人気ブログランキング |
ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

あの時代のことを語りたい

プロデューサーの伊藤孝です。

昨日8月9日は長崎の「原爆の日」だった。今日はダンスやアート以外のことを語ることを許してほしい。

8月、今年は日本の敗戦後65年という節目だからだろうか、テレビでは例年以上に多くの戦争にまつわるドキュメンタリー番組やドラマが放映されている。私はダンスや展覧会の企画を進めていく一方で、少年時代に疎開地から広島への原爆投下の閃光を目撃した者として、そうした番組やニュースに無関心ではいられない。そして10年か15年か早く生まれていたら、自分も戦場に行き人に銃を向けていたかも知れないのだ。そう想像するにつけ、あの時代に起きたことが他人事とは思えなくなってくる。

そうしたニュースや番組を見る中で大きな衝撃を受けたことがある。それは核兵器の廃絶を唱えながらも「核抑止力は我が国にとって引き続き必要」と語った広島での記念式典後の総理大臣の発言だった。65年もの間苦しみぬいてきた被爆者の方々にとっても、平和を願って生きている私たちのとっても、現実主義者とはいえあまりにも配慮のない言葉である。被爆国の首長が言ってはいけない言葉ではないだろうか。長崎、広島を訪れ被爆者の話を聞いて核廃絶への決意を固めたという国連事務総長潘基文氏の真摯な姿勢に比して、現実を変えていこうとする理念を欠いた発言だと思わざるを得ない。

私たちダンスやアートに携わる者たちには、現実世界が酷ければ酷いほど過去の記憶を風化させることなく将来へ向けて希望の兆しを提示していく役割がよりいっそう強く求められている。そう考える時、こうした言葉の一つ一つに敏感であることが必要だと改めて思う。



セッションハウスメインサイトはこちら⇒www.session-house.net
# by sh_offstage | 2010-08-10 14:30 | Comments(2)

ジャンさんワークショップ始まる

プロデューサーの伊藤孝です。

NYからやって来た椎名葉さんのベリーダンスWSも昨日滞りなく終了しました。
未知の体の使い方を学び新鮮な体験をした参加者の方々からは、
「また絶対やってほしい」との声が寄せられ、葉さんもやる気まんまん。
またの来日が今から待たれます。
セッションハウスに新たな風を送り込んでくださって、
葉さん、ほんとにほんとにありがとう。

それに引き続き昨日はプレ・クラスを皮切りにジャンさんのWSが始まりました。
プレ・クラスではジャンさんが座学スタイルで「天から地から」エレルギーを感じ取って体を
動かしてほしいという踊りの哲学やピナ・バウシュに至るダンスの歴史などを
披露、ダンスへの向き合い方を考えるひとときとなりました。

そして今日からは、テクニックとクリエーションのWSがスタート、
本格的なワークが始まりました。
とりわけクリエーションWSは16日間で一人ひとりの特性を見極めながら
作品を構築していくため、参加者にはそうとうな集中力が求められるものですから、
たいへんです。でも参加者の熱心な取り組みを拝見していると、
きっと見応えのある公演へと結実していくであろうと今から乞うご期待です。




セッションハウスメインサイトはこちら⇒www.session-house.net
ジャンさんワークショップ始まる_d0178431_10353474.jpg

# by sh_offstage | 2010-08-08 23:39 | Comments(2)

相次ぐサマーワークショップ

プロデューサーの伊藤孝です。

今日、ジャンさんがヴッパタールからやって来ました。
今のところは得意の時差ボケもないようで、元気いっぱい。
明日からいよいよ3週間のロングWSが始まります。

WSといえば、昨日から明日までの3日間は、公演を終えたばかりの
椎名葉さんによるベリーダンスのWSが始まっています。
おへそを出して踊るのに慣れている経験者の方も参加していますが、
コンテンポラリー・ダンスとは筋肉の使い方が違うので、
とまどいながらも未知なるものに挑戦する参加者の表情も楽しそう。
艶やかなベリーダンスなのに葉さんはご自分のことを「オレ」などと言って
男勝りな一面も見せて、和気あいあいのいい雰囲気のWSになっています。

相次ぐサマーワークショップ_d0178431_10333029.jpg
相次ぐサマーワークショップ_d0178431_10334154.jpg

WSとなるとスタッフはいつもは照明をやっている石関美穂さんや
ダンサーであり舞台監督も勤める伊達麻衣子さんが受付に、
私はカメラマンに変身するのです。
いつもは音響担当の相川貴君が神戸からブログを送ってくれましたが、
先日のマドモアゼル・シネマ公演では音響は先輩格の上田道崇君が
担当、相川君は舞台監督をとどこおりなく勤めてくれました。
美術担当のくに若尾さんの力作「マド子ちゃん」人形を
舞台にセットするのに苦心する相川君の写真をお見せすることとしましょう。



セッションハウスメインサイトはこちら⇒www.session-house.net
# by sh_offstage | 2010-08-07 00:25 | Comments(2)

神戸の夏

音響相川です。

遅ればせながら、マド公演に観に来て頂いた皆々様、本当にありがとうございました☆

マド公演から約一週間…

more
# by sh_offstage | 2010-08-06 21:50 | わたくしごと | Comments(2)

ジャンさんがやって来る

もう一昨日の深夜のことになりますが、ジャンさんが8月6日に来日するとのメールが入りました。
そしていよいよ今週の土曜日からワークショップが始まります。
今年のWSは例年よりは長く、28日、29日の公演へと繋がっていくものですが、
ジャンさんも時差ボケする間もなく、頑張ってくださることでしょう。

ジャンさんがやって来る_d0178431_1032317.jpg


海外とのメールの交信作業といえば、どうしても時差のために深夜遅くになることが多いのですが、
今はメール1本で海外のダンサー達と意見交換ができるのですから、隔世の感があります。
マドマアゼル・シネマの公演の前には、ベルリンの昌ちゃん(梶村昌世)からは映像のことなどで
ひんぱんにメールが入ってきましたし、今もドイツやフランス、ポルトガル、ポーランド、ハンガリー、ブルガリア、イスラエルなどからさまざまな情報が届いています。そうした中から手ごたえのある国際交流企画が生まれてくるのだと思うと、メール交信にも力が入ってくるというものです。

伊藤 孝


セッションハウスメインサイトはこちら⇒www.session-house.net
# by sh_offstage | 2010-08-05 14:38 | Comments(2)