by sh_offstage | 2018-04-02 02:57 | Comments(0)