人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

セッションハウス スタッフブログ 【スタッフより。】

fromstaff.exblog.jp

「ダンスブリッジ」第1弾・笠井瑞丈監修公演、詩情豊かな舞台となって幕となる

今年の「ダンスブリッジ」の第1弾として、笠井瑞丈監修公演が18日(土)と19日(日)に3回にわたって行われ、ダンスと朗読による詩情あふれる舞台となりました。

題して『霧の彼方へ』。

「ダンスブリッジ」第1弾・笠井瑞丈監修公演、詩情豊かな舞台となって幕となる_d0178431_16370962.jpg

出演は笠井叡氏を筆頭に笠井瑞丈、笠井禮示、浅見裕子、上村なおかの5人の舞踊手と、テキストの朗読で笠井久子夫人とピアノ演奏に島岡多恵子が出演、作中に長男の笠井璽示さんの写真が登場し、多彩な場面が次々と展開していきました。

「ダンスブリッジ」第1弾・笠井瑞丈監修公演、詩情豊かな舞台となって幕となる_d0178431_16421306.jpg
「ダンスブリッジ」第1弾・笠井瑞丈監修公演、詩情豊かな舞台となって幕となる_d0178431_16435017.jpg
「ダンスブリッジ」第1弾・笠井瑞丈監修公演、詩情豊かな舞台となって幕となる_d0178431_16402233.jpg
「ダンスブリッジ」第1弾・笠井瑞丈監修公演、詩情豊かな舞台となって幕となる_d0178431_16413444.jpg
「ダンスブリッジ」第1弾・笠井瑞丈監修公演、詩情豊かな舞台となって幕となる_d0178431_16430632.jpg
「ダンスブリッジ」第1弾・笠井瑞丈監修公演、詩情豊かな舞台となって幕となる_d0178431_16455028.jpg
「ダンスブリッジ」第1弾・笠井瑞丈監修公演、詩情豊かな舞台となって幕となる_d0178431_16444029.jpg
「ダンスブリッジ」第1弾・笠井瑞丈監修公演、詩情豊かな舞台となって幕となる_d0178431_16474216.jpg
「ダンスブリッジ」第1弾・笠井瑞丈監修公演、詩情豊かな舞台となって幕となる_d0178431_16485562.jpg

モーツアルトのレクイエムやフレデリク・モンポウなどの曲が響く中、リューマチいう難病に長年悩まされてきた久子夫人が自作の詩を朗読、胸に静かに響いてくるシーンもあって、私たちを想像豊かな世界に誘っていく忘れがたい時間が過ぎていったのでした。
「ダンスブリッジ」第1弾・笠井瑞丈監修公演、詩情豊かな舞台となって幕となる_d0178431_16520722.jpg
「ダンスブリッジ」第1弾・笠井瑞丈監修公演、詩情豊かな舞台となって幕となる_d0178431_16494948.jpg
「未来から記憶の風が吹いてくる。心の中にたくさん、コトバの種を植えよ。美しい色、芳しい香り、透明な響き。壊れていくカラダを恐るな!心の中のコトバタチ。やがて光と熱になって、壊れたカラダは、青空の中に溶けていく・・・。」

「ダンスブリッジ」第1弾・笠井瑞丈監修公演、詩情豊かな舞台となって幕となる_d0178431_16542250.jpg

「私は、霧の中をいつから歩いているのだろうか?前も後ろも見えない。内も外も・・・ない。私がいない。どこ?私はどこにいるの?・・・彼方から、風が吹いてきた・・・

朝、目覚めると、大きな夏の青空が、リウマチで歪んだ私のカラダの内側に、するりと入り、70年前の朝が今日の朝と重なる。」

「ダンスブリッジ」第1弾・笠井瑞丈監修公演、詩情豊かな舞台となって幕となる_d0178431_16562528.jpg

「困難な時こそ、カラダはそれを克服しようとするチカラを持つものです。そのチカラが作品を生むのです。“恐れるな”前に進もう。母の言葉はチカラ強い。霧の彼方に」(笠井瑞丈)

「ダンスブリッジ」第1弾・笠井瑞丈監修公演、詩情豊かな舞台となって幕となる_d0178431_16553426.jpg
「ダンスブリッジ」第1弾・笠井瑞丈監修公演、詩情豊かな舞台となって幕となる_d0178431_16572684.jpg
「ダンスブリッジ」第1弾・笠井瑞丈監修公演、詩情豊かな舞台となって幕となる_d0178431_16574403.jpg

この「霧の彼方へ」の公演を見れなかった方、再度見たい方は、今週の土曜日までアーカイブでオンライン配信をしていますので、ぜひご覧になって下さい。セッションハウスのHPでその申込のやり方をご案内をしています。

 なお「ダンスブリッジ」は第2弾として109日(土)、10日(日)に平原慎太郎監修公演を実施致します。12月まであと6つの監修公演を行いますので、コンテンポラリーダンスのさまざまをお楽しみになることが出来ます。ご期待下さい。(記:伊藤孝)


# by sh_offstage | 2021-09-20 17:14 | Comments(0)

今年の「ダンスブリッジ」笠井一族の乱舞で間もなく開幕へ

セッションハウス毎年恒例のプログラム「ダンスブリッジ」の今年の第1弾として、今週末の18日に笠井瑞丈監修公演で幕を開けます。この公演には笠井叡氏一族のダンス一家が勢揃いして出演し、昨年夏の単独公演の2回目として実施するものです。
今年の「ダンスブリッジ」笠井一族の乱舞で間もなく開幕へ_d0178431_13564535.jpg
今年の「ダンスブリッジ」笠井一族の乱舞で間もなく開幕へ_d0178431_13572108.jpg
昨夜、テクニカルの下見が行われ、エネルギッシュなダンスを目いっぱい見せてくれました。今回出演するのは笠井叡氏を筆頭に笠井瑞丈、笠井禮示、浅見裕子、上村なおか、テキストの朗読で笠井久子夫人とピアノ演奏に島岡多恵子で、多彩な場面を創り出していくものです。昨夜の下見には笠井禮示は都合で参加出来ませんでしたが、本番の舞台は必見のものと感じさせる試演でした。
今年の「ダンスブリッジ」笠井一族の乱舞で間もなく開幕へ_d0178431_13593479.jpg
今年の「ダンスブリッジ」笠井一族の乱舞で間もなく開幕へ_d0178431_14002010.jpg
とりわけ1970年代から踊り続けてきた笠井叡氏のダンスは、変わらぬ激しい動きを見せてくれるもので、圧巻の舞台になりそうです。
今年の「ダンスブリッジ」笠井一族の乱舞で間もなく開幕へ_d0178431_14011027.jpg
今年の「ダンスブリッジ」笠井一族の乱舞で間もなく開幕へ_d0178431_14073236.jpg
今年の「ダンスブリッジ」笠井一族の乱舞で間もなく開幕へ_d0178431_14023748.jpg
今年の「ダンスブリッジ」笠井一族の乱舞で間もなく開幕へ_d0178431_14031506.jpg
今年の「ダンスブリッジ」笠井一族の乱舞で間もなく開幕へ_d0178431_14033567.jpg
今年の「ダンスブリッジ」笠井一族の乱舞で間もなく開幕へ_d0178431_14035872.jpg
今年の「ダンスブリッジ」笠井一族の乱舞で間もなく開幕へ_d0178431_14041978.jpg
この公演は9月18日(土)は19時、19日(日)は13時と17時の3回公演です。まだ日曜日の回には空席がありますので、誘い合わせてご覧にお出でくださればと願っています。
なお、最終回の19日の17時からの公演は同時にオンライン配信を致しますので、劇場にお出でにならない方は、そちらでぜひ見ていただければと思います。オンラインでの鑑賞はセッションハウスのHPでご案内しています。ご期待下さい。
(記:伊藤孝)


# by sh_offstage | 2021-09-15 14:26 | Comments(0)

マドモアゼル・シネマ新作「そらがな区」公演、好評裏に終わる

94日(土)、5日(日)に4回実施したマドモアゼル・シネマの新作「そらがな区」の公演は、観客数を制限しながらも好評裏に終了しました。私たちが直面して空が血の涙を流すような現在の状況下にあっても、ダンサーたちそれぞれが子どもの頃の体験や記憶を思い出しながら編み出していったシーンの数々は、ご覧になった方のも共感を呼ぶものが少なからずあったようでした。

マドモアゼル・シネマ新作「そらがな区」公演、好評裏に終わる_d0178431_14180741.jpg
振付・演出は伊藤直子、出演は竹之下たまみ、蓮子奈津美、中島詩織、秋元麻友子のレギュラー・メンバーに加えてプロジェクト・ダンサーとして井上渚、上井菜奈、鴨頭菜子、齊藤奈彩、田中真夏、村上優の6名が参加、舞台狭しとパフォーマンスを展開させていきました。
マドモアゼル・シネマ新作「そらがな区」公演、好評裏に終わる_d0178431_14072974.jpg
マドモアゼル・シネマ新作「そらがな区」公演、好評裏に終わる_d0178431_14152179.jpg
マドモアゼル・シネマ新作「そらがな区」公演、好評裏に終わる_d0178431_14351515.jpg
マドモアゼル・シネマ新作「そらがな区」公演、好評裏に終わる_d0178431_14024671.jpg
マドモアゼル・シネマ新作「そらがな区」公演、好評裏に終わる_d0178431_14040680.jpg

幼い時の最初に記憶していることを語る者、谷川俊太郎の詩に仮託して子どもの頃の想いを伝えようとする者、いたずらしたことを仕草で表現する者などなど、多彩な演技とダンスが次々と生み出されていったのでした。

マドモアゼル・シネマ新作「そらがな区」公演、好評裏に終わる_d0178431_14081746.jpg
マドモアゼル・シネマ新作「そらがな区」公演、好評裏に終わる_d0178431_14090415.jpg
マドモアゼル・シネマ新作「そらがな区」公演、好評裏に終わる_d0178431_14224033.jpg
マドモアゼル・シネマ新作「そらがな区」公演、好評裏に終わる_d0178431_14094099.jpg
マドモアゼル・シネマ新作「そらがな区」公演、好評裏に終わる_d0178431_14100678.jpg
マドモアゼル・シネマ新作「そらがな区」公演、好評裏に終わる_d0178431_14410726.jpg
マドモアゼル・シネマ新作「そらがな区」公演、好評裏に終わる_d0178431_14102622.jpg
マドモアゼル・シネマ新作「そらがな区」公演、好評裏に終わる_d0178431_14124714.jpg
音楽には慶応大学大学院の研究生ダニー君が作曲してくれたものと、水前寺清子や炭坑節、マーラーや坂本龍一、忌野清志郎などの既成曲を交えて、照明効果(若尾美穂)とともに巧みな操作(上田道崇)で多彩な音が鳴り響く空間が創られていったのでした。衣裳は原田松野さん、美術はくに若尾さんとお馴染みの面々でダンサーたちの演技を彩っていきました。また、ラスト・シーンには元マドのメンバーだった須川萌が新たな手法で子ども達の映像が流れる新たな表現も登場、多くのスタッフの共同作業が生み出す舞台となりました。

マドモアゼル・シネマ新作「そらがな区」公演、好評裏に終わる_d0178431_14121992.jpg
マドモアゼル・シネマ新作「そらがな区」公演、好評裏に終わる_d0178431_14132365.jpg
マドモアゼル・シネマ新作「そらがな区」公演、好評裏に終わる_d0178431_14322980.jpg

そして5日(日)の最後の回はオンライン配信を実施し、アフタートークにゲストに東文化大学准教授の石渕聡さんを迎えて語り合うひとときで幕となりました。

マドモアゼル・シネマ新作「そらがな区」公演、好評裏に終わる_d0178431_14140198.jpg
しかし、原因不明の機構上のトラブルでオンラインが中断してしまい、ご覧になって下さった方々にご迷惑をおかけしてしまったことを、お詫び申し上げます。その後ラインが回復しましたので、今週土曜日までアーカイブで見ることが出来ますので、ご覧いただければと願っています。アクセスのやり方はセッションハウスのHPをご覧になって下さい。

なお、マドモアゼル・シネマの「旅するダンス」はまだまだ続きます。12月に新たなダンサーも加えて「東京物語」をリメイク再演する予定ですので、ご期待下さい。(記:伊藤孝)


# by sh_offstage | 2021-09-07 14:42 | Comments(0)

マドモアゼル・シネマ新作公演「そらがな区」公演間もなく

有観客オンライン劇場で始まった「未来ダンス」の一環として、マドモアゼル・シネマが今週末、新作公演を実施します。美しい空が拡がりながらも、予告なく嵐が吹き荒れる空の下、少女時代の記憶を呼び起こしながらダンスを紡ぎ出していく作品を創出していく公演です。題して「そらがな区」。

マドモアゼル・シネマ新作公演「そらがな区」公演間もなく_d0178431_13595006.jpg

昨火曜日の夜、テクニカルの下見が行われましたので、その一端をごご覧ください。公演当日には原田松野さんのユニークな衣裳をまとったりしますけれど、それは本番を見てのお楽しみです。
マドモアゼル・シネマ新作公演「そらがな区」公演間もなく_d0178431_13551625.jpg
マドモアゼル・シネマ新作公演「そらがな区」公演間もなく_d0178431_13553329.jpg

振付・演出は伊藤直子、出演は竹之下たまみ、蓮子奈津美、中島詩織、秋元麻友子のレギュラー・メンバーに加えてプロジェクト・ダンサーとして井上渚、上井菜奈、鴨頭菜子、齊藤奈彩、田中真夏、村上優の6名が参加しています。

マドモアゼル・シネマ新作公演「そらがな区」公演間もなく_d0178431_13554892.jpg
マドモアゼル・シネマ新作公演「そらがな区」公演間もなく_d0178431_13560310.jpg
マドモアゼル・シネマ新作公演「そらがな区」公演間もなく_d0178431_13561626.jpg
マドモアゼル・シネマ新作公演「そらがな区」公演間もなく_d0178431_13563127.jpg
マドモアゼル・シネマ新作公演「そらがな区」公演間もなく_d0178431_13564946.jpg

公演は94日(土)は14時と18時、5日(日)も14時と18時の4回公演で、最終回の518時からはオンライン配信も致します。劇場のお出でになれない方もオンライでご覧になって下さい。オンラインのご案内はセッションハウスのHPを開いてみていだだければと思います。

夏の終わりのひととき、皆様に少しでも心の中に晴れ間がのぞくひとときになることを願っています。(記:伊藤孝)


# by sh_offstage | 2021-09-01 14:01 | Comments(0)

UDCアフターズの単独公演シリーズ「未来ダンス」が始まる

大学生ダンサーたちの合同公演「UDC」体験者で卒業後も踊り続けている者たちが単独公演に挑むシリーズ「未来ダンス」の第1弾と第2弾が28日(土)と29日(日)にオンライン同時配信で行われました。企画監修の伊藤直子が、パンデミックという事態の中で考え感じたことを基にした作品創りをとの求めに応えた創意あふれる舞台が相次ぎました。

UDCアフターズの単独公演シリーズ「未来ダンス」が始まる_d0178431_13312892.jpg

28日の第1弾はお茶の水女子大学舞踊教育コース出身の甲斐ひろなと伊藤まこと。『ぱらいそ(ポルトガル語で楽園の意)』と題した作品で、演劇的な要素やユニークな映像(菅野歩美)とユーモラスな会話音などを駆使したダンスを見せてくれました。

UDCアフターズの単独公演シリーズ「未来ダンス」が始まる_d0178431_13314212.jpg
UDCアフターズの単独公演シリーズ「未来ダンス」が始まる_d0178431_13315779.jpg

2020年、生活様式は一変し、非常事態が日常になり、人と人との間にアクリル板が置かれ、自宅が仕事になり、“境界”のあり方は揺さぶられてきました。“境界”に立たされ毎日のうだつのあがらない“日常”から救い出してくれる“楽園”として創作しました。」

UDCアフターズの単独公演シリーズ「未来ダンス」が始まる_d0178431_13321509.jpg
UDCアフターズの単独公演シリーズ「未来ダンス」が始まる_d0178431_13323505.jpg
UDCアフターズの単独公演シリーズ「未来ダンス」が始まる_d0178431_13324988.jpg
UDCアフターズの単独公演シリーズ「未来ダンス」が始まる_d0178431_13330218.jpg

続いて29日には第2弾として大東文化大学出身の小林萌と渡邊華蓮が登場。『ON AIR』と題した作品で、三脚を付けたスマホ・カメラ13本が林立する中、どこかレトロな感のするポップ音楽が流れる中、時には映像(及川菜摘)をバックにカラダの微妙な動きを駆使した切れ味のいいダンスを見せてくれました。

UDCアフターズの単独公演シリーズ「未来ダンス」が始まる_d0178431_13331431.jpg

UDCアフターズの単独公演シリーズ「未来ダンス」が始まる_d0178431_13333375.jpg
「オンライン時代の今日、私たちは、誰と接触し、何を食べ、どこへ行ったのか。全てを把握され、記録される。権力による監視に抵抗しつつも、他者に覗かれることに依存し続ける私たちは何を求めるのか。今日も私たちは通じ合える誰でもない誰かとの繋がりを探し漂う。」
UDCアフターズの単独公演シリーズ「未来ダンス」が始まる_d0178431_13334883.jpg
UDCアフターズの単独公演シリーズ「未来ダンス」が始まる_d0178431_13341628.jpg
UDCアフターズの単独公演シリーズ「未来ダンス」が始まる_d0178431_13343041.jpg
UDCアフターズの単独公演シリーズ「未来ダンス」が始まる_d0178431_13344160.jpg

この公演は1週間アーカイブで配信していますので、ご覧になりたい方はセッションハウスのHPでご案内していますので、アクセスしてみて下さい。

なお、この「未来ダンス」は924日(金)、25日(土)、26日(日)に予定しており、若さいっぱいのダンサーたちが続々登場しますので、ご期待下さい。(記:伊藤孝)


# by sh_offstage | 2021-08-30 13:40 | Comments(0)