ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

<   2018年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マドモアゼル・シネマ「バッドガール・ララバイ」公演迫る

“マドモアゼル・シネマ”が秋の到来前に送る「バッドガール・ララバイ」の公演が今週末に迫ってきました。

人魚姫や赤ずきんちゃん、みにくいアヒルの子など、絵本の中の「子たち」が、歳を重ねて「ちょい悪おんな」になって蘇り踊ります。

d0178431_15022446.jpg
昨夜テクニカル・リハーサルが行われましたが、激しくもユーモラスなダンスあり、寸劇あり、歌ありの盛沢山のシーンが続き、まるで「座敷わらし」が出てくる民話のような世界に迷い込んだ気持ちになりました。
d0178431_15025900.jpg
振付・演出は伊藤直子、ダンサーは竹之下たまみ、鈴木加奈子、中嶋詩織、古茂田梨乃、蓮子奈津美、須川萌、佐治静に新人の宇山あゆみ、堀川千夏が加わり、総勢9人が舞台狭しと踊り演じます。
d0178431_15033507.jpg
d0178431_15114985.jpg
d0178431_15042503.jpg
d0178431_15051218.jpg
d0178431_15054870.jpg
d0178431_15063365.jpg
公演は91日(土)は19時から、2日(日)は14時と18時からの3回です。ダンス・シアターならではの楽しい時間が過ぎていくことでしょう。皆様のお越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)


[PR]
by sh_offstage | 2018-08-29 15:13 | Comments(0)

神楽坂ダンス学校ショーイング賑やかに終わる

毎年恒例の「神楽坂ダンス学校・夏校」の成果を問うショーイングが昨日の日曜日に行われ、猛暑に中で6日間にわたってクリエーション・ワークショップに取り組んだ成果を見せてくれました。

今年は、講師を務めた中村蓉さん、Organworksの渡辺はるかさん、太田ゆかりさんの振付による3作品と、近藤良平さんのオーディションで選ばれた3作品が登場、コンテンポラリー・ダンスの様々を見せてくれる賑やかな舞台となりました。プログラム順に舞台写真をお楽しみ下さい。


   1.中村蓉作品「踊る空間を味わう。セッションハウス再発見!」

セッションハウスの各所でパフォーマンスする映像も写る中で踊るものでした。

d0178431_19200618.jpg
出演:石川利香、今村舞、緒方彩乃、小野典子、鈴木潤一、水澤揺
d0178431_19210732.jpg
それに続いては、近藤良平オーディションで選出された3作品が続きました。

2.伊藤まこと・甲斐ひろな『隣人』

d0178431_19214796.jpg

3.小島弘基・福泉陽花『初恋…..Daydream
d0178431_19234038.jpg
4.茂木美佑・中林香波『す』
d0178431_19250472.jpg
5. Organworks 渡辺はるか作品『I found it
d0178431_19261052.jpg
出演:大西彩瑛、甲斐ほろな、木原萌花、福島史子、堀川千夏、村井玲美
d0178431_19270913.jpg
6.太田ゆかり作品『Continue 2018
d0178431_19280953.jpg
出演:飯田富美香、岡本健吾、加藤穂乃香、木村絵理子、高橋志帆、藤井千佳子
d0178431_19290175.jpg
講師の皆さん:太田ゆかり、中村蓉、渡辺はるか。近藤良平さんは「コンドルズ」の公演で一緒に写真を撮ることは出来ませんでした。
d0178431_19294391.jpg
猛暑の日々ももう終わりにしてほしいものですが、秋を迎えセッションハウスのダンス・プログラムは目白押しです。ダンスのいろいろが楽しめることでしょう。皆様のお越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)



















[PR]
by sh_offstage | 2018-08-27 19:40 | Comments(0)

Rita Gobi × 三東瑠璃ダブルビル公演 好評裏に終わる

D-zoneフェスティバルの最後を飾る「RitaGob ×三東瑠璃ダブルビル公演」が4日(土)、5日(日)に3回にわたって行われ、カラダが構築していく世界の面白さを提示する舞台となりました。

d0178431_17012845.jpg

1部はハンガリーのブタペストを拠点に活躍しているRita Gobiさんが振付けた作品「Feestyle」を、三東瑠璃さんとユーモラスな動きでデュエット・ダンスを披露してくれました。
d0178431_17020638.jpg
「いつ瑠璃に出会ったのかと人に尋ねられるといつも2度考えてしまう。ずっと一緒に育って遊んできたような感覚がいつもあるから。それは舞台上でも感じることです。

子供の頃いつも絵をたくさん描いてきました。少し前にその頃の絵を見つけて、その中に瑠璃によく似た日本人の女の子がいたので、昔から知っているような気がしています。それから、彼女の作品をネット上で見て共通点を感じ、それを共にもっと探求するべきだと思ったのです。それから、彼女の作品をネット上で見て共通点を感じ、それを共にもっと探求するべきだと思ったのです。生身の体としてはブタペストで初めて出会い、それから定期的に会って主にブタペストで創作し、ついに東京に来ました。

私にとってとても大切な経験です。子供の頃の夢が叶い、とても嬉しく思います。」RitaGobi

d0178431_17025401.jpg

d0178431_17033881.jpg
2部の三東瑠璃さんの振付けた作品「住処」には冒頭のシーンにチビッ子ダンサーが登場するとともに、毎回2人が交代しながら6人のダンサーが出演し、さまざまなカラダの組み合わせを見せてくれるという、テンションの高い静かな時間が過ぎていきました。
d0178431_17042024.jpg
「初めてだらけの挑戦です。Ritaとの出会いからこんなに早く一緒に踊る日が来るなんて,私の体がこのような舞台で舞台にあがることも面白く感謝。

私の作品“住処”はとうとうここまで来れたなという実感。まだまだもっともっと。でもとにかくまずはダンサーにありがとうです。」(三東瑠璃)

d0178431_17171728.jpg
d0178431_17064292.jpg
d0178431_17072529.jpg
今年のD-zoneフェスティバルは今回で幕となりました。ダンサーたちの単独公演をセッションハウスが制作面で支援するこのプログラム、来年はまたどのような挑戦者が出てくるのか、楽しみは尽きません。ご期待下さい。(記:伊藤孝)



















[PR]
by sh_offstage | 2018-08-06 17:14 | Comments(0)

三東瑠璃ダブルビル公演間もなく

今年のd-zoneフェスティバルの最後を飾る三東瑠璃ダブルビル公演が、今週末に迫ってきました。今回は、セルビア出身でハンガリーを活動拠点にしているRita Gobiさんを迎えて、三東さんとのデュオ作品と、三東さんのカンパニー・メンバーによる作品の二本立て公演です。

d0178431_14263429.jpg
昨夜テクニカル・リハーサルが行われ、独特なカラダの使い方をして国内外のフェスティバルなどで多くの受賞歴がある三東さんならではのカラダが綴る物語で、公演本番が楽しみになるものでした。

三東さんが振付けたカンパニーの作品は題して『住処』。6人のダンサーにチビッ子さんが出演して、カラダのさまざまな組み合わせを見せてくれました。

d0178431_14221721.jpg
d0178431_14224412.jpg
d0178431_14232560.jpg
また、Rita Gobiさんの振付による三東さんのデュオ作品『Freestyle』は、ダンス巧者の2人によるユーモラスなカラダの対話とも言えるもので、ダンスならではの楽しさを見せてくれるものでした。
d0178431_14241101.jpg
d0178431_14253048.jpg
d0178431_14270478.jpg
照明が入りどのような舞台となるのか期待が膨らんできますが、公演は84日(土)は19時から、5日(日)は13時と17時の3回あります。このボディ・トークをお見逃しないよう、皆様のご来場をお待ちしています。(記:伊藤孝)


[PR]
by sh_offstage | 2018-08-01 14:31 | Comments(0)