ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

<   2018年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

テングザル舞踊団」が久々に登場、パワフルな群舞を見せてくれます

パワフルな群舞でお馴染みの「テングザル舞踊団」が今週末、D-zone公演として久々に登場します。長谷川麻里子さんをリーダーに1994年に結成された舞踊団。今回は『ある日、森の中で』と題して、森をイメージしたダンスでさまざまなシーンでダンス物語が綴られていきます。

d0178431_01195403.jpg
昨夜テクニカル・リハーサルが行われ、13人のダンサーが舞台狭しと踊りましたが、まずは前半の森の木々を連想させる衣裳のダンスをご覧ください。
d0178431_01202338.jpg
d0178431_01210585.jpg
その後は衣裳を変えてさまざまな場面が繰り広げられていきます。森の中からどんな生き物たちや妖怪たちが飛び出してくるのか、それは見てのお楽しみということにしておきましょう。
d0178431_01214346.jpg
公演は1117日(土)の16時と19時からの2回です。群舞の面白さを存分に楽しんでいただけたらと思い、皆様のお出でをお待ちしています。(記:伊藤孝)


[PR]
by sh_offstage | 2018-11-14 01:25 | Comments(0)

新たな地平へ!有川通子展開催中

久しぶりに有川通子さんがセッションハウス・ガーデンで個展を開催中です。題して「大地の詩(うた)」。

d0178431_11444263.jpg
有川さんは多摩美術大学大学院を卒業して1995年以来、数多くのグループ展に参加したり個展を開いてきたベテラン画家です。
d0178431_11451834.jpg
これまでも生き物たちが浮遊するような作品で魅了してきましたが、今回は親交を深めている中国の詩人の詩や物語からインスパイアされて、小鳥や蝶々などの生き物に加えて人物像も登場、また油彩に加えて鉛筆画に挑戦、多彩な作品群を展示する展覧会です。
d0178431_11462172.jpg
d0178431_11463438.jpg
d0178431_11465778.jpg
d0178431_11473592.jpg
d0178431_11480127.jpg
有川さんの個展は12日(月)まで開催中です。また、11日(日)の午後4時半からは有川さんと親しい中国の詩人の2人(蘆尤さん、胡興尤さん)による朗読会(朗読会のみ入場料500円)が開かれます。静謐な空気が流れる展覧会です。皆様のご来場をお待ちしています。(記:伊藤孝)


[PR]
by sh_offstage | 2018-11-07 11:49 | Comments(0)

 新たなダンスの楽しみ方を提示した「ガイド付き!魅惑のダンス会」

「ダンスブリッジ・インターナショナル」の第3弾として先日の3日(土)、4日(日)に行われた「ガイド付き!魅惑のダンス会」公演は、セッションハウスの地下スタジオを目いっぱいに使って、お客さんに新たなダンスの見方、楽しみ方を提示するものとなりました。

新たなダンスの見せ方ってなあに?開場と同時にもう事は始りました。総合演出の中村蓉がガイド役となり、楽屋やホワイエ、中2階の調整室、そしてスタジオの中では同時多発でパフォーマンスが始まったのでした。

d0178431_15215334.jpg
 楽屋ではシャワールームから飛び出してのパフォーマンス
d0178431_15224759.jpg
 ホワイエでライブ音楽と踊るダンサーが・・。
d0178431_15232683.jpg
調整室を見上げてみると3羽の白鳥が踊っています。
d0178431_15243247.jpg
スタジオでは打楽器の演奏とデュオダンスが展開。
d0178431_15252924.jpg
そして五十嵐結也に肩車に乗ってガイド役も勤める中村蓉が登場し公演が始まったのでした。
d0178431_15263402.jpg
1.『古き悪き慢性固執シンドローム』振付・出演:悪童(歌川翔太、中村駿)協力:岡崎彩音、香取依里
d0178431_15273476.jpg
「この作品は日本人を皮肉りながらも賞賛する作品である。今一度私たち日本人が日本人であることを考えたい。」(悪童)
d0178431_15282733.jpg
2.『譚々』構成・演出:伊藤麻希 出演:伊藤麻希、織本卓(per)
d0178431_15304345.jpg
「今回で3回目の上演となるこの作品は、ラヴェル作曲“ボレロ”という曲のシンプルな上昇感がモチーフです。」(伊藤麻希)
d0178431_15314057.jpg
3.『阿修羅のごとく』振付・構成・演出:中村蓉 出演:中村蓉、五十嵐結也 演奏:金井隆之、長谷川紗綾 原案:向田邦子「阿修羅のごとく」
d0178431_15323138.jpg
「こんな風に“女”を“家族”を“人”を、愉快に哀しく豪快に、これから描いていきたい。そう気付かされたお話に出会いました。」(中村蓉)
d0178431_15332383.jpg
d0178431_15335999.jpg
d0178431_15370336.jpg
d0178431_15380257.jpg
それぞれ色合いの異なる作品でしたけれど、スタジオの中では作品ごとに踊るエリアを変えて見てもらうという実験をしながら新たな表現方法を提示するもので、独創的な見応えたっぷりの公演となりました。若いダンサーたちの更なる飛躍を予感させる挑戦にエールを送り続けていきたいと思います。(記:伊藤孝)


[PR]
by sh_offstage | 2018-11-06 15:44 | Comments(0)

“ガイド付き!魅惑のダンス会”間もなく

「ダンスブリッジ・インターナショナル」の第3弾として、国内外でブレイクしている中村蓉が総合演出する“ガイド付き!魅惑のダンス会”が、今週末に迫ってきました。

“ガイド付き!”とは何ぞや?と首を傾げる方もいらっしゃると思いますが、セッションハウスの地下スタジオのあらゆる所を使ってお客さんを移動させながら、パフォーマンスを見ていただこうという趣向で行うちょっと風変わりな公演です。

d0178431_02082832.jpg
開場と同時に会場のそこここで前座のパフォーマンスが始まり、中村蓉がガイドしながら伊藤麻希や悪童、中村蓉・五十嵐結也らの振付け作品が展開していきます。
d0178431_02090209.jpg
d0178431_02094158.jpg
ダンスのみならず様々な技を持った若手のアーティストが参加、映像あり、ライブ音楽あり、お芝居ありの舞台で、能動的にダンスを楽しんでいただこうという趣向です。昨夜行われたテクニカル下見の写真からご想像下さい。
d0178431_02101424.jpg
d0178431_02103852.jpg
d0178431_02112487.jpg
d0178431_02120874.jpg
d0178431_02125603.jpg
d0178431_02132624.jpg
公演は113日(土)19時、4日(日)14時、18時の3回です。開場中に思わぬ所にパフォーマンスが出没するダンス会、皆様にも是非ご参加をとお越しをお待ちしています。

(記:伊藤孝)


[PR]
by sh_offstage | 2018-11-01 02:18 | Comments(0)