人気ブログランキング |
ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

<   2019年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2019年を締めくくった2つの若手ダンサー単独公演

今年最後のダンス・プログラムとして1221日と28日、D-zone フェスで2つの単独公演が行われ、若さあふれる舞台で幕を閉じました。

まず21日に行われたのは日本女子体育大学出身の4人のグループtan tanの公演で、『現実』と題してダンスと映像で「人生というレールの終着地はどこ?」と問いかけていく舞台でした。

2019年を締めくくった2つの若手ダンサー単独公演_d0178431_21380315.jpg
振付・出演:亀頭可奈恵 出演:岡安夏音子、佐々木萌衣、吉田圭
2019年を締めくくった2つの若手ダンサー単独公演_d0178431_21382536.jpg
以前やった振付けのリメイクもあって、前半には激しさと後半には静謐さが特徴のダンス・シーンが展開していったのでした。
2019年を締めくくった2つの若手ダンサー単独公演_d0178431_21384667.jpg
2019年を締めくくった2つの若手ダンサー単独公演_d0178431_21390556.jpg
そして28日には久々にボーナス・トラックが登場、今回は他の2つのグループを誘ってのジョイント公演で、それぞれ持ち味の異なる3作品の競演となりました。
2019年を締めくくった2つの若手ダンサー単独公演_d0178431_21415954.jpg
先陣をきったグループは“妖精大図鑑”。『カレンダー・ドリーム』と題して、残り少なくなった日めくりカレンダーを前に、年の瀬を迎えて慌てふためく様子をコミカルに描いた舞台を見せてくれました。
2019年を締めくくった2つの若手ダンサー単独公演_d0178431_21422013.jpg
構成・演出・振り付け:永野百合子 脚本:飯塚うなぎ 出演:飯塚うなぎ、鈴木はじめ、永野百合子(以上、妖精大図鑑)、安部萌、小林菜々、平山犬(天ぷら銀河)
2019年を締めくくった2つの若手ダンサー単独公演_d0178431_21424160.jpg
2019年を締めくくった2つの若手ダンサー単独公演_d0178431_21430600.jpg
2019年を締めくくった2つの若手ダンサー単独公演_d0178431_21444466.jpg
続いて登場したのは“ムルマ”というグループの3人。アクロバティックな動きをまじえてカラダの動きの面白さを見せてくれました。作品名は『※』とはこれいかに?
2019年を締めくくった2つの若手ダンサー単独公演_d0178431_21450342.jpg
振付・構成・出演:安心院かな、安岡あこ、大塚郁実
2019年を締めくくった2つの若手ダンサー単独公演_d0178431_21452277.jpg
2019年を締めくくった2つの若手ダンサー単独公演_d0178431_21453305.jpg
2019年を締めくくった2つの若手ダンサー単独公演_d0178431_21553391.jpg
そして最後を飾ったのは“ボーナストラック”。中村理をゲストに迎え『フルパレル』と題して映像、音楽、衣装、小道具等に工夫をこらし人生のさまざまな局面を描いたようなシーンが展開されている舞台となりました。
2019年を締めくくった2つの若手ダンサー単独公演_d0178431_21562925.jpg
2019年を締めくくった2つの若手ダンサー単独公演_d0178431_21472371.jpg
演出・振り付け・出演:香取依里、中村駿、仁科幸、中村理(ゲスト)
2019年を締めくくった2つの若手ダンサー単独公演_d0178431_21475515.jpg
2019年を締めくくった2つの若手ダンサー単独公演_d0178431_21574751.jpg
ラスト・シーンには獅子舞が登場、新しい年を迎えるにふさわしい踊りで幕となったのでした。
2019年を締めくくった2つの若手ダンサー単独公演_d0178431_21482330.jpg
2019年を締めくくった2つの若手ダンサー単独公演_d0178431_21483475.jpg
賑やかに今年の幕を閉じたセッションハウスのダンス・プログラム。来年も多彩な企画が目白押しです。ご期待のほどよろしくお願いいたします。(記:伊藤孝)


by sh_offstage | 2019-12-28 21:59 | Comments(0)

「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる

先日の7日(土)と8日(日)に今年の「ダンスブリッジ」の最後を飾る「旅は道連れ劇場」が行われ、男4人組とマドモアゼル・シネマが競演し、舞台から熱い空気が立ち上ってくる公演となりました。

「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_17460952.jpg
昨年は伊藤直子と笠井瑞丈の2人の振付家が各々のレパートリー作品を交流の場としましたが、今回はさらに踏み込んだ試みとして、笠井瑞丈が男組の4人とマドモアゼル・シネマの7人の2作品に振付ける試みに挑戦しました。
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_17463331.jpg
まず最初に登場したのは笠井瑞丈、奥山ばらば、鯨井謙太郒、小出顕太郎の4人。作品は題して『四人の僧侶』、言葉を吐きながらコミカルな仕草もたっぷりなエキサイティングなダンスを見せてくれました。
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_17465151.jpg
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_17562416.jpg
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_17474825.jpg
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_17503929.jpg
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_17530454.jpg
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_17540681.jpg
そして、男たちが踊り終わると同時に着物をはおったマドモアゼル・シネマの7人(竹之下たまみ、蓮子奈津美、古茂田梨乃、中島詩織、須川萌、佐治静、中込美加恵)が登場。
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_18000795.jpg
そしてはっと気が付くと原田松野さんが制作した衣裳に変わって意表を突かれ、ダンサーちがも虫かゾンビのようにもぞもぞと動き出すのでした。作品のタイトル『七つの大罪』 とはこれいかに?
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_18013254.jpg
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_18042287.jpg
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_18045849.jpg
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_18051660.jpg
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_18053525.jpg
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_18054998.jpg
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_18060532.jpg
そして最後には野坂昭如の「黒の舟唄」がろうろうと聴こえてくる中で伊藤直子が振付けにより、「旅は道連れ」という合言葉で男女11人が一緒に踊る祝祭的空間が創り出され、桜の花が散る中で幕となったのでした。
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_18132305.jpg
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_18071710.jpg
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_18080113.jpg
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_18082174.jpg
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_18090121.jpg
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_18161168.jpg
「ダンスブリッジ:旅は道連れ劇場」公演盛況裏に終わる_d0178431_18182294.jpg
「男と女の間には暗くて深い河」があっても、男と女は会わずにいられない。男の喜劇性(寅さんがオイちゃんに「ばっかだなあ!」と言われていたようなユーモア)と女たちの内なる獣性(「獣たちは荒野をめざす」といった感じのエナジー)が、どのような出会いをしたのか、しなかったのか。それは答えの出ない永遠の問いかも知れません。(記:伊藤孝)





















by sh_offstage | 2019-12-10 18:19 | Comments(0)

男と女の間には何がある?「ダンスブリッジ・旅は道連れ劇場」間もなく

今年の「ダンスブリッジ」の最後を飾る「旅は道連れ劇場」(監修:伊藤直子編)が今週末に迫ってきました。今回は総合振付・演出を笠井瑞丈が担い、男4人組が「四人の僧侶」、マドモアゼル・シネマの7人が「七つの大罪」と題した作品で競演します。

男と女の間には何がある?「ダンスブリッジ・旅は道連れ劇場」間もなく_d0178431_02542869.jpg
昨夜行われたテクニカル・リハーサルは、男と女の間には何がある?と思わされる濃密な世界が展開。まず登場したのは鯨井謙太郒、笠井瑞丈、小出顕太郎、奥山ばらばの男組の4人。時には言葉を吐きながらさまざまな姿態によるダンスを披露してくれました。
男と女の間には何がある?「ダンスブリッジ・旅は道連れ劇場」間もなく_d0178431_02545070.jpg
男と女の間には何がある?「ダンスブリッジ・旅は道連れ劇場」間もなく_d0178431_02550405.jpg
男と女の間には何がある?「ダンスブリッジ・旅は道連れ劇場」間もなく_d0178431_02554256.jpg
男と女の間には何がある?「ダンスブリッジ・旅は道連れ劇場」間もなく_d0178431_02555425.jpg
男と女の間には何がある?「ダンスブリッジ・旅は道連れ劇場」間もなく_d0178431_02562348.jpg
そしてマドモアゼル・シネマ(竹之下たまみ、蓮子奈津美、古茂田梨乃、中島詩織、須川萌、佐治静、中込美加恵)が登場しましたが、衣裳は見てのお楽しみということで、記念撮影だけのご紹介です。
男と女の間には何がある?「ダンスブリッジ・旅は道連れ劇場」間もなく_d0178431_02564526.jpg
そして最後には男組、女組が伊藤直子振付けで一緒に踊る圧巻のシーンで幕という段取りになっています。公演は7日(土)19時、8日(日)14時、18時の3回です。ぜひ男女2組の対決をご覧いただきたく、皆様のお越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)


by sh_offstage | 2019-12-04 03:00 | Comments(0)