ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

<   2018年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

UDCアフターズ公演「あの劇場にふたたび!!」公演、賑やかに終わる

17年の歴史を積み上げてきた大学生たちのプロジェクト「UDC」。その中から育ち卒業していき、学校の先生となり後進の指導をしている者やダンス界で活躍している者たちが大勢います。その元大学生ダンサーズたちが再集結して行う「あの劇場に再び!!!!」公演が、先日の23日(日)と24日(月・祝)に行われ、ソロから群舞まで15作品に大勢が参加して競演する賑やかな舞台となりました。

d0178431_21163683.jpg
プログラムは第1部は教師編の8作品が披露され、群舞作品には教え子たちも出演するものもありました。作品の合い間には総合演出の福岡小百合さんや振付者のMCも入り、作品を理解する一助になっていました。プログラム順に作品写真をご覧ください。いずれも( )内は出身校です。

【教師編】

Communus』振付:福岡小百合(愛媛大学・筑波大学大学院)

d0178431_20333177.jpg
教師編代表:福岡小百合
d0178431_20341573.jpg
『ここから始まるダンスの授業』振付:荻江瞳(お茶の水女子大学)
d0178431_20351105.jpg
『美しくなくていいですか』振付:脇千登勢(筑波大学)※23日夜のみ
d0178431_20360236.jpg
『ラジオ体操ダンス~UDCアフターズ特別版』振付:柴田詠子(埼玉大学)※24日夜のみ
d0178431_20364954.jpg
diversity』振付:松永唯(千葉大学)
d0178431_20374584.jpg
BIRTH』振付:高橋美砂(東京女子体育大学・日本女子体育大学大学院)
d0178431_20383291.jpg
『アナタノタメは誰のため?』振付:伊藤史織(横浜国立大学)
d0178431_20395014.jpg
『希薄な間柄』振付:落合諒一(大東文化大学)
d0178431_20403878.jpg
そして第2
部はダンサー編として7作品が上演され、中には海外で長年活躍してきたダンサーも登場するものもありました。

【ダンサー編】ダンサー編代表:黒須育海

d0178431_20414923.jpg
『悲しみ』振付:村上理恵
d0178431_20422623.jpg
『love story』振付:中屋敷南(横浜国立大学)
d0178431_20545719.jpg
『空中の散歩』振付:飯田あや(天理大学)
d0178431_20435317.jpg
there, there 』振付:田村興一郎(京都造形芸術大学)
d0178431_20444013.jpg
『花束をもう一度』振付:堀菜穂(お茶の水女子大学)
d0178431_20451673.jpg
『キロ』振付:黒須育海(大東文化大学)、香取直登(埼玉大学)
d0178431_21000255.jpg
Love Is Like a Bird-恋は野鳥のように-』振付:井田亜彩美(筑波大学)
d0178431_20460697.jpg
そして最後には17年前の1期生だった村上理恵さんが歴史を振り返る挨拶。
d0178431_20473795.jpg
そして最後には17年前の1期生だった村上理恵さんが歴史を振り返る挨拶をした後、全員が立ち上がっていつもUDCの打ち上げで踊ってきた「プリキュラ」という曲に乗っての群舞を初めてお客さんの前で披露、拍手喝さいや「ブラボ―!」の声が響く中で幕となったのでした。
d0178431_20482121.jpg
これでセッションハウスのダンス公演は今年最後となりました。舞台をご覧にお越しいただいた方に改めてお礼を申し上げます。新年の自主公演の始めは118日(金)2Fギャラリーで行われる118日(金)にマドモアゼル・シネマの中島詩織のソロ公演です。初のソロ公演への果敢なる挑戦、ぜひ皆様に目撃者になっていただきたく、お出かけをお待ちしています。(記:伊藤孝)






































そして最後には17年前の1期生だった村上理恵さんが歴史を振り返る挨拶をした後、全員が立ち上がっていつもUDCの打ち上げで踊ってきた「プリキュラ」という曲に乗っての群舞を初めてお客さんの前で披露、拍手喝さいや「ブラボ―!」の声が響く中で幕となったのでした
d0178431_20482121.jpg

これでセッションハウスのダンス公演は今年最後となりました。舞台をご覧にお越しいただいた方に改めてお礼を申し上げます。新年の自主公演の始めは118日(金)2Fギャラリーで行われる118日(金)にマドモアゼル・シネマの中島詩織のソロ公演です。初のソロ公演への果敢なる挑戦、ぜひ皆様に目撃者になっていただきたく、お出かけをお待ちしています。(記:伊藤孝)


by sh_offstage | 2018-12-25 21:26 | Comments(0)

われら元大学生ダンサーズ「聖地にぼくらはもどってくる」UDCアフターズ公演間もなく

毎春、全国の大学生が結集して自由に作品を発表するUDC(ユニバース・ダンス・クロス)は17年という歴史を作ってきましたが、その1期生から今日まで参加した元大学生ダンサーが再結集して行うUDCアフターズ公演「あの劇場にふたたび!!!」が間もなく開かれます。「あの劇場」とはもちろんセッションハウスのこと。

d0178431_22203257.jpg
卒業後教師になって生徒にダンスを教えている人、ダンサーとして舞台活動を続けている人、進んだ道は違っても踊り心を失わない卒業生たちの祭典です。地方からの参加する人も多いため、火曜日の夜集まれるだけの人が集まって、テクニカル・リハーサルが行われ、元気いっぱい一いっぱいその一端を披露してくれました。
d0178431_22300209.jpg
d0178431_22252946.jpg
d0178431_22332256.jpg
d0178431_22235936.jpg
d0178431_22212545.jpg
公演は23日(日)20時、24日(月・祝)14時、18時の3回あります。17の作品に大勢が参加するのですから、賑やかさこの上ない公演となることでしょう。皆様にもこの熱気を共有していただきたく、お出でをお待ちしています。(記:伊藤孝)


by sh_offstage | 2018-12-19 22:34 | Comments(0)

静かなる競演・女性振付家による「カトルカール」公演終わる

4人の女性振付家による「カトルカール」の17回目となる公演(2回)が昨日土曜日に行われ、それぞれの手法やダンス体験の異なる4作品が静謐な空気の中で競演する舞台となりました。プログラム順に舞台の一端をご紹介しましょう。

d0178431_14473127.jpg
坂田有妃子『重奏』振付・出演:伊藤千鶴、亀田真奈美、本田ヨシ子(ヴォイス)、赤田有妃子
d0178431_14481544.jpg
みつめている相手の脈の音、書きとめるペンのかすれた音。開くドアが思い出したように ときどき軋む音。窓のカーテンの揺れ。窓のカーテンの揺れ、風が時折打ちつけるように動かす布の音。聞こえている音と想像するだけの音が絡み合い、私たちはあの音楽を探す。
d0178431_14531261.jpg
d0178431_14562985.jpg
②ダンスシアター他動式『道に咲く花』振付:伊藤多恵 出演:かわせみわ、松原左紀子(ゲネプロで松原さんがケガを負ったため、本番はかわせさん一人で踊られました。)
d0178431_14571143.jpg
グレン・グールドのゴールドベルグ変奏曲が時間を刻むデュエット。ささやかに咲き誇る
d0178431_14580220.jpg
d0178431_14590242.jpg
③皆藤千香子『From nothing toone』出演:ヤシャ・フィシュテート
d0178431_14594492.jpg
消滅することにこだわったとき、消滅させるにはまず何かを創りださなければいけないこと
d0178431_15001885.jpg
d0178431_15011708.jpg
白井さち子『でこぼこ』振付・出演:白井さち子 出演:遠藤弘章(東京タンバリン)、田中紅音(熊谷有梨バレエクラス)
d0178431_15021406.jpg
バレエ作品を作りたいと思ってました。バレエはでこぼこは基本的に許されないダンスです。でも人の心も身体も元来でこぼこ。いいじゃんそれで・・・そんな思いを込めて
d0178431_15031823.jpg
d0178431_15034364.jpg
息長く活動し続けている女性振付家たちによる「カトルカール」は来年も続きます。次回は29日の土曜日。福泉陽花(共作:小島弘基)、玉内集子、前澤香苗、小川麻子による4作品による公演です。どんなカトルカール(パウンドケーキ)が生まれるか、楽しみにお待ちください。(記:伊藤孝)


by sh_offstage | 2018-12-16 15:04 | Comments(0)

今年最後の「カトルカール」公演間もなく

今やセッションハウスの名物プログラムとなった「カトルカール」の17回目となる公演が今週末に迫ってきました。今回はドイツからの参加者あって、それぞれ持ち味の異なる4人の女性振付家による作品が競演します。

昨夜、テクニカル下見が行われましたので、その様子をご覧ください。

白井幸子『でこぼこ』出演:遠藤弘章、田中紅音、白井幸子

d0178431_12190615.jpg
d0178431_12194808.jpg
◆ダンスシアター他動式『道に咲く花』振付:伊藤多恵 出演:かわせみわ、松原佐紀子
d0178431_12203701.jpg
d0178431_12212692.jpg
d0178431_12221741.jpg
皆藤千香子『From nothing to one』出演:ヤシャ・フィーシュテート
d0178431_12291646.jpg
d0178431_12273881.jpg
d0178431_12282059.jpg
坂田有妃子『重奏』出演:伊藤千鶴、角田真奈美、本田ヨシ子(ヴォイス)、坂田有妃子
d0178431_12300111.jpg
d0178431_12303989.jpg
公演は15日(土)16時と1930分からの2回です。活躍する女性振付家の競演にぜひお越し下さい。お待ちしています。(記:伊藤孝)















by sh_offstage | 2018-12-12 12:42 | Comments(0)

高木俊徳先生が逝去、悲しみ拡がる

1991年のセッションハウス開設以来、バレエクラスで指導に当たって下さっていた高木俊徳先生は,昨年来闘病生活を送っていらっしゃいましたが、先週の126日に天国に向けて旅立っていかれました。
d0178431_19125983.jpg
日本バレエ協会の重職を勤めながらも、セッションハウスでは27年という長きにわたり、クラスを担当して下さった高木先生です。ダンサー、スタッフ一同、衷心から哀悼の意を捧げるとともに長いことお世話になったことに感謝の気持ちがいっぱいです。在りし日のお姿を拝見しながら先生を偲んでいただければと思います。
d0178431_19162650.jpg
d0178431_19170932.jpg
d0178431_19223981.jpg
高木先生はクラスでバレエ・テクニックを教える一方で、レッスン生に振付をして「高木俊徳劇場」と名付けた公演を何回も開いて下さいました。先生の振付けにはバレエの枠に囚われない自由な発想によるものもあって、踊る人、見る人ともども楽しい舞台創りの名手でもありました。
d0178431_19243473.jpg
d0178431_19253866.jpg
d0178431_19260723.jpg
d0178431_19271712.jpg
d0178431_19275987.jpg
d0178431_19284915.jpg
そして高木先生はジャンルを越えて、近藤良平さんにバレエ・ダンサーへの振付の橋渡しをしたり、ドイツ舞踊連盟の一行が来日した時にはセッションハウスでの近藤良平さんのワークショップの見学を取り計らうなどのことにも尽力して下さった方でした。
d0178431_19294230.jpg
d0178431_19302311.jpg
d0178431_19310747.jpg
今も厳しくもやさしい指導をして下さっていた高木先生のお姿が活き活きと蘇ってきます。
d0178431_19315174.jpg
先生とのお別れのご案内は下記の通りです。

前夜式 1210日(月) 午後7

告別式 1211日(火) 午後1

場 所 日本基督教団 石神井教会礼拝堂 西武池袋線石神井公園下車徒歩10~12

    03-3991-2593

                               (記:伊藤孝)
by sh_offstage | 2018-12-09 19:37 | Comments(0)