人気ブログランキング |
ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

明日に迫った「ダンス専科」公演

毎年、桜の季節に実施している「ダンス専科」公演が明日に迫ってきました。日本舞踊1組とさまざま手法によるコンテンポラリーダンス4組に総勢43名が結集し、短期集中のワークショップで創り上げて作品で競演します。先日2夜にわたってテクニカル・リハーサルが行われましたが、それを見ると「ダンスの面白さっていろいろあるんだなあ」と改めて思える賑やかな公演になりそうで、楽しみです。

d0178431_13570464.jpg
坂東扇菊作品『間』
d0178431_13571763.jpg
d0178431_13573134.jpg
スズキ拓朗作品・踊る小説『かもめのジョナサン』
d0178431_13574801.jpg
d0178431_13580014.jpg
笠井瑞丈作品『十人十色』(仮題)
d0178431_13581591.jpg
d0178431_13582736.jpg
鈴木竜作品『Butterfly Effect
d0178431_13584062.jpg
d0178431_13585887.jpg
平原慎太&小松睦作品『0 to 0
d0178431_13592090.jpg
公演は明日46日(土)16時と19時の2回あります。春爛漫の中ダンスのいろいろが見れる楽しい公演です。皆様のお越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)


# by sh_offstage | 2019-04-05 14:02 | Comments(0)

4月公演を前にマド・パーティ開催

4月末に迫っている「平成行進曲」公演を前にして、先週の329日(金)の夜、地下スタジオでマドモアゼル・シネマのパーティが開かれました。

d0178431_01290127.jpg
夜遅いのにもかかわらず20名余のお客さんを交えて、まずは「平成行進曲」の導入部のシーンを披露、過ぎゆく平成時代への別れを告げる作品をイメージしたもらう時間から始まりました。
d0178431_01475204.jpg
d0178431_01420040.jpg
それに続いて昨年11月和歌山の串本で行った小学生たちへのワークショップの模様を須川萌が
撮影編集した記録映像を見てもらいました。
d0178431_01495416.jpg
d0178431_01304432.jpg
d0178431_01312087.jpg
d0178431_01564745.jpg
その後のパーティでは今後の活動をめぐって賑やかな語らいのひとときを持ったのでした。
d0178431_01481006.jpg

「平成行進曲」の振付作業はまだまだ続きますが、どのような作品として結実するか、楽しみです。公演は427日(土)は19時から、28日(日)は14時、18時からの3回行われます。ご期待ください。(記:伊藤孝)















# by sh_offstage | 2019-04-01 01:59 | Comments(0)

ギャラリーに春が来た!ツーゼ・マイヤー展始まる

ドイツの画家ツーゼ・マイヤーさんの個展が、昨日水曜日から2階のギャラリー【ガーデン】で始まっています。

d0178431_20240562.jpg
ツーゼさんはベルリンと東京の間を行き来しながら制作に打ち組んでいる作家、一昨年までは東京工業大学などで教えるとともに、多数の個展を東京、上海、ベルリン、鎌倉、京都などで開く一方、中国や台湾の大学などでワークショップを開いたりと、活発に活動を続けています。
d0178431_20242447.jpg
ツーゼさんは2年前にも当ギャラリーで個展を開催。その時以来中国で学んだと言う円形の紙にカラーインクで描いた作品やキャンバスにアクリル絵具と顔料で描いた作品など数多くが展示され、明るいカラフルな世界が出現。春爛漫の季節がやってきた感のする展覧会です。
d0178431_20244300.jpg
作品のタイトルには「Under Grass is Singing」とか「Under the Trees」「Diary of Spring」「Constructing Universe」「Love Letter」といったシリーズタイトルが付けられており、自然や宇宙からインスパイアされた作品群で楽しませてくれます。
d0178431_20253809.jpg
d0178431_20252047.jpg
d0178431_21414880.jpg
d0178431_21422502.jpg
この展覧会は44日(木)まで開催中です。ぜひギャラリーにお出でいただき春爛漫の空気を味わっていただけたらと思います。ツーゼんさんが皆様のお越しをお待ちしています。(記:伊藤孝)


# by sh_offstage | 2019-03-28 21:44 | Comments(0)

見る人の思考を促す近藤あき子展始まる

セッションハウスの2F ギャラリー【ガーデンで】で、今日5日火曜日から1948年生まれ、早稲田大学でロシア文学を学んだ異色の経歴を持つ近藤あき子さんの個展が開かれています。

d0178431_21564745.jpg

油絵、アクリル、版画、墨、布などによる作品が多数展示された展覧会ですが、とりわけ布を使ったインスタレーションの数々が会場を圧するものがあります
d0178431_21530811.jpg
d0178431_21570986.jpg
自由であるようだけれども、何か強い力に引きずられかねず、格子の中にいるような世界のあり様に、「これでいいのだろうか?」と問いかけ、見る人の思考を促すような作品群です。
d0178431_21585205.jpg
「われわれの時代は本質的に悲劇の時代である。」でも「私たちは生きなければならない。たとえ天が何回落ちようとも。」(D.H.
ロレンス)
d0178431_21592687.jpg
この近藤さんの展覧会は13日(水)まで開かれています。見る方の能動性をかきたてる展覧会、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

また、会期中には、2回にわたり今の世界を考えるトークの会も企画されています。7日(水)16時からは「憲法9条に何が出来るか?」というテーマによるフリートークが、そして9日(土)16時からは講師を招いて「電気代0円生活」など暮らしや経済のあり方を語り合うトーク(参加費500円)が開かれます。(記:伊藤孝)


# by sh_offstage | 2019-03-05 22:02 | Comments(0)

学生たちの祭典UDC「平成BLUE」公演終わる

一昨日2日(土)と3日(日)に、毎春恒例の大学生たちのダンスの祭典UDC公演が行われました。今年は10大学から40名が参加して、各大学ごとの作品と合同作品で、平成の最後を飾る想いをこめて踊る舞台となりました。「平成BLUE」と題しているように、若者らしい賑やかさの中にも、一つの時代を静かなに見送るような空気も流れる公演でした。走馬灯のように流れていった作品の数々をご覧ください。

d0178431_02175399.jpg
オープニング
d0178431_01472209.jpg
天理大学『scramble
d0178431_01473417.jpg

東京学芸大学『36.5°C

d0178431_01482499.jpg
尚美学園大学『未知』

d0178431_01490944.jpg

合同作品1『軽口バラード』

d0178431_01532388.jpg

合同作品2『ことばに呑みこまれるとき』

d0178431_01535106.jpg
お茶の水女子大学『自己問答』
d0178431_01545766.jpg
日本大学『oblivion
d0178431_01553964.jpg
大東文化大学『ひとなつの冒険』※2日のみ参加
d0178431_01560573.jpg
東京女子体育大学『わたしたちのブルース』※3日のみ参加
d0178431_01562144.jpg
立教大学『侘花』
d0178431_01563826.jpg
聖心女子大学『香』
d0178431_01565591.jpg
合同作品3『メトロポリス』
d0178431_01591474.jpg
そして全員が笑顔いっぱいのフィナーレで若さが一気に爆発、賑やかに幕となったのでした。
d0178431_02000646.jpg
d0178431_02305395.jpg
昭和の残滓もすっかり消え失せて一味も二味も違う空気が流れる公演でしたが、さて来るべき新しい年後となって学生ダンサーたちがどのような気持ちを抱いて登場してくるのか、早くも来年が楽しみになってきています。(記:伊藤孝)






































# by sh_offstage | 2019-03-04 02:28 | Comments(0)